花組芝居

青山円形劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/01/12 (月) ~ 2009/01/22 (木) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

三国ヶ嶽の麓(ふもと)の里、
 龍神が住むという夜叉ケ池。
    日に三度鐘をつく掟を破れば、
        村はたちまち全て水の底に沈むという。

      諸国を旅する学者僧、山沢(やまざわ)学円(がくえん)。
   彼がこの里で出会った鐘守りの男は、
 行...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/12 (月) ~ 2009/01/22 (木)
劇場 青山円形劇場
出演 水下きよし、小林大介、堀越涼、二瓶拓也、桂憲一、秋葉陽司、山下禎啓、加納幸和、谷山知宏、美斉津恵友、大井靖彦、嶋倉雷象、丸川敬之、北沢洋、横道毅、各務立基、磯村智彦、溝口健二
脚本
演出 加納幸和
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 6,200円
【発売日】2008/11/08
(全席指定・税込)
(当日料金 各400円増)
平日価格/4,800円 ※21日(水)夜・22日(木)の回を除く
土・日・祝日・楽日価格/5,800円
平日昼夜通し券/9,000円 ※14・16・19日
学生券/4,000円 
サイト

http://www.hanagumi.ne.jp/reki/49/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 三国ヶ嶽の麓(ふもと)の里、
 龍神が住むという夜叉ケ池。
    日に三度鐘をつく掟を破れば、
        村はたちまち全て水の底に沈むという。

      諸国を旅する学者僧、山沢(やまざわ)学円(がくえん)。
   彼がこの里で出会った鐘守りの男は、
 行方不明の友人、萩原(はぎわら)晃(あきら)だった。

  再会を喜び、共に夜叉ケ池へと出かけたその時
     晃の妻百合(ゆり)は、かんばつに苦しむ村人に、
   雨乞いのいけにえにと迫られる。
  追いつめられて命を落とした百合を抱き、
 晃は鐘の掟を破る。

   村が水に飲み込まれるたまゆら、
      一人残った学円は
             池の主、白雪姫と妖怪変化の曲馬団、
                       その道行きを垣間見る。
その他注意事項
スタッフ 原作:泉鏡花
構成・演出:加納幸和

[情報提供] 2008/09/14 00:55 by 華崎

[最終更新] 2009/07/07 23:06 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大