演劇

劇団文化座

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/08/17 (金) ~ 2018/08/19 (日) 公演終了

上演時間:

太平洋戦争の敗色濃い1945年8月、九州中部にある軍需指定工場。もともとは炭坑から出る石炭を原料に染料を製造していたのだが、今では薬品や爆薬を作り出す反応工程の現場となっていた。
 そこには田宮を班長として、林、影山、木戸ら動員学徒たちも配属されている。ある日、その中のひとり影山に召集命...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/08/17 (金) ~ 2018/08/19 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 伊藤勉、津田二朗、佐藤哲也、沖永正志、白幡大介、斉藤直樹、ほか
脚本 宮本研
演出 米山実
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,000円
【発売日】
<全席指定>
一般:5,000円
Uシート:4,000円
高校生以下:3,000円
http://bunkaza.com/theater/hannoukoutei/hanno2018c.pdf
サイト

http://www.geigeki.jp/performance/20180817tw/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月17日(金)14:00 / 19:00
8月18日(土)14:00
8月19日(日)12:00
説明 太平洋戦争の敗色濃い1945年8月、九州中部にある軍需指定工場。もともとは炭坑から出る石炭を原料に染料を製造していたのだが、今では薬品や爆薬を作り出す反応工程の現場となっていた。
 そこには田宮を班長として、林、影山、木戸ら動員学徒たちも配属されている。ある日、その中のひとり影山に召集命令が下る。ささやかな送別会が開かれたその夜、突然姿を消した影山。追い詰めていく監督教官と憲兵。
 厳しさを増す思想統制の中、ついに田宮にも召集令状が・・・・・・
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/07/12 17:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/07/30 14:30 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 今日の観劇 劇団文化座「反応工程」 すごい面白かったー! 終戦間際の兵器製造工場で働く人たちのお話。 やっぱり泣いてしまう。 https://t.co/WtWPXvXmGE

    Dk8tdsqu0aai3jh

    約1ヶ月前

  2. 文化座「反応工程」宮本研、米山実。1945年8月、学徒動員でロケット砲発射薬を製造。田宮(斉藤直樹=主体性)と太宰(井田雄大=時代性)の議論。影山(為永祐輔)の徴兵忌避。正枝(萩原佳央里)機銃掃射で死。憲兵(田中孝征)。戦後、組合… https://t.co/Xp8KrNAtsF

    約1ヶ月前

  3. 2018/8/17 文化座「反応工程」 作:宮本研 演出:米山実 東京芸術劇場シアターウエスト https://t.co/RjI6n74fnn

    Dkzrwzqucaazh5i

    約1ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大