オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2019/01/27 (日) ~ 2019/02/09 (土) 公演終了

上演時間: 約4時間15分(休憩なし)を予定

【第1幕】中世のドイツ。騎士タンホイザーは、禁断の地ヴェーヌスベルクで愛欲の女神ヴェーヌスの虜となっていた。やがてこの歓楽の日々にも飽き、引き止めようとする女神の誘惑を振り切って、人間世界に戻る。そこで狩りに向かうかつての仲間に出会い、ヴァルトブルク城へ共に帰って行く。

【第2幕】ヴァル...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/01/27 (日) ~ 2019/02/09 (土)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 妻屋秀和、トルステン・ケール、ローマン・トレーケル、鈴木准、萩原潤、リエネ・キンチャ、アレクサンドラ・ペーターザマー
作曲
演出 ハンス=ペーター・レーマン
料金(1枚あたり) 1,620円 ~ 27,000円
【発売日】2018/09/23
S席:27,000円
A席:21,600円
B席:15,120円
C席:8,640円
D席:5,400円
Z席:1,620円
サイト

https://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_011628.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月27日(日)14:00
1月30日(水)14:00 
2月2日(土)14:00 
2月6日(水)17:30 
2月9日(土)14:00 
説明 【第1幕】中世のドイツ。騎士タンホイザーは、禁断の地ヴェーヌスベルクで愛欲の女神ヴェーヌスの虜となっていた。やがてこの歓楽の日々にも飽き、引き止めようとする女神の誘惑を振り切って、人間世界に戻る。そこで狩りに向かうかつての仲間に出会い、ヴァルトブルク城へ共に帰って行く。

【第2幕】ヴァルトブルク城、歌の殿堂の大広間でタンホイザーはエリーザベトとの再会を喜び、歌合戦に参加することとなる。領主ヘルマンからの歌合戦の課題は「愛の本質」を明らかにすること。かつての同僚ヴォルフラムは愛を清らかな "奇跡の泉"にたとえ、他の騎士たちも精神的な愛を讃える歌を歌う。タンホイザーはこれに反論し、愛の本質は官能の愛であると〈ヴェーヌス賛歌〉を歌い上げたため、ヴェーヌスベルクにいたことが人々に露見してしまう。騎士たちはタンホイザーを殺そうとするが、エリーザベトのとりなしによって、ローマ法王のもとへ贖罪の巡礼に出るよう領主ヘルマンはタンホイザーに命じるのだった。

【第3幕】エリーザベトはタンホイザーの救済を祈っているが、ローマからの巡礼の中に彼の姿はない。一人現れたタンホイザーは、ローマで彼だけ許しを与えられなかった様子を語る。自暴自棄になった彼はヴェーヌスベルクへの誘惑に今一度身を任せようとするが、エリーザベトの死によってタンホイザーは救済される。「エリーザベトよ、わがために祈れ」と叫んで息絶えるタンホイザーの上に神の恩寵をたたえる合唱が響く。
その他注意事項
スタッフ 指揮:アッシャー・フィッシュ
美術・衣裳:オラフ・ツォンベック
照明:立田雄士
振付:メメット・バルカン

合唱:新国立劇場合唱団
バレエ:新国立劇場バレエ団
管弦楽:東京交響楽団

[情報提供] 2018/11/07 12:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/11/07 12:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大