木の上の軍隊 公演情報 木の上の軍隊」の観たい!クチコミ一覧

期待度の平均 0.0
1-1件 / 1件中

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. ティム・ホー・ワン新宿にできるんだ! こないだ木の上の軍隊見に行ったときにデッキからマークが見えた気がして、あれ?って思ってたのよね。 サザンテラスということは…クリスピークリームドーナツの跡地あたりかしら。

    26日前

  2. 有り難い出来事でした。 これで沖縄公演に弾みがつけば。 「木の上の軍隊」沖縄公演は6月26日19時開演。沖縄市民会館大ホールです。 お問い合わせ 琉球新報社営業局 098-865-5200(平日10:00-17:00)… https://t.co/AFWatqtGUe

    26日前

  3. 沖縄への理不尽今も 「木の上の軍隊」東京再々公演 - 琉球新報 - 沖縄の新聞 https://t.co/sEf16nWQe3

    27日前

  4. 劇団こまつ座公演情報「木の上の軍隊」https://t.co/MVdpBKoIKh"受難"を 強いられた島の<命の物語>。 あなたはこの島の味方なのか、敵なのか...混沌とする現代に真摯に問われる 現代から未来への警鐘。 時代が変… https://t.co/CQRYDtARNS

    27日前

  5. 前から気になっていた井上ひさしさん原案の「木の上の軍隊」を観てきました。役者さんの演技も演出もすごく良くて、面白かったです。いろいろ考えてしまいました。 2019.5.19(日) 観劇記録 こまつ座 「木の上の軍隊」|宮﨑 聡史… https://t.co/wOTPY6Npre

    27日前

  6. 悲しさ、苦しさが生々しく残ってる。このまま忘れたくないと思う。 日をおいて、落ち着いて考えて思ったのは、あそこは単なる舞台の上じゃなくて、沖縄の今なのかもしれないなぁって。 過去のお話じゃない。今のお話。 世界が、視界が、広く深くなった。 木の上の軍隊。素晴らしい舞台でした。

    27日前

  7. 『木の上の軍隊』のモデルとなった伊江島について調べていたら見つけたページ。二人の潜んでいたガジュマルの木の写真も。私が脳内に浮かべていた光や色と全然違うんだな。もっともっと鮮やかで濃い色。この空や緑をずっと見つめていたのかな。https://t.co/37o0VvVzrj

    27日前

  8. ホームズのチケットのこと考えなきゃだし、カフカに頭シフトしなきゃなのに、木の上の軍隊が頭から離れなくてだな

    27日前

  9. 4/27 BLUE/ORANGE︎︎︎︎︎︎☑︎ 4/28 クロードと一緒に︎︎︎︎☑︎ 5/15 木の上の軍隊︎︎︎︎︎︎☑︎ 6/4 COCOON 月の翳り 6/28 黒白珠 6/30 黒白珠

    27日前

  10. 先日… こまつ座の舞台 『木の上の軍隊』を見た。 伊江島の ガジュマルの木の上で 2人の兵隊が 体験した戦争。 実話をもとに 創作されている。 沖縄戦が何であったか… なぜ二年も隠れていたのか… 沖縄と本土の関係… クライ… https://t.co/1hFfwklj4f

    27日前

  11. 余りに暑すぎて何もする気が起こらなくて急遽『香港文物探知館』へ。カオスな九龍公園の中にあるここは何と無料。歴史がある展示物のはずなのに素朴で楽しい日常密着型。併設の特別展も無料で100個のタワーデザインを1時間近く観入ってしまった… https://t.co/azeYokeZ0r

    27日前

  12. 木の上の軍隊を観て、思ったこと。 https://t.co/IEPjHxxNTg

    27日前

  13. こまつ座「木の上の軍隊」 ご縁があり、「父と暮らせば」と「母と暮らせば」を拝見していたので、観たかった舞台。 きっとこの先もずっとずっと語られていくであろうこの作品を、今観られた事は、私にとって大きな財産でした。 終演後に偶然… https://t.co/m14kASMv8K

    27日前

  14. ※ツリー1番上のつぶやき2行目からのこの話=「木の上の軍隊」

    27日前

  15. @8024atc 観に行きました。前回とは違う深化した木の上の軍隊を観られました。 千穐楽での上官の目力、凄かったです。 お疲れ様でした‼️

    27日前

  16. 映画「スイングキッズ」の後半、帰りの飛行機で見て泣いた。 つらい。つらい。胸熱な舞台の後の結末が悲しすぎて、つらい。 そしてこの間見た「木の上の軍隊」に通じるものを感じてなお辛かった。

    27日前

  17. こまつ座「木の上の軍隊/舞台シーン版」のパンフレット、販売中です!【21】 藤原竜也、山西惇、片平なぎさ、井上ひさし、蓬莱竜太、栗山民也さん。 https://t.co/we5NmL22lJ #藤原竜也 #億男 億男… https://t.co/jC2WUiDOuu #藤原竜也 #億男

    27日前

  18. 映画と違って、舞台は人にすすめるの、ほんと勇気がいるというか難しいというか… 興味なければ本当しんどいし(自分がそう…)安易にすすめられないな、でも観てほしいんだよな、ってことけっこうある。この木の上の軍隊はそういう諸々を乗り越えてでも勧めたい作品かもしれない。

    28日前

  19. 土日でみた作品、全然アプローチが違うしどちらがどう、とかは無いけれど…木の上の軍隊の余韻から抜け切れてない たった一度の観劇が後々ものすごく響いてきそうな気がする

    28日前

  20. 百名ヒロキ 「木の上の軍隊 観劇」 ⇒ https://t.co/0ZHOfXB9FC 普段あんまりブログをツイートとかしない…けど… 観に行ってたんだなぁと思って。

    28日前

  21. 隣に座ってた女の子たちが、舞台上を観て「木の上の軍隊?(笑)」って話しててちょっと笑いそうになったよ。

    28日前

  22. 先日『木の上の軍隊』を拝見。松下洸平さんのあの、湿度のある独特な声が、無垢さをそのままに、また受ける側へ与える怖さとしても、効果絶大。松下さんのこれまでの様々な演技経験によって今があるわけで、そのことを思うといい作品と出会ってきているし、これからどんな役をされるのか楽しみです。

    28日前

  23. 木の上の軍隊… https://t.co/8QQbumfy8x

    28日前

  24. 木の上の軍隊の話もしたいし、獣の柱の話もしたいし、今更のクラ女の話もしたいし、もう分身するしかない。頭と手が足りねえ。

    28日前

  25. 木の上の軍隊の舞台は伊江島というところ. 前回,村長さんから頂いたピーナッツのお菓子を娘がお土産に持ち帰ってくれたのだけど,とっても美味しかったのが忘れられない😋🥜 https://t.co/ln2wTpggoG

    28日前

  26. こまつ座『木の上の軍隊』初演から3回目の観劇。 "あの時"沖縄の地で何があったのか、"現在"何が起きてるのか? 理不尽な真実を、僕らは知らなければいけない。と改めて感じた。 矛盾だらけの上官を演じる山西さんの芝居はもう神業。ピュアな兵隊を演じる洸平も素敵だった。刺激もらった!!

    28日前

  27. 紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAでこまつ座「木の上の軍隊」。井上ひさし原案とはいえ、これは90%蓬莱作品。もっとドッカン笑わせて、男二人だけの濃密な空気を描いたんではなかろうか。兵隊に見えない兵隊。カーテンコールで役者… https://t.co/6osqPj6VhE

    28日前

  28. @ringhun 辛い思いを伝達させてどうするのか。「悲しいね」って泣いてテレビを消したら笑って食卓を囲むようなそれに一体何の意味があるのかとずっと思っていたんですが、木の上の軍隊を観て、初めて伝えることの大切さが分かった気がします。観られて良かったです

    28日前

  29. そうそう 昨日の木の上の軍隊で一番びっくりしたのは 山西さんが木の上でアンジョルラスの死のポーズされてたこと (レミでは台車の上で大の字になるやつ)つぶやけてなかった!

    28日前

  30.  感想 木の上の軍隊 感想 - いいえ、その日は舞台なので。 https://t.co/qJzd2PWhB0 #木の上の軍隊

    28日前

  31. 土曜に観たお芝居二本について、私は演劇をそんなに観てきてないので的外れなことを言ってるかもしれないけど、「木の上の軍隊」はある国のある時代(沖縄という言葉は出てこない)、「獣の柱」は2001年と2051年の四国や東京の実在する都市… https://t.co/uZZVR8idLp

    28日前

  32. 戦争関係の話は興味があるから、『木の上の軍隊』は観たかったな。

    28日前

  33. 「木の上の軍隊」東京千穐楽から一夜明けて、夢から醒めた様にボーっとしています。終演後の食事会で、栗山さんが「再々演でこの作品をここまで深められたのは、出演者4人それぞれがこの3年でレベルアップしていたからだよ」と。とても嬉しかった… https://t.co/ZJozuQoTHA

    28日前

  34. 木の上の軍隊,昨日東京千穐楽を観劇しました.圧倒的で力強いメッセージに満ち溢れて,苦しいほどの蒸し暑さや湿度を感じるのに,海やガジュマルの香り,穏やかで優しい風が吹いて来る不思議な作品だと思います.未だ一度も行ったことのない沖縄の空気は,きっとこんな感じに違いないと感じました.

    28日前

  35. 『木の上の軍隊』。松下くんの、そこにある思いを飲み込んで自分のものとして、だけどそれをこちらに伝えるときには、糾弾することもなく問い詰めることもなく、ただただこの思いがここにあるのです、とそのまま手渡してくれるところ、心から信頼している。後は受け取った私たちが考えるしかない。

    29日前

  36. 『木の上の軍隊』。この作品は、人は分かり合えないという哀しみも伝えてくる。「だけど、知りたいと思いました」という言葉に、微かな希望を願う。できることはそれだけじゃないのか。できることはただそれだけじゃないのか。知ろうと望むこと。

    29日前

  37. 『木の上の軍隊』。普天間さん演じるガジュマルの木の精が歌う琉歌の歌詞をすごくすごく知りたい。ガジュマルの木の精はあの島を見続けて、彼らのどんな思いに寄り添っているのだろう。かろうじて聞き取れたのは「命どう宝(ぬちどうたから)」。中学で初めて沖縄に行ったときに覚えて帰った言葉。

    29日前

  38. 『木の上の軍隊』。初日も素晴らしかったけど、さらに存在が深まり素晴らしかった。松下くんも山西さんも普天間さんも、ヴィオラの有働さんも。幾つか台詞がひっかかったけど、そんなの気にならないくらい。特に普天間さんの視線と歌に宿る思いと祈りが深く届いてくる気がして、最初から涙が出た。

    29日前

  39. 『木の上の軍隊』東京千秋楽。沖縄の物語だと思いながら、いやこれは更に普遍的な、戦争という状況がもたらす悲惨と哀しみの物語だ、と思う。戦争においては、人間は人間ではなく兵士になる。上官の「どうせ死ぬからな」という何気ない一言がたまらなく辛くて悲しかった。そんな風に命が軽くなる場。

    29日前

  40. 昨日はこまつ座木の上の軍隊を見てきた。父と/母と暮せばと合わせ井上ひさしの戦争三部作。実話の舞台は伊江島。直接的には戦争の悲劇を描かないけど、今から見ると滑稽なそれが悲惨さを痛感させる。ああいう舞台、沖縄にも心寄せる翔さんにも見て欲しいし、にのちゃんならどう演るだろうと思う。

    29日前

  41. @ChirO_oy5656 木の上の軍隊は、このあとはほぼ演劇鑑賞会公演で一般の演劇ファンにふれる機会は少ないと思いますので、ふせらなくてもよいのではと思います。個人的な感想ですが。そもそも再々演ですし。

    29日前

  42. 5/19木の上の軍隊①本州から戦地に派遣された上官と島民である部下の兵隊二人。立場の違いから徐々に温度差が生まれてくるのを巧みに描いていた。普通の会話劇を装っているのは上官の視点だから。島民である部下視点では語られない。話の本質を部下の心の中に隠している。

    29日前

  43. 5/18 紀伊國屋サザンシアターのこまつ座『木の上の軍隊』を見てきました。 舞台には大きなガジュマルの木。 絡まっている木々が人の姿や横顔に見えて恐ろしい。 終戦を知らずに木の上で二年間過ごした上官と新兵の物語。 面白かったと一言… https://t.co/HQbwuq5FKO

    29日前

  44. 「木の上の軍隊」、ほんとうに素晴らしかったです。この心にぐるぐると渦巻く感情を言葉にするのは難しいけど、いま、劇場で見て感じて良かったと思ったのです。東京千秋楽おめでとうございます!

    29日前

  45. 5/18 こまつ座さんの 『木の上の軍隊』を観劇してきました。 https://t.co/WfEcs6YpHb

    D68bb 0vuag7tzx

    29日前

  46. 木の上の軍隊:上官の「俺なら非難する」の一言に体の奥が凍り付く。そしてその時客席に起きた笑いに、更に身を硬くする。この国は今も、あの時のままだ。そして一方で、「上官は良い人です」を、今回とても自然に受け取った。彼もまた被害者で、でも加害者で、ただの人間、という事実。

    29日前

  47. 木の上の軍隊:今回、トークショーを聞けたのもとても良かった。お三方ともとても誠実に言葉を紡いでくださった。特に、普天間さんが沖縄公演について聞かれて、数秒の沈黙の後「怖いです」と仰ったあの一言が、胸に刺さっている。何とか沖縄に行けないか、簡単に諦めず、足掻こう。

    29日前

  48. 木の上の軍隊:ラスト、暗闇に鳴り響くオスプレイの爆音に、子どものようにワンワンと声を上げて泣きたくなる。どうしたらいいんだろう。何が出来るんだろう。「守られるものに怯え、怯えながら縋り、縋りながら憎み、憎みながら信じる」沖縄を、知ること・感じること・考えること・伝えること。

    29日前

  49. 木の上の軍隊:「上官は悲しくないんだ」という言葉に、せめて悲しみを分け合いたい、いや、そう思う事自体おこがましいのかも、と自問自答し、どうしていいのか分からなくなって、ただ涙が出る。うさぎ座を見つけられない上官が、「知りたい」と思っても理解できない本土の人間の象徴のようで、痛い。

    29日前

このページのQRコードです。

拡大