オペラ

リゴレット

G.ヴェルディ/全3幕【イタリア語上演/字幕付】

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2008/10/25 (土) ~ 2008/11/03 (月) 公演終了

上演時間:

2000年6月新国立劇場初演。3回目の上演となる本プロダクションは、演出家、故・アルベルト・ファッシーニが伝統的手法でこの悲劇を見事に描いている名舞台です。リゴレット役には、06年東京のオペラの森において『オテロ』イアーゴ役で絶賛を博したラード・アタネッリが08年6月『椿姫』ジェルモンに続いて...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/25 (土) ~ 2008/11/03 (月)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ラード・アタネッリ、アニック・マッシス、シャルヴァ・ムケリア、長谷川顯、森山京子、他
作曲 ジュゼッペ・ヴェルディ
演出 アルベルト・ファッシーニ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 21,000円
【発売日】
S席:21,000円 A席:15,750円 B席:10,500円 C席:6,300円 D席:3,150円 Z席:1,500円

※クラブ・ジ・アトレ会員販売期間は会員の方は上記料金の10%OFF、一般発売以降は5%OFFでお求めいただけます。
※発売初日に限りC席、D席のお申込みは1人合計2枚まで。
※D席は、一部を当日券としてボックスオフィスとぴあ店舗で販売。1人2枚まで。電話予約不可。
※Z席54席は、公演前日学生対象に20枚をチケットぴあ一部店舗で販売(要学生証)。公演前日の残席と34席を公演当日ボックスオフィスとチケットぴあ一部店舗にて一般販売。いずれも1人1枚、電話予約不可。
※学生割引、高齢者割引などあり
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/20000055_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2000年6月新国立劇場初演。3回目の上演となる本プロダクションは、演出家、故・アルベルト・ファッシーニが伝統的手法でこの悲劇を見事に描いている名舞台です。リゴレット役には、06年東京のオペラの森において『オテロ』イアーゴ役で絶賛を博したラード・アタネッリが08年6月『椿姫』ジェルモンに続いて登場。マントヴァ公爵に、近年急成長を遂げているシャルヴァ・ムケリア。指揮者には01年に『ドン・カルロ』で見事な音楽を奏でたダニエレ・カッレガーリが再登場いたします。
その他注意事項 ※やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺りの近くのお席は、一部、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。
※公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
スタッフ 2008/2009シーズン
2008/2009 Season Opera
G.Verdi:RIGOLETTO
G.ヴェルディ/全3幕【イタリア語上演/字幕付】
オペラ劇場

キャスト
【リゴレット】ラード・アタネッリ
【ジルダ】アニック・マッシス
【マントヴァ公爵】シャルヴァ・ムケリア
【スパラフチーレ】長谷川顯
【マッダレーナ】森山京子
【モンテローネ伯爵】小林由樹
【ジョヴァンナ】山下牧子
【マルッロ】米谷毅彦
【ボルサ】加茂下稔
【チェプラーノ伯爵】大澤健
【チェプラーノ伯爵夫人】木下周子
【小姓】鈴木愛美
【牢番】三戸大久

【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【作 曲】ジュゼッペ・ヴェルディ
【台 本】フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ

【指 揮】ダニエレ・カッレガーリ
【演 出】アルベルト・ファッシーニ
【美術・衣装】アレッサンドロ・チャンマルーギ
【照 明】磯野 睦

【芸術監督】若杉 弘

[情報提供] 2008/09/08 15:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/09/08 22:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大