オペラ

東京二期会オペラ劇場

ラ・トラヴィアータ

財団法人東京二期会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2009/02/12 (木) ~ 2009/02/15 (日) 公演終了

上演時間:

イタリアオペラの新世界
亜門は問う、恋の深淵、愛の代償とは?
『ラ・トラヴィアータ』原作アレクサンドル・デュマ・フィス「椿姫」。常に観る者の感涙を絞る永遠の名作。今もなお、世界でその上演回数はトップであり続ける。本プロダクションは二期会20年ぶりの新演出である。

「ドミ・モンド(高級...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/12 (木) ~ 2009/02/15 (日)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演 東京二期会、二期会合唱団、東京フィルハーモニー交響楽団
作曲 ジュゼッペ・ヴェルディ
演出 宮本亜門
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 16,000円
【発売日】2008/10/02
一般
S席¥16,000-
A席¥13,000-
B席¥10,000-
C席¥8,000-
D席 ¥6,000-
E席¥2,000-
学生席¥2,000-
サイト

http://www.nikikai.net/lineup/traviata/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 イタリアオペラの新世界
亜門は問う、恋の深淵、愛の代償とは?
『ラ・トラヴィアータ』原作アレクサンドル・デュマ・フィス「椿姫」。常に観る者の感涙を絞る永遠の名作。今もなお、世界でその上演回数はトップであり続ける。本プロダクションは二期会20年ぶりの新演出である。

「ドミ・モンド(高級娼婦)である社交界の華ヴィオレッタの館で開かれた宴に、青年アルフレードがやって来る。かねてから彼女に心を寄せていたアルフレードは、二人きりになったときその想いを告白。ヴィオレッタは、最早自分には誠の恋愛は縁がないと自嘲気味に微笑むが、彼の純粋な愛に戸惑う。
やがてヴィオレッタはパリを離れ、アルフレードと二人きりで幸せに暮らす。しかしアルフレードがその生活費の出処に気づく。ある日、彼の留守中に父ジェルモンがヴィオレッタを訪れる。ヴィオレッタの倫を踏み外した女(トラヴィアータ)という過去が、アルフレードの妹の縁談に差し障るのを恐れ、身を引くように迫る。ヴィオレッタは悲しむが、ついにアルフレードと別れることを承知する。父との経緯を知らないアルフレードは、ヴィオレッタの裏切りに激怒。社交界に戻ったヴィオレッタを追い、衆目の前で彼女を侮辱してしまう。
 時がたち、以前から労咳を患っていたヴィオレッタは、今や死に瀕している。手紙を何度も読み返し、ひたすらアルフレードを待ち続けるヴィオレッタ。賑やかなパリ祭の日に、全ての事情を父から聞いたアルフレードが戻ってきて、彼女に許しを求めるが・・・・。」
その他注意事項
スタッフ オペラ全3幕 字幕付原語(イタリア語)上演
台本:フランチェスコ・マリーア・ピアーヴェ
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ

指揮: アントネッロ・アッレマンディ
演出:宮本亜門

装置:松井るみ
衣裳:朝月真次郎
照明:沢田祐二
演出助手:澤田康子、眞鍋卓嗣

舞台監督:大仁田雅彦
公演監督:近藤政伸

[情報提供] 2008/09/20 12:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/16 02:39 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大