演劇

2018 PARCO PRODUCE ”三島 × MISHIMA “

命売ります

パルコ・プロデュース

サンシャイン劇場(東京都)

他劇場あり:

2018/11/24 (土) ~ 2018/12/09 (日) 開幕前

休演日:11月27日(火)・12月4日(火)

上演時間:

三島由紀夫の極上のエンターテイメント小説を舞台化。
スリリングでファンタジックなハードボイルド・エンターテイメント!
死と生の狭間にゆれる人間を、切実に、そしてユーモラスに描いた傑作を上演。

1998年の文庫版刊行以来、累計発行部数29万部超。そのうちの25万部は2015年7月以降の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/11/24 (土) ~ 2018/12/09 (日)
劇場 サンシャイン劇場
出演 東啓介、上村海成、馬渕英里何、莉奈、樹里咲穂、家納ジュンコ、市川しんぺー、平田敦子、川上友里、町田水城、ノゾエ征爾、不破万作、温水洋一
脚本 ノゾエ征爾
演出 ノゾエ征爾
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 8,500円
【発売日】2018/09/08
S席8,500円 
A席7,000円
U-25チケット 5,000円(観劇時25歳以下対象・当日指定席引換・要身分証明書・パルステ!、チケットぴあにて前売販売のみの取扱い。)
サイト

http://www.parco-play.com/web/program/inochi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月24日(土) 18:30
11月25日(日) 14:00
11月26日(月) 14:00
11月27日(火) 休演日
11月28日(水) 13:30 / 18:30
11月29日(木) 14:00
11月30日(金) 18:30
12月1日(土) 13:30 / 18:30
12月2日(日) 14:00
12月3日(月) 14:00
12月4日(火) 休演日
12月5日(水) 13:30 / 18:30
12月6日(木) 14:00
12月7日(金) 18:30
12月8日(土) 13:30 / 18:30
12月9日(日) 14:00

アフタートークショー開催決定!

第1回: 11月26日(月)14:00 公演終了後
第2回: 11月29日(木)14:00 公演終了後
第3回: 12月3日(月)14:00 公演終了後
第4回: 12月6日(木)14:00 公演終了後

上記公演終了後にアフタートークの開催が決定しました!
公演終了後、若干の休憩をはさみ、アフタートークを行います。
登壇は主演の東 啓介他を予定しております。
 
該当公演日時のチケットを持ったお客様が対象です。
ご観劇時と同じ座席でご覧ください。

みなさまのご来場をお待ちしております!
説明 三島由紀夫の極上のエンターテイメント小説を舞台化。
スリリングでファンタジックなハードボイルド・エンターテイメント!
死と生の狭間にゆれる人間を、切実に、そしてユーモラスに描いた傑作を上演。

1998年の文庫版刊行以来、累計発行部数29万部超。そのうちの25万部は2015年7月以降の重版と、昨今改めて注目を浴びている三島由紀夫の小説「命売ります」。
1968年に「週刊プレイボーイ」に連載された本作品は、執筆当時の時代の香りを漂わせつつも、古さは全く感じさせず、ハラハラドキドキの展開の根底に、人間の生と死というテーマが描かれています。
このエンターテイメント小説の傑作を、脚本家、演出家として大活躍中のノゾエ征爾の脚本・演出で舞台化します。

ある日ふと「死のう」と思い立った羽仁男(はにお)は「命売ります」という広告を出す。
すると訳ありげな怪しい男女がつぎつぎに現れて…

スリルとサスペンスに満ちたなエンターテイメントであると同時に、三島由紀夫らしい多面的で複雑な人間が躍動する本作品。1960年代末の発表当時の雰囲気も大切にしつつ、ノゾエ征爾らしいユーモアある切り口で、軽やかに人間の本質に迫ります!どうぞご期待ください!
その他注意事項
スタッフ 原作:三島由紀夫(「命売ります」ちくま文庫)

[情報提供] 2018/09/11 14:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/09/11 14:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大