1001 公演情報 1001」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.9
1-8件 / 8件中
  • 満足度★★★★

    知る人ぞ知るカリスマ・天才と呼び声高い天野さんの作品。国立小劇場の新プロデューサーがファンなので呼んだそうです。いままでの作品のオムニバス的なものでしょうか。国立小劇場は広いですが、席はXX・X・A・Bなどとってるのでステージはかなり広く使ってます、客席はC1以降です。客層が高く50・60代のおじさん多し。芸術作品に近い舞台で、「わからせようと作ってない」との言葉通り難しい作品です。ただ、細部まで作りこんであるので、見ごたえあります。私は楽しめました。

  • 満足度★★★★

    広い新国立での少年王者舘。ペーターゲスナー氏が評したアングラ精神の現代の正統な継承者(系譜は違えども)がこの小屋を自ら選ぶ事はないだろう。一年前速報を見て驚いたと同時に不安も実はかすめたが、果たして、クオリティ落ちのない舞台成果であった。天野天街的演劇はどれを取ってもリズムや世界観が同じで、思うに天野天街の芸術、というものが内部で進化しており、その進化過程を眺めるという事になっているのだろうと思う。従って変わらない部分は何も変わらず、しかしその中で奇想天外な発想が新たに加わる事で更新されている。「1001」は私の知る少年王者舘の集大成であり、部分的には腰を抜かし、腹筋を揺らした。幸福な時間を過ごせた。
    新国立劇場で予め席を予約して観劇したのは初めて。初めてと言えば今回は新国立によるプロデュース公演でなく少年王者舘公演であり、(恐らく天野氏が出した条件だと思われるが)異例の事だ。

    ネタバレBOX

    少年王者館の作品は繰り返し提示される言葉やイメージがまず関連の無いもの同士として(「リレー」の途中に偶然のように登場するのみ)出て来る。それが別の経過を辿りながらもう一度反復され、別の繋がり方で出てくるという伏線回収が、音楽や速度が高まることで劇的瞬間を作る。途中の場面はナンセンスな別役実を髣髴するやり取りで妙に笑える。数珠繋ぎの展開にカットインするのは映像であったり突如の暗転や客電が点いてのアナウンスであったり。その挿入素材も伏線に含まれて来るので正しく回収して行かねばならない。小芝居の成立と、音響・照明・映像効果の精度は新国立でも実現できていた。
    が一点気になったのは終盤とラストに登場する定番の夕沈ダンスで、これも天野氏以上に手の内の決まったお馴染みの振付が、広さを持った分だけダイナミックさが生じにくかった。手の大きな振り(回転)や縦軸回転など機械的な動きは小さな劇場では視覚的に圧する力を持つ(同じ目線で見ると尚迫力)が、新国立では客席から俯瞰でき、エリアも広い。徐々に速度を増す・動きの密度が高くなる・人の位置の移動や入れ替えも同じく速度か頻度が増す、といった形が欲しく、難度の高さを要求したくなった。意味を超えた「感覚に訴える」舞台成果がこの高みに至ったことによる要請だろうか。

    先に述べた今作に投入された幾つものイメージの中で、一つ特徴的だったのが日本の戦争時代に言及したシーン。井村昂演じる大人(老人)が戦争体験者として存在し、もう記憶の奥へ隠れてしまったがピカドンという語や、夏の正午の玉音放送や赤の部分に穴の開いた日の丸等が出てくる。舞台として反戦や現政権への牽制といった意味に結びつけてはいないが、厭われがちな剣呑な素材を放り込んだ所に、(劇団公演に拘った事も考え合わせ)体制に対するスタンス表示という意図的選択の可能性を想像した。
  • 明確なストーリーなんかあってもなくても良いのですが、メッセージが全然理解できませんでした。感覚的に受け取るべきなのでしょうが、自分には合わなかったということでしょう。最後の群舞は長すぎでは?

  • 満足度★★★

    少年王者舘 「1001」@新国立劇場
    なんかスゲェモノを2時間観せられ、魅せられてしまった…
    ストーリー展開だけでなく舞台装置の動きとか演者さんの動きとか…

    お誘い頂いた方に感謝‼️

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2019/05/19 (日) 13:00

    座席1階C2列13番

    少年王者館初見。井村昂さん、寺十吾さんを除くとほとんど知らない顔ぶれ。

    言うまでもなく、新国立劇場初登場。小劇場と言っても、七ツ寺共同スタジオやザ・スズナリとは違う大きさ、ザ・高円寺よりも大きいのかな。
    この尺での舞台は、初めてではないかしら。それにしても、細かい芝居に終始せず、群舞や舞台装置の使い方で、奥行を魅せる空間の使い方はうまい。

    確かに、かなり特徴的な芝居作りで、パンフレットを読むと、その独特のスタイルが強く慕われていることがよくわかる。でも、他の方もおっしゃっているように、観客を選ぶ舞台であることは確か。

    特にループする会話と演技、挟まれる舞台アナウンス(芝居と劇場の狭間の消去)、セリフの末尾と語頭の連続する言葉遊び、こうしたものは嫌いな人は嫌いだろうと思う。

    ただ、何にしても驚愕なのは、大きなループの中にまたいくつものループがあり、それぞれで微妙なズレを生じさせ、ただただ役柄の固定を回避するようなストーリー展開、こうした脚本と演出を、30名を超える役者の方々が淀みなくこなしてしまうことだ。群舞にしても、あの奇妙な振り付けを、今にも手足がぶつかりそうな微妙な距離で踊り尽くすさまは、圧巻。

    うん、よいものを観た、というのが素直な感想。では、これから常連として観続けるかと言うと、ちょっと判らない。たまに観るからよいのかとも思いながら、中毒性も強そう。次のタイミングで、体が欲するのかなあ。
    ザ・スズナリや、七ツ寺共同スタジオに戻った時に、同じ感動は得られるのか?
    その時になってみないと、本当に判らない。でも夢のような時間をありがとうございます。


  • 満足度★★★★★

    とにかくすごい。妙に心地よい言葉遊びと、悪夢のような反復と、戦争の罪の歴史さえも記憶の断片が元に戻るギャグにしてしまう。物語のカギを握る少年は分裂し増殖し、向かい合わせの二枚の鏡の間に立った時のような、無限に続く自分の鏡像をのぞき込むような体験。現実と演劇の境界さえ崩れ、終わるようで終わらない、果てしない物語に身を任せる2時間15分。
    総勢38人が登場する少しずつずれた群舞と、見事にそろった群舞の、それぞれが対比して醸し出す美と調和もすばらしい。
    いろいろ演劇は見てきたが、今まで見たこともない唯一無二の時空間の舞台。舞台のセリフと同じく、「終わりたい」(「終わらない」「終りない」…)と口では言いつつ、無意識ではいつまでも続いてほしいと願っていた。

  • 満足度★★★

    無数の物語の狭間で何かを探し続ける青年や少女の物語。今敏監督の『パプリカ』のような感覚。夢の中でこの舞台を観ている自分を俯瞰して観ている自分。無限の入れ子細工。時間と空間とが無数に重なって存在している多重世界。照明音響美術投影、最高峰の技術で見事にそれを表現。こんな方法論があったのか?とアイディアに感嘆。目の前でありとあらゆる世界の可能性を実感できる。それと共に統合失調症患者の話を一方的に聴かされているような苦痛も。何とも暴力的な舞台。『脱構築』『差延』、ポスト構造主義的な繰り返し喜劇なのか?神秘家グルジェフのワークやニジンスキーの手記を連想する。

    ネタバレBOX

    観客によって賛否両論であろう。
    所謂、多数の一般人がイメージする『演劇』である。こういうのが好きな人にとっては極上。この系が嫌いな人にとっては何が何だか訳が分からない。『きっと何か深い意味があるのだろうけれど、難しくてよく分からない』的な。
    中盤から物語が停滞し、繰り返しギャグばかりで退屈に。
    ただセットも含め、余りにも美しいシーンが幾つも観れる。ずっと記憶に残るような。
  • 満足度★★★

    鑑賞日2019/05/14 (火)

    14日ソワレ(140分)を拝見。

    ネタバレBOX

    恐らく他の方の「観てきた!」は絶賛の嵐だと思われるので、一人ぐらい、天邪鬼がいても許されるだろうと考え、以下、雑感を記す。

    配役表が入場時配布のフライヤー類に封入されておらず、有料のパンフを買ってから確かめろ!という趣旨らしいので、やむなく購入。ただ、実際、舞台を拝見してみると、役者はあくまで作品のパーツに過ぎず、故に配役表で確かめる必要もなかったようだ。

    個別には記憶に残っていないのだが、劇中のセリフにおけるダジャレ?やジョーク? さらには、往年のバラエティー『8時だョ!全員集合』のジャンボマックスばりの巨人の登場…念のために、作者の経歴を確かめると、やはり私と同世代人w
    だからかもしれないが、作品のテイストにどことなく昭和の香りが漂っていたのかなぁと。

    ラストの「尋常小学校?の運動会でのマスゲーム」みたいなダンスシーン。
    劇伴や照明の助けも得て、情の薄い私でさえ、胸にジワリと感動の波が押し寄せて来たのだから、常連客の皆さんの高揚は如何ばかりかと。
    この団体さんが玄人筋からの評価が高いのも素直に頷けるフィナーレだった。

    ただし、全体を振り返ってみると、同じシーンの繰り返しが多く、正直、クドいと感じた(そこまでして、2時間超える必要があったのか?)。
    私自身がループを多用する作劇は好みでないので、客観的には優れた作品なのだろうと理解するも、主観的には残念ながら手が合わなかった。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. ドラマ『ヴィレヴァン!』、平田満目当てで観たら雑学系で軽快。岡山天音も色っぽく。 第2話は寺山修司の文庫本『書を捨てよ、町へ出よう』をめぐる恋物語だった。少年王者舘『1001』の感想を漁っていた時期だったこともあり、ヴィレヴァン的なテラヤマが、響いた。

    35分前

  2. 少年王者舘『1001』@新国立劇場 2019.05.14(火)~2019.05.26(日) 終演しました。 連日の大入り感謝致します。 観てくださった方、観ようと連絡くれた友達、応援してくださった皆様本当にありがとうございまし… https://t.co/XWYyNMCjqS

    約5時間前

  3. 少年王者舘「1001」終演しました。みに来てくださったたくさんのお客さま、共演者のみなさま、すごいすごいスタッフのみなさま、関わってくださったみーなさまに、ありがとうございました! 次はどこに行こうかなって思いながら、アイスコーヒー飲んでる。夏みたいな日!

    約5時間前

  4. 少年王者舘1001無事に終演いたしました。初心に戻って、舞台に立ち、自身が忘れてしまっていた事を思い出し、たっくさん得るものがありました。 色々あったけど、一緒に皆様とこの作品の輪に入れた事を幸せに思います。 そして、この大家… https://t.co/o1U8AkVpkn

    約7時間前

  5. 少年王者舘「1001」新国立劇場 終演いたしました。 ご来場いただいた皆様、ご興味持っていただいた皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。 観ることが叶わなかった皆様、申し訳ありませんでした。 次回は12月、下北沢ザ・スズナリでの「アサガオデン」です。

    約8時間前

  6. 一言だけにとどめておきますが。 昨日まで上演していた、少年王者舘『1001』、 すばらしかった!!! おそろしいほどの素晴らしいクオリティだった!!!! この世に生まれてきて、この団体/作品に出会えて、よかった!!!!! #少年王者舘

    約9時間前

  7. 少年王者舘『1001』無事終了しました。多数のご来場いただきましてありがとうございました。 僕はうっかり今日他団体の受付手伝いの予定を入れてしまったので。今炎天下の下受付しています。

    約9時間前

  8. 「ヒトあやつりニンゲン芝居」って台詞もありました。少年王者舘 1001

    約10時間前

  9. 少年王者舘『1001』の記憶を反芻しています。「トんだりハネたりするもの」の答え合わせってありましたっけ。「時間」だろうか。「芝居」だろうか。

    約11時間前

  10. 少年王者舘「1001」 劇の時間と空間の枠が色んな仕掛けで緩みだすと、物語は歪んで、枠を越えて客席と舞台が1つの世界になってしまって、ラストで、今までのシーンが浮かび上がるシーンは、自分が思い出しているような気分。

    約12時間前

  11. 少年王者舘『1001』(作・演出:天野天街)も滑り込みで。新国立劇場での上演、感慨深く。珠水 、夕沈、中村榮美子、山本亜手子が揃っているだけでもう満足という私はただのファン。少年二人(夕沈、中村榮美子)が重なって会話するシーンは最… https://t.co/f1Qqjz2QJo

    約21時間前

  12. 少年王者舘「1001」。これは未来か、それとも過去か。ある(1)のにない(0)、ない(0)のにある(1)、ときには開演のアナウンスまでさかのぼりながら延々と続く言葉遊びと反復の千一夜物語。こちらも自分の夢に誘われ、実は5時間ぐらい… https://t.co/Uou8I1xD3o

    約22時間前

  13. 昨日、新国立劇場で観た、 少年王者舘『1001』 本当に素晴らしかったです。

    約24時間前

  14. 少年王者舘『1001』で初めて天野天街演出にノックアウトされた東京の皆様、早くも今週末に公演ありますよ。芥川賞作家の諏訪哲史さんの短編『尿意』を、名古屋の岡本理沙さんが朗読っつーかほぼ一人芝居で演じます。超ミニマムな天野演出も味わ… https://t.co/NUHs590AL0

    1日前

  15. 少年王者舘『1001』パンフレットに「ナツカシサ」という単語があって、確かにわたしも「ナツカシサ」を感じたけど、なんだっけ?と考えてたら、525のアナログテレビの砂嵐にたどり着き、そこでやっと「砂嵐」の二重の意味にたどり着いた帰り道でした……。気づくのが遅いなぁ……。

    1日前

  16. 少年王者舘『1001』楽日。朝から並んでどうにかZ席取れたけど、初日のA席より下手したら良席なのでは…?と思うぐらい、とても良かったです。2回目だと落ち着いてるのか、初日には分からなかったことがいろいろとつながって、なんとなく輪郭が見えたような気がしたのでした。

    1日前

  17. 東京から帰ってきた。初日はゴドウィン演出『ハムレット』と串田演出『K.テンペスト』を観た。翌日はずっと観たかった少年王者舘『1001』と唐組『ジャガーの眼』を観た。非日常性を持つ身体、集団としての蓄積。そして、その有無。夏のモエレ… https://t.co/CZ5u27p1DC

    1日前

  18. 今日は新国立劇場で少年王者舘「1001」観てきました。新国立でやるって聞いてかなり衝撃だったけどやはり王者舘は王者舘だったw 昔観てた頃の役者さんがまだ何人かバリバリ現役なのがちょっと嬉しかったな https://t.co/EeJyh4P2hp

    D7e5fb0vsaimbuf

    1日前

  19. 月の砂漠をゆく駱駝をつれたキャラバンは、また別のユニバーチャルで夢を食べる、という話をシェヘラザードが話す、かもしれない、それはまた次回のお楽しみ 少年王者舘『1001』これにて終了🇯🇵 たくさんのご来場ありがとうございました わ… https://t.co/VyaY6CvBln

    1日前

  20. 少年王者舘「1001」千秋楽を観る。 この物語がいつまでも終わらなければ良いのにε-(´Д` ;)、是非DVD化して欲しい。 珠水さんのCDセット購入。うらたじゅんさんとつげさんのイラストだ!とびっくりしたら発行が北冬書房だっ… https://t.co/SQo4DcBsWX

    1日前

  21. 少年王者舘1001 そんなにたくさん観てないけど、前観た感じなのもあったりなかったり あら、以外とそこまで言っちゃうのねー的感じもあったりなかったり ダンス好きです。みんなで踊るのめっちゃ好き。 正当な感想なんて、いる?

    1日前

  22. 千秋楽おでとうの少年王者舘「1001」@新国立劇場小劇場滑り込みギリギリセーフで観劇。やっぱり私は天野天街さんが好き❤️みんなにも会えて元気も貰った!予約特典のマッチもゲットしたどーーー!さ、早く帰ってきんちゃんとご飯食べないと! https://t.co/MMsF9rs1uI

    D7ecd69u0aagkv4 D7ecd6 ueay0snb

    1日前

  23. 少年王者舘『1001』千秋楽 @ 新国立劇場、バルコニー席からの2度目は、良さが増し増しだった…。もはや好きしかないな…。

    1日前

  24. 中野劇団「10分間 2019」、少年王者舘「1001」、続けてみるときの食い合わせが危険。積み重なるループの加速と情報量が倍々ゲーム的に増加していくのに大変よく酔わされた。もはやループシーンのない演劇みたら違和感抱きそう

    1日前

  25. 少年王者舘「1001」面白かった!今までの王者舘てんこ盛り。本当に終わらないかと思った。 https://t.co/DzB2he4clT

    D7evtbyu8aapsre

    1日前

  26. 少年王者舘「1001」遊民社とか唐十郎のアングラ感が漂う作風。ただ古めかしさだけでなく、プロジェクションマッピングや群舞を多用し、舞台美術もかつて観た事のない技術を使っており、ただただ美しく凄い舞台だった。これをよくぞ新国立劇場に… https://t.co/frfmXZMpzq

    1日前

  27. 少年王者舘「1001」遊民社とか唐十郎のアングラ感が漂う作風。ただ古めかしさだけでなく、プロジェクションマッピングや群舞を多用し、舞台美術もかつて観た事のない技術を使っており、ただただ凄い舞台だった。これをよくぞ新国立劇場に持って… https://t.co/Gyu375nyml

    1日前

  28. 【少年王者舘 1001】本日5月26日(日)は13:00開演です。 【本日の残席情報】 昼:A席(完売)B席(完売)Z席(完売) 本日、千秋楽です。おかげ様で本日も完売御礼!みなさま本当にありがとうございました。 ●チケットは… https://t.co/fsuGYOtWZv

    1日前

  29. 少年王者舘「1001」観劇。 個性的キャラクターの面白さ。 一転して無個性になってダンス。視覚と聴覚の圧倒。 脳内かき回される嬉しさ。もっと見てたい。 パンフレットの天野天街ネタ帳を拡大コピーして解読試みる。

    1日前

  30. いつまでも上がれない「すごろく」のよう 2019.5.25 少年王者舘 1001 https://t.co/kNf1HO4bfq

    D7dg1nruwaaavd

    1日前

  31. 【新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」】本日5/26公演のホール座席表をチェック 新国立劇場(小劇場/468人)https://t.co/DYvjtv5PBG https://t.co/kYRjXCTU89

    D7ddbnsu8aacdxi

    1日前

  32. 少年王者舘『1001』 終わらない寝物語と、新しい時代。言葉遊びがたまらなく気持ちがいい。あんなに豊かに言葉で遊んでみたい。 圧倒的な視覚効果で無限に引き込まれた時間でした。。これを新国立劇場で観れるって最高ですね…… https://t.co/kZeK0g6Zzu

    1日前

  33. 5/25 少年王者舘「1001」観劇。 合わせ鏡かのように何回も同じことが繰り返され、鏡の向こう側にいるような、いないような、天野氏が作り出そうとした「ある・ない」の世界を少しは感じ取れたかな。どうしたらこんな舞台が作れるのだろう… https://t.co/hpGVI1vL0R

    1日前

  34. 少年王者舘『1001』新国立劇場 まさか開演前の勢いのまま終演後まで演出され尽くされているとは。大掛かりな舞台装置に対し非対称に組まれた照明の細やかさ https://t.co/DFHdUjWhEO

    D7c5q0lucaalwxk

    1日前

  35. 少年王者舘「1001」 あと1ヶ月くらいやりたいけど、今日でおしまいです。 お待ちしてます! https://t.co/6rIb8F38il

    1日前

  36. 本日千秋楽。 少年王者舘「1001」 5/26(日)13時開演 当日券、Z席(1,620円)は10時より新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。 詳しくは https://t.co/VKwKMxreFH をご覧ください。

    1日前

  37. 昨日の夜は新国立劇場 小劇場で 少年王者舘「1001」を観劇! 初めて観た劇団だが周りのお客さんは 劇団のファンばかり! ストーリーと映像、照明、音楽の融合に チラシデザインで惹かれて行ったけど 大当たりの劇団でした! https://t.co/nsgHUVrC7u

    D7crn2huyae23tk D7crn5yvsaaefem D7crn54uyaan2ld D7crn7 ucaevwkm

    1日前

  38. 布団の中ですが…ヤバい!少年王者舘『1001』の残像が次から継ぎへと黄泉帰り…寝れない!!まだ、興奮状態!!! そして、寝ながら頭を整理して「そーゆうことなのか!」の発見が次から継ぎへあり「(天野天街さん)天才!」と唸って布っ団でるナウ。

    1日前

  39. 少年王者舘「1001」明日で終わります。淋しいです。1001で使用している曲もはいっている珠水さんのCD春、夏、会場で販売されています。聞くたびに胸が熱くなり、涙腺も刺激され、明日の本番はどうなるのか…。おすすめなCDです。明日も… https://t.co/hh4jO9Wzhe

    2日前

  40. 少年王者舘「1001」観劇して、わかることは少ないけど、めちゃめちゃ面白いという稀有な体験。王者舘らしい要素を惜しみ無く用いて、演劇上で演劇そのものの構造を分解しているのかな。台本世界・演劇世界・客席世界が同一線に存在している感じ… https://t.co/8MRgMGktUh

    2日前

  41. 少年王者舘「1001」 明日終わってしまうけど、終わったらまた始まるから、あんまり寂しくならないように真面目に明日もやりきります。 沢山の皆様に感謝。

    2日前

  42. 少年王者舘「1001」 明日楽日。やっぱり終わりはきますね。連日、たくさんの方にご観劇いただき本当に嬉しい。いつもなら「せーの」ってやればもっともっと沢山の方に座っていただけるけど、そうもいかない。当日券やキャンセル待ちに朝早くから並んでいただいて本当にありがとうございます。

    2日前

  43. 少年王者舘「1001」の公演も明日でおしまいです。 帰り道に一緒だった子とバイバイするのもすでに寂し..いやいや忍びの心に情などある筈が...明日の千秋楽まできっちりと忍務は果たしてみせますぞ! 写真は昨日いただいたケータリングの… https://t.co/soTD5H0UTJ

    2日前

  44. 少年王者舘『1001』合わせ鏡でアンプリファイされたような着彩の活動写真の世界にピカドンは落ちランプの精は現れて無限に廻り巡る夢幻の無間地獄。今日も何処かのマルチバースで人は生きて死ぬ。子どもの白昼夢のような令和の落日。悲悲悲悲。わたしも生きている。名作。観られてよかった。

    2日前

  45. 少年王者舘『1001』2回目。前回観たときより更にすんばらしかった。4回泣いた。本日はe+貸切公演ということで、最後に天野さんとうにたもみいちさんが登場。えっ、うにたもみいちさんってe+の人なの!?

    2日前

  46. はじめての少年王者舘、「1001」すごかった。東京には(もう?)こんな劇団ない。いつか名古屋へ観に行きたい。

    2日前

  47. 少年王者舘「1001」 新国立小劇場 やっと見られたよ少年王者舘。美し区残酷な悪夢をずっと見せられているような、でもまだ夢の中にいたいような。

    2日前

  48. 初少年王者舘『1001』観ました!ノスタルジックな世界観と可愛さとかっこよさとが頭の中で混乱し心地良く感動とはまた違った充実感と興奮の中観終わったが、最後に何故か涙が出ていて驚いた。楽しかった。 また絶対観に行きます! https://t.co/SefpvFEvu5

    D7alvruu0aafzvs

    2日前

  49. 大学同期の池田遼くん出演の少年王者舘「1001」を観ました。同じく同級生の大澤遊くんも来てて、同窓会みたいに。 王者舘のエッセンスが凝縮で、最後のシーンでボロボロと落涙。 美しかった〜 https://t.co/t6KFstPVqM

    D7ahsstv4ai9ylo

    2日前

このページのQRコードです。

拡大