プラトーノフ

0 お気に入りチラシにする

ホリプロ

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

他劇場あり:

2019/02/01 (金) ~ 2019/02/17 (日) 上演中

休演日:2月4日(月) ・2月12日(火)

上演時間:

19世紀末。ロシア将軍の未亡人アンナ(高岡早紀)の屋敷には、大佐のイワン(西岡德馬)や、アンナに想いを寄せるポルフィリ(神保悟志)など、さまざまな人が集まってくる。その中でアンナが秘かに想いを寄せるのは、妻子ある教師プラトーノフ(藤原竜也)であった。

プラトーノフの妻サーシャ(前田亜季)...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/01 (金) ~ 2019/02/17 (日)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 藤原竜也、高岡早紀、比嘉愛未、前田亜季、中別府葵、他
脚本 アントン・チェーホフ
演出 森新太郎
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 9,800円
【発売日】2018/10/20
【全席指定】
S席:9,800円 
サイドシート:7,000円
サイト

http://hpot.jp/stage/platonov2019

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月1日(金) 18:30
2月2日(土) 12:30 / 17:30
2月3日(日) 12:30
2月4日(月) 休演日
2月5日(火) 13:30
2月6日(水) 13:30 / 18:30
2月7日(木) 13:30
2月8日(金) 18:30
2月9日(土) 12:30 / 17:30
2月10日(日) 12:30
2月11日(月) 12:30
2月12日(火) 休演日
2月13日(水) 13:30
2月14日(木) 13:30 / 18:30
2月15日(金) 13:30
2月16日(土) 12:30 / 17:30
2月17日(日) 12:30
説明 19世紀末。ロシア将軍の未亡人アンナ(高岡早紀)の屋敷には、大佐のイワン(西岡德馬)や、アンナに想いを寄せるポルフィリ(神保悟志)など、さまざまな人が集まってくる。その中でアンナが秘かに想いを寄せるのは、妻子ある教師プラトーノフ(藤原竜也)であった。

プラトーノフの妻サーシャ(前田亜季)の弟ニコライ(浅利陽介)は、大学生のマリヤ(中別府葵)に恋焦がれているが、マリヤもプラトーノフに惹かれている。そんな中、アンナの義理の息子セルゲイ(近藤公園)が、結婚したばかりの妻を屋敷に連れてきた。その相手を見て、プラトーノフの心は激しく揺れ動く。なぜなら、セルゲイの結婚相手は、かつての自分の恋人ソフィヤ(比嘉愛未)だったのだ。

アンナ、ソフィヤ、サーシャ、マリヤ、4人の女性の愛が交錯する中、プラトーノフは破滅へと突き進んでいく…。

その他注意事項
スタッフ 翻訳:目黒条

[情報提供] 2018/12/13 16:17 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/12/13 16:30 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大