演劇

旗揚げ20周年記念 劇団ヒラガナ(華)第45回公演

第31回池袋演劇祭参加作品

歩き巫女の花火

0 お気に入りチラシにする

演劇

旗揚げ20周年記念 劇団ヒラガナ(華)第45回公演

歩き巫女の花火

第31回池袋演劇祭参加作品

劇団ヒラガナ( )

萬劇場(東京都)

2019/09/12 (木) ~ 2019/09/15 (日) 開幕前

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

戦国時代の末期。
忍の役割が薄まりつつある慶長四年。

徳川御用達の忍『花吉(はなきち)』は、
自らが殺めた侍の娘を育てるべく武家を離れ、
忍術を娯楽に変えた花火職人として名を馳せている。

誇らしい父にして愛らしい娘は、血の繋がりを持たぬまま、
江戸の外れの貧乏長屋にてかりそ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演スケジュール

09/12 09/13 09/14 09/15
11:30
13:00
15:30
19:00

公演詳細

期間 2019/09/12 (木) ~ 2019/09/15 (日)
劇場 萬劇場
出演 陣間仁、舞音、髙﨑みのり、斉藤大生、髙野めぐ美、水城、ヒロシハジメ、伊藤洸市、小林睦、中易真実子、小林嘉幸、橋本光雅、友梨奈、鈴木愛唯、山田理未、岩本紗和、柏木妃奈、𠮷川さちえ、大矢沙弓、陽彩
脚本 矢代順
演出 矢代順
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,800円
【発売日】2019/06/20
◇前売¥2,500
◇当日¥2,800
◇学割¥2,000(高校生以下対象)
サイト

http://www.kilt-inc.jp/hiragana/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月12日(木) 19:00
9月13日(金) 19:00
9月14日(土) 13:00/19:00
9月15日(日) 11:30/15:30
説明 戦国時代の末期。
忍の役割が薄まりつつある慶長四年。

徳川御用達の忍『花吉(はなきち)』は、
自らが殺めた侍の娘を育てるべく武家を離れ、
忍術を娯楽に変えた花火職人として名を馳せている。

誇らしい父にして愛らしい娘は、血の繋がりを持たぬまま、
江戸の外れの貧乏長屋にてかりそめの幸せを噛み締めていた。

そんなある日、娘『灯李(あかり)』は、
流浪の侍『六三四(むさし)』と出会い、恋に落ちるのだが・・・。

一方、時を同じくして、
かつての同胞、忍の『半蔵(はんぞう)』も、
家康の命により花吉を伐たんと出陣する。

かくして、三者三様の男たちが織り成す因縁の渦中で、灯李はぽつり何想うのか。

己の父は・・・憎き忍か?優しき花火職人か?

育ての親が産みの親に土下座しながら、すべての悔やみを火薬に乗せて、
今宵、花吉、最後の花火が夜空を彩る。

見上げるくノ一、秋うらら。

忍、偲ばせ、いと恋し。
その他注意事項 会場の都合上、車いすのままでのご入場ができませんのでご注意ください。
スタッフ 舞台監督:内山美樹
音響:音無ドレミ
照明:明星照美
作曲:渡部裕美、堀木康太郎、蘭風
大道具:だい組タテル
小道具:K o D o 倶楽部
衣装:e - S H O W B o o - F     
助監督:野中大輔
殺陣指導:伊藤玄
歌唱指導:木下慎慈
振付:わきりか
宣伝美術:R a i m a r u
制作:高野真実
広報:池澤恵美子、本多正浩
舞台スタッフ:戸田善斉、戸簾一成
アドバイザー:C h a m i O s a m i、おこげ、彩
営業:杉谷貴之
プロデューサー:櫻井祐子
協力:J D C・日本洞窟クラブ
共催:株式会社キルト
主催:劇団ヒラガナ( )

[情報提供] 2019/05/03 18:03 by 劇団ヒラガナ( )事務局

[最終更新] 2019/06/21 00:46 by 劇団ヒラガナ( )事務局

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

まいな

まいな(0)

照明 映像 作曲 制作 当日運営 宣伝美術 Webサイト

「歩き巫女の花火」に携わっているメンバーです。

劇団ヒラガナ( )事務局

劇団ヒラガナ( )事務局(0)

制作

「歩き巫女の花火」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大