演劇

タカハ劇団第15回公演

僕らの力で世界があと何回救えたか

デザイン:羽尾万里子(Mujina:art)

0 お気に入りチラシにする

演劇

タカハ劇団第15回公演

僕らの力で世界があと何回救えたか

タカハ劇団

小劇場B1(東京都)

2019/02/08 (金) ~ 2019/02/14 (木) 公演終了

上演時間:

元アマチュア無線部の三人が、7年ぶりに母校で再会する。
薄暗い校舎、今はもう廃部になってしまった無線部の部室の片隅で、
古ぼけた無線機から懐かしい声が聞こえてくる。
それは7年前に失踪したきりになっていたもう一人の部員、リョウタの声だった――
ともだちがいなくなった。
いなくなったき...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/02/08 (金) ~ 2019/02/14 (木)
劇場 小劇場B1
出演 大久保祥太郎、斉藤マッチュ(20歳の国)、松澤傑、小園茉奈(ナイロン100℃)、内藤栄一、もたい陽子、若狭勝也(KAKUTA)、松永玲子(ナイロン100℃)
脚本 高羽彩
演出 高羽彩
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】2018/12/23
全席自由席(整理番号付・税込)
前売 4,000円/当日 4,300円
Under25 前売/当日共に 2,500円(入場時要証明書)
※未就学児童はご入場いただけません。
※車椅子でご来場のお客様はチケットご購入後、お問合せ先までお知らせください。
サイト

http://takaha-gekidan.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月8日(金) 19:00
2月9日(土) 14:00/18:00★
2月10日(日) 14:00/18:00★
2月11日(月・祝) 14:00
2月12日(火) 19:00
2月13日(水) 14:00/19:00
2月14日(木) 14:00
★はアフタートーク有り
説明 元アマチュア無線部の三人が、7年ぶりに母校で再会する。
薄暗い校舎、今はもう廃部になってしまった無線部の部室の片隅で、
古ぼけた無線機から懐かしい声が聞こえてくる。
それは7年前に失踪したきりになっていたもう一人の部員、リョウタの声だった――
ともだちがいなくなった。
いなくなったきり、みつからなかった。
ともだちの不在をおきざりにしたまま、僕らはおとなになった。
でも最近おもう。
ほんとうにおきざりにされたのは、僕らだったのかもしれない。
その他注意事項 本作品は、2010年にネルケプランニング製作で上演された、高羽彩:脚本/青木豪:演出の『僕らのチカラで世界があと何回救えたか』とは内容が異なる書き下ろし新作です。
スタッフ 舞台美術:稲田美智子
照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)
音響:佐久間修一(POCO)
映像:松澤延拓
衣裳:小笠原吉恵
演出助手:藤江理沙
宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art)
宣伝イラスト:西原恵利香
制作進行:半田桃子
制作:首藤悠希(ミモザ)
票券: 小夜(ミモザ)

協力:ワタナベエンターテインメント マッシュマニア エフ・エム・ジー キューブ オフィスPSC
製作:和田丈嗣(WIT STUDIO)
製作協力:嶌津信勝(krei inc.)
企画・製作:WIT STUDIO タカハ劇団

[情報提供] 2018/12/12 12:08 by じべ。

[最終更新] 2018/12/12 12:08 by じべ。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大