演劇

非・売れ線系ビーナス第7回公演

ジョバンニの殺意

非・売れ線系ビーナス

博多南駅前ビル 多目的オープンスペース (福岡県)

2006/12/08 (金) ~ 2006/12/10 (日) 公演終了

上演時間:

親友であるカンパネルラを失ったジョバンニ。青年になった彼は、変わらず活版所で働いていた。
ザネリを嘲り、カンパネルラの父を軽蔑し、毎日を悶々と生きる彼にとって、カンパネルラと旅をした銀河鉄道は唯一の拠り所だった。
一方、妹トシを亡くして泣き暮らす宮沢賢治は、『銀河鉄道の夜』の原稿から消した...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/12/08 (金) ~ 2006/12/10 (日)
劇場 博多南駅前ビル 多目的オープンスペース
出演 大石香澄、木村佳南子、田坂哲郎、光安和幸(ギャングママMAX)、緒方広美、樗木慎也、中園祐希(集団あしゃしゃ)
脚本 田坂哲郎
演出 田坂哲郎
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http:www.5.pf-x.net/~hiurebi/imdex.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 親友であるカンパネルラを失ったジョバンニ。青年になった彼は、変わらず活版所で働いていた。
ザネリを嘲り、カンパネルラの父を軽蔑し、毎日を悶々と生きる彼にとって、カンパネルラと旅をした銀河鉄道は唯一の拠り所だった。
一方、妹トシを亡くして泣き暮らす宮沢賢治は、『銀河鉄道の夜』の原稿から消したはずのブルカニロ博士と出会う。
博士は言う。
「宮沢賢治は私だ」

理不尽な理想と、思いつめた友愛を、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を軸に描く、ポップで毒々しいファンタジー。
田坂哲郎が本来得意とする、『多次元・多移動』をふんだんに盛り込んだ作品です。
その他注意事項
スタッフ 【企画】木村佳南子/田坂哲郎
【照明】辻祥子
【音響】渡口陽子
【装置】林良子
【映像製作】林良子
【衣裳デザイン】木村佳南子
【衣裳製作】秋吉麻理子
【ハメ物製作】中島荘太(荘介亭)
【制作】木村佳南子/大石香澄/辻祥子
【装置協力】有限会社ステージクルー・ネットワーク
【制作協力】NPO法人アートマネージメントセンター福岡

[情報提供] 2006/12/05 21:31 by SUN CHILD@福岡

[最終更新] 2011/02/02 18:12 by K村

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

K村

K村(5)

役者・舞台美術・衣裳 初めて衣裳をスキルのある人...

O石

O石(0)

役者と演出助手と制作補助みたいなことをしました。 あ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大