蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~

1 お気に入りチラシにする

グループる・ばる

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

他劇場あり:

2018/09/13 (木) ~ 2018/09/23 (日) 上演中

上演時間:

グループる・ばる さよなら身終い公演!

詩人・茨木のり子が亡くなってから4か月後のある日。
主を失った家に、甥と編集者らが未発表の遺作を探しにやってくる。
だが部屋の中にはその様子を見守る先客がいた。
3人の「のりこ」と、管理人を名乗る「タモツ」。
異なる時空が幾重にも重なり「茨...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/09/13 (木) ~ 2018/09/23 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 松金よね子、岡本麗、田岡美也子、木野花、小林隆、小嶋尚樹、古屋隆太(青年団)
脚本 長田育恵(てがみ座)
演出 マキノノゾミ
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,700円
【発売日】2018/08/01
一般
前売:4,500円
当日:4,700円

25歳以下(入場時 身分証提示)
前売:3,000円
当日:3,200円
※U25はプリエール・東京芸術劇場ボックスオフィスにて取り扱い

(東京芸術劇場ボックスオフィスは、一般発売より取り扱い)
サイト

http://www.geigeki.jp/performance/theater181/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月13日(木)19:00
9月14日(金)19:00
9月15日(土)14:00 / 19:00
9月16日(日)14:00
9月17日(月)14:00
9月18日(火)19:00
9月19日(水)14:00
9月20日(木)14:00 / 19:00
9月21日(金)19:00
9月22日(土)14:00
9月23日(日)14:00
説明 グループる・ばる さよなら身終い公演!

詩人・茨木のり子が亡くなってから4か月後のある日。
主を失った家に、甥と編集者らが未発表の遺作を探しにやってくる。
だが部屋の中にはその様子を見守る先客がいた。
3人の「のりこ」と、管理人を名乗る「タモツ」。
異なる時空が幾重にも重なり「茨木のり子」の言葉と人生がよみがえる。
終戦。 結婚。 そして別れ…。
遺された1冊の詩集をめぐる物語。

「戦後社会の在り様を見詰めた女性詩人の魂と生きた時代を多面的に描き出し、戦後から今につながる時代の空気を感じさせてくれた」と高い評価を得て、第19回鶴屋南北戯曲賞を受賞。グループる・ばる最終公演として待望の再演!
その他注意事項
スタッフ 美術:奥村泰彦
照明:稲葉直人(ASG)
音響:内藤博司(ショウビズスタジオ)
衣裳:三大寺志保美
舞台監督:内藤正広
演出助手:大野裕明(花組芝居)
プロンプター:伊藤桃花
イラストレーション:荒井良二
宣伝写真:沖 美帆
宣伝美術:鈴木 勝(FORM)
制作:有本佳子(プリエール)
林 弥生 和田幸子(プリエール)
主催:グループる・ばる
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

[情報提供] 2018/07/12 17:25 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/08/28 12:07 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 東京芸術劇場シアターイースト「蜜柑とユウウツ」明日で終わってしまうのだが、20日に行きました。今回も古屋さんが出ていなければ観なかった類の舞台だったんだけど、ベテランの俳優さん達がきらっきらしてた。キラキラ☆ https://t.co/7W6ArQnVCn

    Dntelrou8aad1pw

    約8時間前

  2. ストアハウスコレクションNo.13 【日韓演劇週間Vol.6 】 グループ る・ばる【蜜柑とユウウツ】 観た

    約8時間前

  3. グループる・ばるvol.24さよなら身終い公演「蜜柑とユウウツ」〜茨木のり子異間〜を鑑賞。戦後、詩を描くことも夫との生活もその後の生活も丁寧に自分で考えて生きる姿、葉子と三人のノリコが私に問いかけるよう。女にしかかけない恋文。全て… https://t.co/YOgH3HFI9Z

    約9時間前

  4. 父母妹と共にグループる・ばるさんの「蜜柑とユウウツ」の再演観てきましたー! 一度初演を観たことあるんですが、 やっぱりる・ばるさんの舞台好き! 今回が終わりなの本当に悲しい( ;∀;)

    約10時間前

  5. 因幡屋ぶろぐ更新。る・ばる身終い公演『蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞-』劇中輪読される詩「わたしが一番きれいだったとき/わたしはとてもふしあわせ/わたしはとてもとんちんかん/わたしはめっぽうさびしかった」の一節。「めっぽう」という… https://t.co/ll7iOsxYcc

    約12時間前

  6. 古屋さんご出演の グループる・ばる公演 蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞- を観てきました。 戦後に茨木さんが染み渡らせたかった想い、改めて読んでみたくなりました。 舞台のトーンも素敵で、しみじみよいお芝居でした。ゆっくり消化します。

    約13時間前

  7. 東京芸術劇場「蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~」。詩人・茨木のり子のみならず女性の生き方にも焦点が当てられる。穏やかに淀みなく進む舞台の中で古屋隆太氏の谷川が魅力的なアクセントとして印象に残る。沈黙のシーンで感じずにはいられない円… https://t.co/bHkrKD42yt

    約13時間前

  8. 今日は娘と観劇してきました。 「蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜」 円熟味ある演技を見せつけてくれる顔ぶれ。 贅沢なひとときを味わってきました。 終演後、楽屋口にお邪魔してきました。 「おー!」 とすぐに娘を見つけてくださり、いい… https://t.co/rRTwVBlHg9

    約13時間前

  9. グループる・ばる「蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞ー」@東京芸術劇場 シアターイーストにて 茨木のり子さんの詩と同じくらいきらきら輝く女優陣がよかった。 大ファンの小林隆さんと、偉大な大先輩ブルさんとツーショット‼️ https://t.co/nvDj9yvdJV

    Dnp2kckucaan4rr Dnp2kcxuyae96u8

    約23時間前

  10. 蜜柑とユウウツ、続き。 無駄の無い演技、モルトの話が印象的。 出演者達が別々の方向にハケる(退場する)終盤は、各人の今後も別々かも知れない事を現している様にも感じた。

    1日前

  11. グループる・ばるvol.24さよなら身仕終い公演、蜜柑とユウウツ@東京芸術劇場、19:00-21:32 ミカン色の照明と背後の緑の葉のコントラストが象徴的にも見えた。 戦争前後~安保闘争辺りの話。 示唆的、今に通じそうな熱狂、群衆心理。

    1日前

  12. そのお芝居「蜜柑とユウウツ 茨木のり子異聞」再演、私は初演時よりも今回の方が、ストレートに心に沁みたなぁ。気がつくと涙がツーッ。

    1日前

  13. 「蜜柑とユウウツ」拝見。不勉強で恥ずかしいのですが、茨木のり子の詩すら拝読したこともないのに、非常に心を打つ詩だなぁと感じた次第です。とてもロマンチックなのだけど、人間的な寂しさと強さを感じて。るばるの諸先輩方の最終作品にふさわしい、ふくよかさだった。ワンクールのドラマで観たい。

    1日前

  14. 今日はグループる・ばる、の 「蜜柑とユウウツ」を観劇しました 個人的にさくらんぼのおじさんと 呼んでいた人が舞台に立っている ことに気づいた時は、一瞬にして 青ざめましたがとてもホッコリした 舞台でした、役者年齢層高かった さくら… https://t.co/0gipo0m338

    1日前

  15. しかも脚本は先日の「蜜柑とユウウツ」の長田育恵さんなのも楽しみ。

    1日前

  16. グループる・ばる『蜜柑とユウウツ ー茨木のり子異聞ー』観劇。舞台の上も観客席も殆どが女性で、女性による女性のための演劇の趣きも。る・ばるの三人の印象が明るいので楽しく観たが、帰宅後に振り返るとしみじみ寂しくなった。過ぎ去っていく人々と時代の物語。でも彼女の詩は確かに残った。

    2日前

  17. アメブロを更新しました。 『観劇徒然記「蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~」』 【他画像1枚】 https://t.co/dIGX8qb46G #蜜柑とユウウツ

    2日前

  18. アメブロを更新しました。 『観劇徒然記「蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~」』 【他画像1枚】 https://t.co/qcddYKvdHh #蜜柑とユウウツ

    2日前

  19. 今夜は、グループる・ばるの『蜜柑とユウウツ』@シアターイースト。松金よね子、岡本麗、田岡美也子の3人の演劇ユニットも、今回がラスト公演。私は、昔のジアンジアンで第1回公演を観ている。今回は、詩人・茨木のり子の物語だが、時代のムードが現在と重なる。達者な役者達の演技に説得力がある。

    2日前

  20. グループる・ぱるの身終い公演「蜜柑とユウウツ」は、身終いに相応しい心に残る作品です。寂しいけど、温かさが残り、今を生きるメッセージも受け取った気がします。また皆さんに会いたいな。

    2日前

  21. 芸劇でダルカラ客演された古屋さん出演の「蜜柑とユウウツ 茨城のり子伝聞」観劇。詩人 茨城のり子の生涯を基にした話。甥っ子、谷川俊太郎役と違う雰囲気で良かった。

    2日前

  22. 今週観たやーつ✨幕末から明治にかけての日本人の高潔さを見た、吉田鋼太郎さんの劇団AUN『あかつきの湧昇流』壇 れいちゃんの無邪気さに心を打たれた『オセロー』原発について考えさせられた高畑淳子さんの『チルドレン』人って優しい。松金よ… https://t.co/Ia6CvU5Fvs

    2日前

  23. グループる・ばる さよなら身終い公演『蜜柑とユウウツ』を観劇。 終演後、ラーニング・ラパン第1回公演の演出・木野花さん、出演の田岡美也子さんにお会いして、身が引き締まる想い。 大先輩にがんばってるね、がんばりなさいと言われた幸せで泣きそうになりながら稽古場へ向かう幸せ。

    3日前

  24. 蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~/グループる・ばる@東京芸術劇場 3D版「櫂」小史というだけで心躍る 川崎洋のちょこまか/谷川俊太郎のきざ が、実在の人物を脱神話することは別の神話を生み出す危険も孕んでいる -- 「櫂」小史/茨木… https://t.co/qysQuyaU5U

    3日前

  25. 田岡美也子さん 岡本麗さん 松金よね子さん からなる グループ る・ばる 最後の公演 蜜柑とユウウツ もうメチャクチャ良かった😭 舞台観て泣いたのはじめて✨✨✨ 身震いしたよ感動で…… 音楽も詩なんだなーと改めて思い、もっと真剣… https://t.co/X62imxO9IA

    3日前

  26. 古屋くん出演の グループる・ばる『蜜柑とユウウツ―茨木のり子異文―』 ただでさえじっと座ってるのが苦手な私が 雨でグショグショに濡れたズボンと靴下という最悪の状態で それでもずっと座って観続けていたいと思いました 大切な夜に… https://t.co/N9E6jWGfJ1

    4日前

  27. 『蜜柑とユウウツ』観劇②古屋隆太さんが、ある著名な詩人の若き日を演じている場面があるのだが、不思議な説得力に満ちていてワクワクした。かつて青年団の演出部に入ったばかりの頃、最初の演劇的衝撃を受けたのが、『暗愚小傳』で古屋さんが演じた宮沢賢治役の透明感と存在感だった事を思い出した。

    4日前

  28. 『蜜柑とユウウツ』観劇①茨木のり子さんの詩も劇中に登場し、肉声で聞くことが出来て嬉しくて。ノリコと葉子(岸田衿子さんがモデル?と妄想)という、二人の女性、二人の芸術家の関係が印象的。彼女らが強く対話する場面で、胸が熱くなった。生涯で一度でも、あのような友情を得られたらと憧れた。

    4日前

  29. 昔、東京乾電池の芝居で見ていた女優3名によるグループる・ばる「蜜柑とユウウツ」清々しく背筋が伸びる思い。「自分の感受性くらい」の詩人茨木のり子の生きざま。小林隆がまた素晴らしく感動的。自分もちゃんと生きよう…賑やかな稽古場が窺える… https://t.co/NLyMsuHlz9

    4日前

  30. 恥ずかしながら「る・ばる」も、茨木のり子さんもあまり存じ上げないまま観に行った「蜜柑とユウウツ」、こんな世界があるのか! となんか打たれた…。舞台はもちろんだけど、読まれる詩ぜんぶ分からないまま感動して、観終わってすぐ詩集ポチりま… https://t.co/3GMTzl0mZg

    4日前

  31. 『蜜柑とユウウツ』観てきました。 なんか最近もやもやしてたことを代弁してくれてるような気がして、いろんな人に観てほしいなぁと思いました。 あと、今まで興味なかったけど詩集を読んでみようかと思います。 アフタートークもよかったです… https://t.co/CVk10C7SNO

    4日前

  32. 今日はすごくすごくすごくたのしみにしていた、る・ばる身じまい公演『蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞』再演へ。アフタートークは写真オッケーでした😍☺️12月まで全国回るみたい。今日は席的に悔いが残ったので、どっかでまた行けるといいな〜。 https://t.co/bUMyN50eAV

    Dnys ygx4aegt e Dnys yhw0ausk o Dnys xxuyaazipp

    4日前

  33. 「蜜柑とユウウツ」 胸がいっぱい。

    4日前

  34. グループる・ばる 「蜜柑とユウウツ」 を先日、観劇して参りました。 舞台の強みを沢山感じました💨 可憐で元気で可愛らしい皆さんのお姿が見られて、なんだか幸せ😳 初めて観に行ったのが、さよなら身終い公演なのが残念… けれど、実際に体感できて良かった!!

    5日前

  35. さんの生涯を描いた舞台「蜜柑とユウウツ」東京芸術劇場@池袋にて、いま上演されています。23日の日曜まで。作:長田育恵(てがみ座)/演出:マキノノゾミ/出演:松金よね子・岡本 麗・田岡美也子 木野 花・小林 隆・小嶋尚… https://t.co/8HbdadiR2g #茨木のり子

    5日前

  36. 池袋にて グループる・ばる・さよなら身終い公演「蜜柑とユウウツ」観劇 綺麗な 本当に綺麗な芝居 る・ばるのお3方、そして木野花さん、 女優さんの歩く姿、何気ない仕草 本当に美しい こんなに綺麗なファンタジー 5、6年した… https://t.co/CRfdJaqKQU

    5日前

  37. 後編読んでロスジェネが冷笑的とかって、余りにも表層的すぎやしないかと思う。色々背負わせすぎじゃないか。昨日見た『蜜柑とユウウツ』の中で、かつての学生運動を「熱狂の為の熱狂」と評した台詞が出てくるが(それが結論ではないけど)、先行世… https://t.co/Y1AfLlmuL7

    5日前

  38. 舞台のDVDやパンフレット雑誌、買取ります! 「しまったままだけど、捨ててしまうには忍びない…」 そうですよね。少しでも大丈夫ですよ。【買1】 https://t.co/86TMwbCBEI 世界は一人 蜜柑とユウウツ 書を捨てよ町へ出よう ゲゲゲの先生へ

    6日前

  39. 舞台の上で起こるファンタジーの奇跡を、今回は知っている上で観たわけですが、やはりそこが素敵で、その上で茨木のり子さんの詩を、登場人物言葉を、作品の中で感じると、女性として、人として、生きていくのに大切な事を深く感じます。時代は違えど大切な事はかわらないのかと

    6日前

  40. 昨日はグループる・ばる「蜜柑とユウウツ」をシアターイーストにて。3年ぶりの再演。 る・ばるの御三方と木野花さん小林隆さん。長田さんの脚本とマキノさんの演出が好きだった作品。そのままの空気感を残しながら、新たに加わった小嶋尚樹さん、古屋隆太さんがいい感じにとけこんだ血の通った作品。

    6日前

  41. : グループる・ばるの身終い公演『蜜柑とユウウツ ~茨木のり子異聞~』上演中! 舞台フォト&松金よね子・岡本麗・田岡美也子 インタビュー https://t.co/oZo5a0BpSW https://t.co/UMk3XeEFol

    Dnp2b6uucaapoyn

    6日前

  42. グループる・ばる『蜜柑とユウウツ −茨木のり子異聞−』 本日も14時開演です。宜しくお願い致します!! https://t.co/4ZOc5Wfmjx

    6日前

  43. さよなら身終い公演 グループる・ばる『蜜柑とユウウツ』 御三方と木野花さん、古屋隆太さんらの演技を観られたことと、長田育恵さんの脚本が〜茨木のり子異聞〜で予想を軽く覆される設定でまた良かった。終焉についてが思い巡りキュルキュルして… https://t.co/paQiCglctN

    6日前

  44. グループる・ばるVol.24「蜜柑とユウウツ-茨木のり子異聞-」 人の記憶に残るということは、こういうことなのだなあ。なんて素敵なのだろう♪小学校の鐘の音や子供たちの声、印象的なラスト。終わりは新たな始まり https://t.co/BCan0oqb8s #松金よね子

    6日前

  45. 「蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞」 初演を見逃し、今回観れて嬉しかったけど、これで終わりなのが残念です。 松金よね子さんの丁寧に発せられたセリフから、のり子さんの言葉に乗せた思いが伝わってきた。静かに発破をかけられた感じ。木野花さんの存在感がかっこよかった。

    6日前

  46. 2018.9.16 おざす♪ 劇団る・ばるの最終公演「蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞」へ。いろいろな時代と人びとが折り重なってできた物語。ファンタジーっぽかった。終わってごはん。熟成肉と自然ワイン。おいしかったですヽ(・∀・)ノ ごきげんよう♥

    6日前

  47. 蜜柑とユウウツ 出口なしの当日券チャレンジしに行って、先にご飯食べようかなーとかしてたら失敗したので、次の候補に。でも、少ししたら千葉でもやるんだ、って後で知った。。。 高村光太郎とのやりとりがすごく良かった。

    6日前

  48. 「蜜柑とユウウツ」@芸劇シアターイースト。詩人の茨木のり子さんを題材にした、とてもよくできたお芝居。茨木さんの詩を読み返したくなりました。 https://t.co/UCsIxMadbA

    Dnn ngrvsayusai

    6日前

  49. 『蜜柑とユウウツ』は初演でも観ているが、今回また内容の伝わり方が違うように感じる。自分の心境の変化故か、演出や演技になんらかの違いがあるのか、それとも両方か。または、世相の変化故か。

    7日前

  50. グループる・ぱるのサヨナラ公演。蜜柑とユウウツ を観る。茨木のり子は、地元東伏見に住んでいたのか。初演は見てないが、やはり今の世相への危機感かな。それにしても、このユニットの芝居が観られなくなるのは残念。 https://t.co/8Mim1MSP5C

    7日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大