演劇

演劇集団「こちら側」第弐回公演

てふの島唄

デザイン:増田冴/西園寺祐貴

0 お気に入りチラシにする

演劇

演劇集団「こちら側」第弐回公演

てふの島唄

演劇集団「こちら側」

ユースクエア(名古屋市青少年交流プラザ) (愛知県)

2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日) 公演終了

上演時間: 約3時間0分(休憩含む)を予定

休憩時間:約10分

昭和40年代、軍艦島を中心に炭鉱業が発展。
その近郊に「てふの島」という僅かな人間しか辿り着くことのできない小さな島があった。てふの島は無法地帯であり、武士の文化が残る「快楽の島」とされていた。
てふの島にはこの島出身の対照的な美青年、一智(いち)と美社(みしろ)がいた。
一智は船舶操縦...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日)
劇場 ユースクエア(名古屋市青少年交流プラザ)
出演 藤瀬響平、結城祐輔、小池頼資、板倉拓夢、内藤義明、谷口伸一、森悟、西園寺祐貴、池神和貴、森達也、平岩学、榊原幹力、沼田祐輝、立花ふみと、濱崎優、中村萌花、麦田愛理、長谷川愛
脚本 西園寺祐貴
演出 西園寺祐貴
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 1,800円
【発売日】
前売 ¥1500
当日 ¥1800
サイト

https://twitter.com/kochira_gawa

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月14日(金) 18:00
9月15日(土) 12:30/18:00
9月16日(日) 12:30/18:00
説明 昭和40年代、軍艦島を中心に炭鉱業が発展。
その近郊に「てふの島」という僅かな人間しか辿り着くことのできない小さな島があった。てふの島は無法地帯であり、武士の文化が残る「快楽の島」とされていた。
てふの島にはこの島出身の対照的な美青年、一智(いち)と美社(みしろ)がいた。
一智は船舶操縦の腕が立つ若い漁師を、美社は違法労働グループ首領の右腕を、情人(いろ)としていた。

嘶き、銃声、喘ぎ声。血飛沫、ゲバ棒、発泡酒。
汚くキレイで、不純で無垢な、てふの島での彼等の生き様と愛のかたち。
「1966年。あの半年で全てが崩れていった。島も、何もかも。」

これは俺がてふの島で彼と生きた時間、
そしてあいつに別れわ告げるまでの話。
その他注意事項 【R15】
・グロテスク/性的描写が含まれております
・ご気分の優れない方/心臓の弱い方は観劇をお控え下さい
スタッフ 【演出助手】池神和貴【舞台監督】蜷川湖音【舞台美術】福田真子【大道具】池神和貴/野々垣真帆【照明オペ/プラン】潜木遊/荒川緋南/城所美見帆【作曲/音響プラン】常滑ケンジ【音照オペ】吉田彩佳【衣裳】朝比奈真由美/七種日菜子/永岡桃子【小道具】山下瑞季/浅田美里/紫月-シツキ-【制作】濱崎優【宣伝美術】益田冴【受付】足立裕里

[情報提供] 2019/01/03 13:58 by 西園寺祐貴

[最終更新] 2019/01/03 14:19 by 西園寺祐貴

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

西園寺祐貴

西園寺祐貴(4)

役者・俳優 脚本 演出 美術 制作 当日運営 宣伝美術 Webサイト

主宰、作・演出として携わっております。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大