演劇

彩の国さいたま芸術劇場

穂の国とよはし芸術劇場PLAT・主ホール(愛知県)

他劇場あり:

2019/06/01 (土) ~ 2019/06/02 (日) 公演終了

上演時間:

藤田貴大(作・演出)×柳楽優弥(主演)
都市を舞台に描く、“ヒーロー”の物語。
「ただしさは、みえるか?」

2017年からの2年間で23作品を発表、2018年11月には初のパリ公演を成功させるなど、驚異的な質と量で現代演劇を更新し続ける、マームとジプシーの藤田貴大。「新たなフェーズ」...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/06/01 (土) ~ 2019/06/02 (日)
劇場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT・主ホール
出演 柳楽優弥、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみ、菊池明明、佐々木美奈、石井亮介、尾野島慎太朗、辻本達也、中島広隆、波佐谷聡、船津健太、山本直寛、内田健司(さいたまネクスト・シアター)、續木淳平(さいたまネクスト・シアター)
脚本 藤田貴大
演出 藤田貴大
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,500円
【発売日】2019/03/23
<全席指定>
S席:5,500円
A席:3,000円
U24(A席):1,500円
高校生以下(A席):1,000円

※U24(24歳以下対象)・高校生以下は、一般発売日からプラットチケットセンターにて取扱い。
一人1枚・枚数限定・座席指定不可・入場時本人確認書類提示。
サイト

https://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=649

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月1日(土)13:00
6月2日(日)13:00

主催:公益財団法人豊橋文化振興財団
説明 藤田貴大(作・演出)×柳楽優弥(主演)
都市を舞台に描く、“ヒーロー”の物語。
「ただしさは、みえるか?」

2017年からの2年間で23作品を発表、2018年11月には初のパリ公演を成功させるなど、驚異的な質と量で現代演劇を更新し続ける、マームとジプシーの藤田貴大。「新たなフェーズ」と位置付ける新作『CITY』は、これまでとは一転、現代の都市を舞台に描いて行きます。モチーフは「ヒーロー」。正義とは何か? 悪とは何か? 多様な価値観が共存する現代社会での善と悪の相克を描く、渾身の作品です。5年ぶりの舞台主演となる柳楽優弥のほか、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみなど、今後の中軸を担う若手俳優たちが競演。ファッションデザイナー・森永邦彦(アンリアレイジ)が初めてデザインを手掛ける舞台衣装にも注目です。

あらすじ
現代の都市。事故で死んだ妹(青柳いづみ)の死を不審に思った兄(柳楽優弥)は、孤児としてともに育った青年(宮沢氷魚)の助力を得ながら、妹の死の真相を追っていた。猟奇的な連続殺人犯(内田健司)など、都市の暗部に否応なく触れることになった兄は、いつしか町を守る存在として悪と対峙するようになって行く。やがて妹の死から端を発した出来事が都市を脅かす一大事件へと発展する頃、兄は事件の背後にいるひとりの男(井之脇海)に辿り着く――。
その他注意事項 ※演出の都合上、照明が明減する場面がございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※車椅子でのご来場の方は、公演当日のスムーズなご案内のため、前日までに劇場までご連絡ください。
スタッフ 衣装:森永邦彦(アンリアレイジ)
ヘアメイク:池田慎二
照明:南 香織
音響:星野大輔
映像:召田実子
擬闘:栗原直樹
舞台監督:大畑豪次郎
宣伝美術:名久井直子
宣伝写真:井上佐由紀

主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
企画制作:
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
合同会社マームとジプシー

[情報提供] 2019/03/27 18:29 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/03/27 18:40 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 昨日貰ったファイル。 . https://t.co/XkvijWSvLT

    9ヶ月前

  2. 演劇と映像と音楽とファッションショーみたいな新鮮な舞台だった。 . 場所: 兵庫県立芸術文化センター https://t.co/PEZDWeOPmu

    9ヶ月前

  3. てちがアンリアレイジや柳楽優弥から、「CITY」、マームとジプシーに繋がったら最高なんだけどな〜〜

    9ヶ月前

  4. 「CITY」マームとジプシー 同じセリフが何度も繰り返される。 同じ路地。同じ光景。 同じは人から人へと連鎖して、でもスピードも気圧も違う。それは交わってると言えるのだろうか。 繰り返して繰り返して、不穏な空気だけが蓄積する。

    9ヶ月前

  5. 自宅→池袋:キンブレ購入→彩の国さいたま芸術劇場:CITY観劇→池袋:うえちゃんリリイベ →自宅:ぐたる でも 今日うえちゃん1部と2部で歌ってトークして約400人位と握手してるんだよね。握手のときもずっとニコニコだったしな〜。 疲れたなんて言ってられぬ。

    9ヶ月前

  6. 彩の国さいたま芸術劇場「CITY」みた。稽古がない日は観劇詰め込んでしまう。明日も観劇。

    9ヶ月前

  7. 彩の国さいたま芸術劇場『CITY』 あの与野本町でオシャレに"CITY"って言われてもなぁ、、、というのが一番の印象。劇場主催の公演なのに東京推し?エスパーちっくな戦闘シーンとかもスゴツヨ。柳楽優弥氏は存在が素晴らしい。この謎の世… https://t.co/PUwD72bArh

    9ヶ月前

  8. CITY マームとジプシー 楽しみっっっっっっ

    9ヶ月前

  9. きょうはこれ CITY マームとジプシー 。チラシは名久井さん、衣装はアンリアレイジ!! https://t.co/oc6Kxs1ap1

    9ヶ月前

  10. コーヒーを飲みたかったけど着いた。彩の国さいたま芸術劇場。「CITY」 https://t.co/ML5AIY0LIE

    D66bnfsu8aac1fx

    9ヶ月前

  11. #CITY マームとジプシー 初日。 簡素な衣装に舞台装置と思いきや、計算し尽くされた演出で見事に表現する背景。 アクション多めの #柳楽優弥 くんは存在感があります。 不気味な #井之脇海 くん。#宮沢氷魚 くんも熱演。 6月2… https://t.co/ZzqoJZo97x #CITY #柳楽優弥 #井之脇海 #宮沢氷魚

    9ヶ月前

  12. 彩の国さいたま芸術劇場『CITY』へ。きょうが初日ということで具体的な感想は避けますが文字で表すなら柳楽優弥さんは“熱”、宮沢氷魚さんは“風”、内田健司さんは“渦”という印象でそれぞれ心に残ってます…。昨年末放送された「SWITC… https://t.co/lgPV41ISlq

    9ヶ月前

  13. 初めての彩の国さいたま芸術劇場。CITY観ます。 https://t.co/1x0c7IiAWm

    D61p03zuyaelmry

    9ヶ月前

  14. いよいよ本日初日を迎えます! @彩の国さいたま芸術劇場 https://t.co/Np6Ex8toUy #CITY #宮沢氷魚

    9ヶ月前

  15. 昨日の平日ソワレに関するツイート、たくさんの同意やリアクションをありがとうございます。「ソワレはお客さんが少ない→ソワレを減らす→行きたいのにソワレがない」の負のスパイラルを止めるため、彩の国さいたま芸術劇場『CITY』を観ようか迷っている方、23日(木)19時半の回にぜひ!!

    10ヶ月前

  16. 彩の国さいたま芸術劇場『CITY』の日程もショックだった。9日間の公演で平日ソワレが1日だけ。この形が興行として確実だとしても、どういう観客を求めている作品なのか、あるいは、演劇の寿命を長い目で考えた時、一定数の平日ソワレを設定し… https://t.co/vAtZ8M4Gcs

    10ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大