東京バレエ団

ゆうぽうとホール(東京都)

他劇場あり:

2008/09/11 (木) ~ 2008/09/15 (月) 公演終了

上演時間:

 今、世界のバレエ界で、その芸術性とスターの光輝がともに比類なきものと絶賛されるマニュエル・ルグリとウラジーミル・マラーホフ。この2人の貴公子が、古典バレエの傑作『ジゼル』を日替わりで演じるという、夢の競演が実現します!
 バレエの殿堂パリ・オペラ座のエトワールとして22年間君臨したルグリは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/09/11 (木) ~ 2008/09/15 (月)
劇場 ゆうぽうとホール
出演 他、マニュエル・ルグリ、ウラジーミル・マラーホフ、小出領子、斎藤友佳理、吉岡美佳
演出 レオニード・ラヴロフスキー、ウラジーミル・ワシーリエフ
振付 レオニード・ラヴロフスキー、ウラジーミル・ワシーリエフ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 14,000円
【発売日】2008/05/10
S=¥14,000 A=¥12,000 B=¥10,000 C=¥7,000 D=¥5,000
エコノミー券=¥3,000(イープラスのみで8月8日(金)より受付。お一人様2枚まで) 
学生券=¥2,000(NBSのみで8月8日(金)より受付)
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/0809_giselle/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  今、世界のバレエ界で、その芸術性とスターの光輝がともに比類なきものと絶賛されるマニュエル・ルグリとウラジーミル・マラーホフ。この2人の貴公子が、古典バレエの傑作『ジゼル』を日替わりで演じるという、夢の競演が実現します!
 バレエの殿堂パリ・オペラ座のエトワールとして22年間君臨したルグリは、今シーズンをもってパリ・オペラ座の引退を迎えるものの、オペラ座はじめ各地から相変わらず出演依頼が殺到するスター。精緻な技術と音楽性の上に築き上げた、抑制のきいた表現は、真のダンスール・ノーブルと呼ぶにふさわしいものです。2年前、久々の本作の舞台でも、誇り高い貴族の若者ゆえの内奥から込み上げる苦悩と愛が、深い余韻を残しました。
 ロシアから世界を股にかける国際スターとして羽ばたき、いまやベルリン国立バレエ団の芸術監督兼プリンシパルとして君臨するマラーホフは、天性のしなやかな身体と両性具有的な魅力で20年もの間日本でも愛されてきました。彼が早くから熱心に取り組み、独特の熱情溢れる演技スタイルを築き上げたアルブレヒト役は、後進ダンサーにも多大な影響を与えています。その都度渾身の感情が溢れる演技は、何度見ても感動を呼びます。
 タイトルロールのジゼルには、東京バレエ団が誇る3人のプリマ・バレリーナが扮します。本役ではロシアをはじめ海外でたびたび客演、作品への深い造詣のもと香り高い幽玄世界を表現する斎藤友佳理。繊細かつ研ぎ澄まされた表現で、人知を超えた優美を生み出す吉岡美佳。さらに今回、抜群の音楽的感性に緻密な役作りを重ねる小出領子が初挑戦します。定評ある2人のロマンティック・バレリーナと新たなジゼルが、世界の貴公子たちを相手に繰り広げる華麗なる競演は、見比べるほどにご堪能いただけるはずです!
その他注意事項
スタッフ 作曲/A.アダン
振付/レオニード・ラヴロフスキー(ボリショイ劇場版/J.コラーリ、J.ペロー、M.プティパの原振付による)
改訂振付(パ・ド・ユイット)/ウラジーミル・ワシーリエフ
指揮/アレクサンドル・ソトニコフ

2008年9月11日(木)7:00p.m.(小出領子&ウラジーミル・マラーホフ)
2008年9月12日(金)7:00p.m.(斎藤友佳理&マニュエル・ルグリ)
2008年9月13日(土)6:00p.m.(吉岡美佳&ウラジーミル・マラーホフ)
2008年9月14日(日)3:00p.m.(斎藤友佳理&マニュエル・ルグリ)
2008年9月15日(月・休)3:00p.m.(吉岡美佳&ウラジーミル・マラーホフ)
2008年9月16日(火)7:00p.m.(小出領子&マニュエル・ルグリ)*追加公演

[情報提供] 2008/09/14 23:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/09/15 12:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大