演劇

フェスティバル/トーキョー18連携プログラム

世界最前線の演劇2 第三世代 [ドイツ/イスラエル]

彩の国さいたま芸術劇場

彩の国さいたま芸術劇場・NINAGAWA STUDIO(大稽古場)(埼玉県)

2018/11/08 (木) ~ 2018/11/18 (日) 上演中

休演日:11月12日(月)

上演時間:

「世界最前線の演劇」は、11月に第2弾としてドイツ・シャウビューネ劇場とテルアビブ・ハビマ劇場共同製作の『第三世代』を上演いたします。

予断を許さない状況が続く世界情勢の中、紛争、テロ、難民問題などを抱える地域では現状を背景した戯曲が多数生み出されています。そこにはニュースではなかなか届...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/11/08 (木) ~ 2018/11/18 (日)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場・NINAGAWA STUDIO(大稽古場)
出演 周本絵梨⾹、⼿打隆盛、松⽥慎也、内⽥健司、續⽊淳平、阿部輝、井上⼣貴、佐藤蛍、⾼橋英希、清瀬ひかり(劇団⻘年座)
脚本 ヤエル・ロネン、ザ・カンパニー
演出 中津留章仁
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2018/09/01
一般前売:3,000円
U-25チケット:2,000円
サイト

https://www.festival-tokyo.jp/18/program/daisansedai

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月8日(木) 19:00
11月9日(金) 14:00
11月10日(土) 14:00
11月11日(日) 14:00
11月12日(月) 休演日
11月13日(火) 14:00
11月14日(水) 14:00
11月15日(木) 14:00
11月16日(金) 19:00
11月17日(土) 14:00
11月18日(日) 14:00
説明 「世界最前線の演劇」は、11月に第2弾としてドイツ・シャウビューネ劇場とテルアビブ・ハビマ劇場共同製作の『第三世代』を上演いたします。

予断を許さない状況が続く世界情勢の中、紛争、テロ、難民問題などを抱える地域では現状を背景した戯曲が多数生み出されています。そこにはニュースではなかなか届けられない、そこで暮らす人々の困惑や翻弄される姿が等身大で描かれています。
私たちは舞台作品を通じて、世界中にある様々な問題への理解を深め考える機会を創り出したいと考えます。本企画では、故・蜷川幸雄氏のもとで研鑽を積んできたさいたまネクスト・シアターが、ギリシャ悲劇やシェイクスピア作品、日本の現代古典劇を上演し培ってきた「蒼白の少年少女」(現代のナイーブな若者たち)ならではの感性と肉体性をもって世界の同時代演劇に挑みます。

第2弾は、演劇界の注目を集める社会派の劇作家・演出家のひとりである中津留章仁氏を演出に迎え、ドイツ・イスラエル・パレスチナを巡る対立の根源を探ろうとするホロコーストとナクバの後の第三世代の若者たちの姿を描いた『第三世代』を上演いたします。
ドイツとイスラエルでそれぞれの国の俳優が参加し、俳優たちが自身と役の間を往還する大胆な手法を用いて2008年にワーク・イン・プログレスとして初演され、大きな注目を集めた話題作です。

中津留章仁とさいたまネクスト・シアターがタッグを組んで挑む本作にどうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 翻訳:新野守広

[情報提供] 2018/08/27 15:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/08/27 15:02 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. さいたまネクスト・シアター世界最前線の演劇2『第三世代』[ドイツ/イスラエル]『ジハード ―Djihad―』に次ぐ第2弾。11月8日(木)~18日(日) 全公演、終演後アフタートークあり。(20分間予定)… https://t.co/IcuikxuUmd

    11日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大