区民参加劇「マイライフ・マイステージ」

0 お気に入りチラシにする

練馬区文化振興協会

大泉学園ゆめりあホール(東京都)

2019/02/17 (日) ~ 2019/02/17 (日) 公演終了

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

受験生の娘を持つ母の悩み、認知症を患う高齢の母との会話、ひと夏の恋、長年連れ添った妻との約束、小児病院での出会いと別れ―。
一人ひとりが持つ「個人史」に着目し、それを元にした演劇作品を大泉学園ゆめりあホールで上演する。
出演するのは公募で選ばれた20代から70代までの男女19名。学生、会社...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/17 (日) ~ 2019/02/17 (日)
劇場 大泉学園ゆめりあホール
出演 能祖將夫(朗読)、竹村浄子(ピアノ)、井上大辅(ダンス)、藤井友美(ダンス)、ワークショップ参加者
脚本
演出 能祖將夫(朗読)
料金(1枚あたり) 500円 ~ 500円
【発売日】
サイト

https://neribun.or.jp/event/detail_y.cgi?id=201811201542699599

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月17日(土)13:00/17:00
説明 受験生の娘を持つ母の悩み、認知症を患う高齢の母との会話、ひと夏の恋、長年連れ添った妻との約束、小児病院での出会いと別れ―。
一人ひとりが持つ「個人史」に着目し、それを元にした演劇作品を大泉学園ゆめりあホールで上演する。
出演するのは公募で選ばれた20代から70代までの男女19名。学生、会社員、定年を迎えた人など、その背景はさまざまだ。作品づくりにあたり、出演者は自分自身の人生の記憶と向き合い、エピソードを語り合った。互いに触発されながら、出たエピソードは約100本にも上る。そこから厳選したものをプロのアーティストによるピアノ演奏やダンスと組み合わせた。
演出を手掛けるのは、桜美林大学芸術文化学群教授で北九州芸術劇場プロデューサーの能祖將夫氏。近年は、市民参加作品を多く手掛け、その手腕に定評がある。この作品は自己表現ではなく「社会とつながる演劇」として、「一人ひとりさまざまな背景を抱える中でも、ともに生きていこう」という思いを込めた。昼夜の2回公演で、それぞれ9人と10人で分かれて出演する。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ

[情報提供] 2019/02/15 12:06 by 練馬区文化振興協会

[最終更新] 2019/02/15 12:06 by 練馬区文化振興協会

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大