新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2009/06/26 (金) ~ 2009/06/30 (火) 公演終了

上演時間:

新国立劇場でしか観られないローラン・プティの名舞台

ローラン・プティが画期的な新演出と新振付で創り出した『コッペリア』は、1976年に国立マルセイユ・バレエ団に誕生した。それまで世界中で上演されていた『コッペリア』が19世紀の時代精神を体現するバレエだとすると、プティの『コッペリア』は現...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/26 (金) ~ 2009/06/30 (火)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 寺島ひろみ(27日(マチネ))、本島美和(27(ソワレ)・30日)、小野絢子(28日(マチネ))、他
演出
振付 ローラン・プティ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 10,500円
【発売日】2009/03/21
S席:10,500円 A席:8,400円 B席:6,300円 C席:4,200円 D席:3,150円 Z席:1,500円

※クラブ・ジ・アトレ会員販売期間は会員の方は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。
※発売初日に限りC席、D席のお申込みは1人合計2枚まで。
※D席は、一部を当日券としてボックスオフィスとぴあ店舗で販売。1人2枚まで。電話予約不可。
※Z席54席は、公演前日学生対象に20枚をチケットぴあ一部店舗で販売(要学生証)。公演前日の残席と34席を公演当日ボックスオフィスとチケットぴあ一部店舗にて一般販売。いずれも1人1枚、電話予約不可。
※学生割引、高齢者割引などあり
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000087_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新国立劇場でしか観られないローラン・プティの名舞台

ローラン・プティが画期的な新演出と新振付で創り出した『コッペリア』は、1976年に国立マルセイユ・バレエ団に誕生した。それまで世界中で上演されていた『コッペリア』が19世紀の時代精神を体現するバレエだとすると、プティの『コッペリア』は現代に生きる人々が主人公で、時代を超越した人生と愛がテーマとしてくっきり浮き上がる。
独特のユーモアやフランス流の洒落た仕掛けの妙味はもちろん、奥深いメッセージが心に残る何度見ても忘れられない感動的なラストが待ち受けている。
その他注意事項 ローラン・プティが画期的な新演出と新振付で創り出した『コッペリア』は、1976年に国立マルセイユ・バレエ団に誕生した。それまで世界中で上演されていた『コッペリア』が19世紀の時代精神を体現するバレエだとすると、プティの『コッペリア』は現代に生きる人々が主人公で、時代を超越した人生と愛がテーマとしてくっきり浮き上がる。
独特のユーモアやフランス流の洒落た仕掛けの妙味はもちろん、奥深いメッセージが心に残る何度見ても忘れられない感動的なラストが待ち受けている。
スタッフ 2008/2009シーズン
2008/2009 Season Ballet
Roland Petit’s COPPELIA
オペラ劇場

キャスト
【スワニルダ】
 寺島ひろみ(27日(マチネ))
 本島美和(27(ソワレ)・30日)
 小野絢子(28日(マチネ))
 未定(26・28(ソワレ)・29日))

【フランツ】
 山本隆之(27日(マチネ))
 江本拓(27(ソワレ)・30日)
 八幡顕光(28日(マチネ))
 未定(26・28(ソワレ)・29日))

【コッペリウス】
 ルイジ・ボニーノ(26・27(ソワレ)28・29・30日)
 ゲンナーディ・イリイン(27(マチネ)・28(マチネ)日)

【振 付】ローラン・プティ
【音 楽】レオ・ドリーブ

[情報提供] 2008/09/08 21:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/09/08 22:15 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大