新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2009/03/26 (木) ~ 2009/03/29 (日) 公演終了

上演時間:

新国立劇場だからこそ実現する充実したプログラム

新国立劇場バレエ団は、これまでも様々な機会に他に先駆けた公演を実施してきたが、現代バレエについても例外ではない。例えば、世界のコンテンポラリー界の寵児ナチョ・ドゥアト(スペイン)の作品を取得して日本で初めてナチョ作品3本立てを企画、また、全...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/26 (木) ~ 2009/03/29 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 デニス・マトヴィエンコ、新国立劇場バレエ団ダンサー
演出
振付 ジョージ・バランシン(『セレナーデ』)、トワイラ・サープ(『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』)、ナチョ・ドゥアト(『ポル・ヴォス・ムエロ』)
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 8,400円
【発売日】2009/01/12
S席:8,400円 A席:5,250円 B席:3,150円 Z席:1,500円

※クラブ・ジ・アトレ会員販売期間は会員の方は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。
※学生割引、高齢者割引などあり
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000085_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新国立劇場だからこそ実現する充実したプログラム

新国立劇場バレエ団は、これまでも様々な機会に他に先駆けた公演を実施してきたが、現代バレエについても例外ではない。例えば、世界のコンテンポラリー界の寵児ナチョ・ドゥアト(スペイン)の作品を取得して日本で初めてナチョ作品3本立てを企画、また、全幕創造の場として内外の注目を浴びている「エメラルド・プロジェクト」でアメリカの俊英ドミニク・ウォルシュによるオリジナル作品の新制作などがある。
この度は、新国立劇場に初めて登場するアメリカ人振付家トワイラ・サープの傑作『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』に加えて、ナチョ・ドゥアト作品、バランシンの『セレナーデ』をプログラムして、新国立劇場でしか実現できないバレエコンサートとしたい。
その他注意事項
スタッフ 2008/2009シーズン
2008/2009 Season Ballet
BALLET THE CHIC ―BALANCHINE, THARP, DUATO―

ジョージ・バランシンの『セレナーデ』〈再演〉
トワイラ・サープの『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』〈新制作(日本初演)〉
ナチョ・ドゥアト『ポル・ヴォス・ムエロ』〈再演〉
他に1作品
中劇場

【振付】ジョージ・バランシン(『セレナーデ』)
    トワイラ・サープ(『プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ』)
    ナチョ・ドゥアト(『ポル・ヴォス・ムエロ』)

[情報提供] 2008/09/08 21:36 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/09/08 22:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大