接触 公演情報 接触」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.5
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    堀越涼というジャンル
    主宰・堀川炎と花組芝居・堀越涼による二人芝居2本を軸として、テーマである「接触」「かおり」に沿った一人芝居が2本ずつ、それに落語が1本。
    ややもすると散漫になりかねない構成を、観客の呼吸を取りこみ一気呵成にラストまで運んだのは、ひとえに役者ふたりのテンションでしょう。
    ことに堀越涼の暴れっぷりには圧倒されました。
    二人芝居『絵本』では声を封じられ、落語『反魂香』では動きを制限されましたが、手話を交えた演技や優れたせりふ術が人物の真情をよく伝え、また中屋敷法仁作『尻軽女が風に舞う』と自作の『鮪』では、そのシュールな世界観とメーターの振り切れた演技で、会場を沸騰させました。
    現在の堀越涼が持つ全てを惜しみなく放出することで、その内に新たな力がみなぎるのを確かに感じました。
    この俳優に出会えてよかった。(知らなければ平穏無事に過ごせたものを…と思わないでもないですが。笑) その逞しさ、その艶っぽさ。堀越涼はほかの誰にも似ていない。その仕事をゆめ見逃すまじ。あらためてそう決意した公演でした。

    気持ちとしては★5つにしたいところです。が、作品として俯瞰してみると少し躊躇が。

  • 満足度★★★

    初堀越戯曲
    堀川炎さん、堀越涼さんのふたり芝居。
    ルデコの空間を無理なく使った芝居の形態がぴったりでした。
    広くないし、凝った舞台装置や照明が組みづらい会場だから、なるべく素舞台で、次々と転換していく今回のふたり芝居形式は正にルデコ向き。

    ネタバレBOX

    堀越涼さんの作の「鮪」が面白かった!
    マグロに恋してしまった青年の話。マグロを陸に揚げて部屋で同棲しようとするけど当然死にそうになってしまって・・・、という感じのとってもシュールなお話。
    でも、今回の舞台に近松を全体にまぶしていたり、マグロを「鮪」と漢字で書いたりする辺りから、何となくだけど落語的な印象を受けました。
    短かったけどハイテンションでひとり芝居で突っ走る堀越さんは流石でした!

    堀川炎さんもとにかく表情が豊かでおかしい!

    こんなふたり芝居に色々な人が脚本を一部提供していて、なんとも贅沢な舞台。
    と言えば聞こえは良いのだけど、全体的にとっちらかった印象が強くて残念でした。
    もう少し統一した色がどこかに欲しかったな。
    演技もテンションで切り抜けてたけど、かなり荒かったですし。

    中屋敷さんの戯曲は堀越さんがひとり芝居で披露。
    次週の柿の特別公演前に、中屋敷さん作のひとり芝居を見れた嬉しさ。
    感想は、「やっぱり何を書いても中屋敷さんだなあ」という感じでした。
    堀越さんの演技も柿っぽかったし。
  • 品よし。
    マッシュアップ的な構成。部分的に毛色が違ったものの、流れですんなり観られました。作家としてのお二人にも興味があったのでお腹いっぱい。御馳走様でした。

    ネタバレBOX

    脚本:中屋敷法仁×出演:堀越涼。むしろミスりそうな台詞量とテンションの中、汗だくになりながらもこなす姿。ロシアンルーレット不敗の人間を見ている様な心境。勝ち続ければ負けない。不可能ではない。けれど並大抵ではない。
  • 満足度★★★★

    際立つ関係性
    交互に語られる2つのストーリーと、散りばめられたいくつもの一人芝居が、いくつかのモチーフやキーワードでゆるやかにつながっていく。

    触れること・香りが呼び覚ます記憶、色・音・語られなかった言葉など、五感を通して感じられる様々な形の出会いと別れ。二人芝居だからこそ、人と人との関係性が際立つのだろうか。

    刺激的な、そのくせどこかしっとりした印象を残す芝居だった。

  • 満足度★★★

    2本軸
    ルデコのキャパを上手く利用したものだったと思う。
    オムニバスといえばオムニバスだし、全てを包括しているような印象もあり。
    それぞれに見せられる【接触】に、いつのまにか心が揺れていく。



    ネタバレBOX

    「けいせい反魂香」、そしてオリジナルの「絵本」を織り交ぜながらの展開。
    展開が早いが故にもう少し、登場人物が分かりやすいものがあれば
    良かったように思いました。

このページのQRコードです。

拡大