華氏451度 公演情報 華氏451度」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/10/14 (日) 14:00

     壮大な舞台である。レイ・ブラッドベリが1954年に書いたディストピア小説の舞台化で、原作は読んだが、映画や舞台では見たことがない。3面が巨大な本棚に囲まれた舞台美術にまず目を奪われるが、そこで演じられる芝居も長塚が脚本で白井が演出というだけの価値はあり、ほとんどの役者が2つ以上の役を演じることで、逆に深みが出てきていると思った。特に、美波が正反対の重要な役を演じるあたりを見ると、この人は本当に巧い役者になったなと思う。草村礼子のセリフがないのに存在感を示すところも見事だと思った。

  • 巨大な本棚が舞台の三方を囲む抽象美術で、空間の多様性が楽しめました。美波さんの美しさに息を飲みました。パンフレットに関係者それぞれが本を紹介する欄があります。これは嬉しい!

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/10/08 (月) 14:00

    まずは、白い本の巨大な棚。この棚から落ちてくる本は、当然決まっているのだろうけれど、どのように落下を制御しているのだろうか。適当に落ちてきたら危ないし。
    物語りでは、この落ちてきた(あるいは、ファイヤーマンが落とす)本が、発見されたものとして、キレイに燃やされていく。その白に映えるの炎の投影が美しい。ある意味この演出が、物語りを全てリードしていき、登場人物の心理や考えの流転や抑揚を、見事に観客に伝えていく。

    今回の舞台では、白石氏と長塚氏で、配役をどうするかで頭を悩ませたらしいが、結果、少人数で複数の役を演じさせることで、説明に終始することなく、共有された世界観を出せると考えたらしい。確かに、美波の娘クラリスや妻ミルドレッド、吹越満のベイティー隊長とグレンジャーの対の関係性は、同一人物が演じることで深い妙味を醸し出しているし、2役の意識の差が相乗的に働いて、陶酔感溢れる演技に昇華している。

     特に吹越満の2役は、彼特有の無機質なセリフ回しと相俟って、ケレン味さえ感じさせる名演になっている。双方を演じている部分だけ切り取って見せたら、この役は分裂症なのかというくらいに、自負に溢れた表現力は、2役を演じているということが大きいと思う。

    さて、今回の上演に際しては、パンフで、白石や長塚氏が述べているように、スマホに代表されるようなデジタル文化への傾倒への警鐘があり、文化軽視、情報過多、アナログ蔑視への批判という面が指摘されている。さもありなん。これが65年前に発想されたということに驚かされる。
    最近では、「1984」の舞台化、映画「2001年宇宙の旅」の再評価などが続いている。「華氏451度」も上演も、すでに古典と化しつつあるこれらSFが、今なお機知と新鮮味に溢れたものであることを示すものではないだろうか。

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/10/07 (日) 14:00

    座席1階4列

    ブラッドベリの有名SF小説が原作、
    トリュフォーの映画版も有名で大好きな1本です。
    これを、長塚さん脚本、白井さん演出とくれば観ないわけにはいきません。

    まずは本でいっぱいの本棚が舞台三面、天井まで埋め尽くされている舞台に圧倒される。
    真っ白な大量の背表紙が美しく、また、その白面に書籍の背表紙の映像が投影され、
    まるで一瞬にして本に命が宿ったよう。
    そして、「白い本」はそこに投映される映像によって燃やされる。

    ヒロイン二役と機械猟犬、鹿を美波さんが、
    ファイアーマン隊長、ブックマンの長を吹越満さんが、
    それぞれ対極をなす二役を演じ、その表現が素晴らしかった。

    壁面大型テレビと地デジの視聴者参加型双方向通信、
    スマートフォン、電子化され減っていく書籍、
    経済優先の大統領の元で減っていく文化への援助、
    62年前に書かれた小説の世界が結構実現していて驚く。
    某国の公文書・議事録・日報の廃棄や公式記録の軽視は無関係か?
    しかし、ブラッドベリも予想できなかったことは、
    「人は、たとえ国家に規制されなくとも、自ら本を捨てはじめている」
    ということでしょうか・・・
    それでも、人はすべてを捨てず、本についてもいいところどりをして
    貪欲に今を生きているという現実。

    燃えている本を模したパンフレットも粋です。

  • 満足度★★★★

    大きく高い白い本棚が客席に向かって開いている。本棚には白い大きな本が並んでいるが、それが次々と炎上する。ここはマッピングだ。本を持っているだけで犯罪で、それを焼く昇火士と言う公務員もいる情報管理社会がこの装置でよくわかる。昇火士と言うのは、原作翻訳者の造語だが、言葉にすると消火士と紛らわしい。つまりは現在の消防士とは別の役割の公務員がいる未来のディストピアドラマである。
    ミステリやSFの読者には古典のレイ・ブラッドベリの原作はすでに何度も映画にはなっているが、舞台にするには未来社会と火を扱う場面をうまく見せられるかどうかがネックになっていて、あまり記憶にない。今回は、この装置が効果的で、終始この本棚に囲まれた舞台で進行する昇火士モンターグ(吉沢悠)の物語に説得力がある。
    原作はナチスの焚書に近く、アメリカの赤狩り1950年代に書かれていているから、当然、古めかしいのだが、最近の中国の言論規制や、そこまで行かなくても身近なところで起きている「忖度」や他人への無関心を見ると他人ごとではない生々しさがある。その原作第一部の部分は舞台でもよく表現されている。
    昇火士モンターグは、隣人の娘クラリスや妻ミルドレッド(ともに美波)や、上司(吹越満)との日常の中で、このホンのない統制社会に疑問を持ち抜け出そうとする。原作第二部第三部の脱出のアクションドラマ的冒険物語で、原作では本(思想の持ち方)に関する多くの引用や警句がちりばめられている上に、機械猟犬のような小道具、戦争が始まると言う大道具も出てきて舞台では難しいところだ。
    小劇場なら一言の説明でやむを得ないと納得するが、大劇場ではどうか。

    ネタバレBOX

    しかし、演出の白井晃はこういうシチュエーションには経験豊富で、原作に沿いながら、まずは、大過なく見せてしまう。長塚圭史の脚本もうまく原作をまとめて、よく出来ました。という印象なのだが、後半の道行きの部分(引用が多い)は旨く観客に伝わったとは言えないのではないか。ことに疑問なのは、多くの役を演じる美波で、クラリスと妻の二役はともかく、それが、ラストの動物の役にまで重なっていくのは、そういう解釈はあるとしても、無理があると思う。そのために最後にモンターグがミルドレッドとののシカゴでの青春の出会いを思い出し、それに希望を託して終わるところが、役者の力量もあるが、とってつけたようになってしまった。


この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 華氏451度Tほしい

    32分前

  2. 2018/10/16 16:23:30です。 華氏451度 ハヤカワ文庫SF 94円~ 早川書房 宇野利泰 Ray Bradbury レイブラッドベリ https://t.co/EuyFLt6q60 https://t.co/HNpGT9Fzc5

    Dpnnyhcvsaaclbd

    約2時間前

  3. しかし、そこが人間のすばらしいところだ。重要で、やる価値があると心底納得していれば、いくら勇気をくじかれようと、うんざりしようと、あきらめずに、もう一度最初から繰り返せるんだ。 —レイ・ブラッドベリ 「華氏451度」

    約3時間前

  4. 書物は、われわれが忘れるのではないかと危惧する大量のものを蓄えておく容器のひとつのかたちにすぎん。 フェーバー教授 華氏451度_レイ・ブラッドベリ

    約7時間前

  5. 「華氏451度。なにが燃える温度か知ってるか?……お前が燃える温度だよ」 (麻生譲/「ボーダー×ボーダー」)

    約8時間前

  6. 華氏451度の舞台なんてやってたのか。終わっちゃってるし、残念

    約9時間前

  7. これと似ている❗ 勉強嫌いにとっては、嬉しいみたいだ、劣等意識に花を持たせると、さらに支配者層の都合の良い社会造り 華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) https://t.co/FPe2fUkIes https://t.co/seJhckRQlJ

    約10時間前

  8. さすがに土日の2日続けて横浜へ行くのはちょっとシンドかった。ハグハグ共和国がミニシアターを担当しているYOKOHAMAトレインフェスティバルが主目的だったのだが、土曜夜はKAAT神奈川芸術劇場で「華氏451度」を観る。半世紀前のS… https://t.co/F5gqqq37C6

    約13時間前

  9. しかし、そこが人間のすばらしいところだ。重要で、やる価値があると心底納得していれば、いくら勇気をくじかれようと、うんざりしようと、あきらめずに、もう一度最初から繰り返せるんだ。 —レイ・ブラッドベリ 「華氏451度」

    約15時間前

  10. そういえば、わたしPSYCHO-PASSは「1984年」と「華氏451度」をミックスした感じじゃねみたいなこと呟いた気がするけど、時計じかけのオレンジも入ってるよね そんでこの3つはSFだけど今読んでも面白いと思うわ

    約19時間前

  11. 「華氏451度」②  また、学校や職場など身近に本を読む人が全くいない環境に置かれてきた者としては本当に上演すべき意味のある作品だったと思う。こちらのお芝居を通じて、是非ブラッドベリの原作も手に取ってもらいたい。 #KAAT

    約20時間前

  12. 「華氏451度」① 象徴的な本のセットがほぼ動かない分、話の流れが初見者に分かったかちょっと不安になる。どこで何が起きているかついてこれただろうか…びっちり原作の言葉を戯曲に詰め込んだ中、フェーバーの落ち着いた言い回しに安心感を覚える。 #KAAT

    約20時間前

  13. 「華氏451度」舞台装置が圧倒的でした! https://t.co/g0s690GVo5

    Dpizlhuvaaa7zox

    約22時間前

  14. なんか近場の本屋さんが、SFコーナー作ってて華氏451度とかのTシャツとか併設してるもんだから、買いそうになってしまった

    約23時間前

  15. 毎日朝刊2p、"ムーア"が撮ったもの 編集委員 山田孝男。"華氏119"は、米国民の "政治不信の底流" を捉えた映画。題名は、ブラッドベリのSF小説 "華氏451度"にちなむ。読書も本の所有も禁じられた未来社会の話。華氏451度… https://t.co/AWroxuzZwF

    1日前

  16. 10/13「華氏451度」@神奈川芸術劇場③面白いのは「スポーツ」の捉え方。スポーツに熱中させ、他の事を考えなくさせるという考え。これ、今までの独藍政権、そして今の日本政府でもやっていることだ。今回の東京オリンピックもまさにそう。

    1日前

  17. 10/13「華氏451度」@神奈川芸術劇場④考えること、疑問に思うこと、それをしなくなったらどんな恐ろしいことになるのか、それを教えてくれている。自分がそうならないように。

    1日前

  18. 10/13「華氏451度」@神奈川芸術劇場②吹越さん、こういう役ウマイな。美波も何役もこなしていたけど、とても良かった。「鹿」の動きや表情なんてちゃんとそう見えてくる。

    1日前

  19. 10/13「華氏451度」@神奈川芸術劇場①白井晃×長塚圭史は相性が良い。今回もバッチリ。濃密な2時間。レイ・ブラッドベリの預言とでもいえるまさにこれから起ころうとしている、いやすでに起こっている管理社会を見事に描いている。去年観… https://t.co/xyUAsrUlZN

    1日前

  20. 「どの機械猟犬を誰がどう演じるか」、「鹿をクラリスの衣装のまま美波が演じること」……これらの効果がきいていて、小説を演劇にした意味がすごくある。 いつもほど衝撃的なダイナミズムはないものの、だからこそ確実で、原作を大事にした、演… https://t.co/KEtZ6v41ys

    1日前

  21. KAAT『華氏451度』観劇。 演出・白井晃さんと脚本・長塚圭史さんの意図は明確で見易くダイナミック。 レイ・ブラッドベリの原作に忠実。でも原文では耳で聞くには体力のいる比喩的な会話を、明晰にピックアップして台詞にした。 ただ《… https://t.co/CbhOqbo8b0

    1日前

  22. しかし、そこが人間のすばらしいところだ。重要で、やる価値があると心底納得していれば、いくら勇気をくじかれようと、うんざりしようと、あきらめずに、もう一度最初から繰り返せるんだ。 —レイ・ブラッドベリ 「華氏451度」

    1日前

  23. 昨日は「華氏451度」で頭がいっぱいになってしまっていて、夜0:15から若おかみは小学生!のトークショー付き上映会の予約が始まることすっかり失念… 慌てて今予約。 ギリギリ間に合った… 小林星蘭ちゃんが来るから…

    1日前

  24. ちょっとどうでもいいことまとめるよ。 本を読むのが禁止された⭐️華氏451度→本を読むと生産性が下がるし時間がかかるしなにより賢くなると幸福度がさがる⭐️すばらしい新世界→本を読むなんて時代遅れというよりそんな紙媒体よりデータで満… https://t.co/yIsolBTfAH

    1日前

  25. 未だ発見の報なく。Zoom H6と新品のヘルメットと、、、一番惜しいのは華氏451度のTシャツ。 https://t.co/CfZCIiCLW5

    1日前

  26. 本当のことが語られているか 「華氏451度」舞台化カナロコ by 神奈川新聞

    1日前

  27. 本当のことが語られているか 「華氏451度」舞台化カナロコ by 神奈川新聞 https://t.co/wjGAp5grpy

    1日前

  28. 本当のことが語られているか 「華氏451度」舞台化カナロコ by 神奈川新聞

    1日前

  29. 本当のことが語られているか 「華氏451度」舞台化カナロコ by 神奈川新聞 https://t.co/Hv7tcYFDoi

    1日前

  30. 「みんな似た者同士でなきゃならない。憲法とは違って、人間は自由平等に生まれついているわけじゃないが、結局みんな平等にさせられるんだ。」(『華氏451度』レイ・ブラント)

    1日前

  31. @ukertmink @saika_0720 @moyashi_daizu 時代は進んでますからね~ でも本の匂いや紙をめくる感触、本棚に並んでる背表紙(読みすぎてボロボロ)とかは大事にしたいなと思います。 「華氏451度」は有名… https://t.co/sGLfm8MmdV

    1日前

  32. 火を燃やすのは愉しかった。 ものが火に食われ、黒ずんで、別のなにかに変わってゆくのを見るのは格別の快感だった──      ──『華氏451度』/レイ・ブラッドベリ #こんれぼっと

    1日前

  33. 寝る前にたまたま手に取った本がこれだったんだけど、ちょうど華氏451度についての考察が書いてあって昨日の今日だからすごいおもしろかった!読書の(もう)冬、たのしい。寝ます。 https://t.co/7yIdutn5k0

    Dpfk5uguwaew5ae

    1日前

  34. 読みました!!! 華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 早川書房 https://t.co/sVT4dbDMJu @amazonJPから

    1日前

  35. 華氏451度、めっちゃ面白かった〜‼️ すっごく難しいと思うこの世界観が成り立つのは、役者さんたちが演技力のある、実力のある人たちばかりだったから‼️‼️‼️ 素晴らしい舞台をありがとう✨

    1日前

  36. しかし、そこが人間のすばらしいところだ。重要で、やる価値があると心底納得していれば、いくら勇気をくじかれようと、うんざりしようと、あきらめずに、もう一度最初から繰り返せるんだ。 —レイ・ブラッドベリ 「華氏451度」

    1日前

  37. 「紙が自然発火する温度は華氏451度である」そこは書物が禁じられた世界。人々は液晶の映像と街に溢れる音の濁流にのまれ思考をやめた。 KAAT『華氏451度』を観劇。原作は1953年に米で書かれたSFディストピア小説。舞台には極彩色… https://t.co/P5M5Bxlv6m

    1日前

  38. 脚本ですが、『華氏451度』の主題を拾いきった上でさらに印象的な場面を十二分に表現されていらした点が素晴らしかったです。時の文の比率がただでさえ多い原作を、まさかナレーション無しで全編やり切るとは。 確かに原作を一読していると理解… https://t.co/yBjI8YFsuV

    1日前

  39. 関東方面での公演は終わりましたが、ちょこっと『華氏451度』の舞台についてのお話をば。少ししたら中部や近畿でもやるようですしね。評論というよりは感想に近いものかな、と(何より私が演劇に関して素人なので)。

    1日前

  40. https://t.co/lLI8aNOE7Y 『華氏451度』30年以上前に観たんだけど…内容かなり忘れた(>_<) 『大人はわかってくれない』は良かったなぁ…。

    2日前

  41. 本日はKAATにて「華氏451度」を観劇。主演の吉沢悠さんのお芝居がとても好きで、「遠い夏のゴッホ」振り。舞台装置や美術は至ってシンプルでしたが、スケールの大きさや美しさが素晴らしかったです。吉沢さんの表情や眼差しが印象的で、後半… https://t.co/KfqAaL6DYv

    2日前

  42. 本日はKAATにて「華氏451度」を観劇。主演の吉沢悠さんのお芝居がとても好きで、「遠い夏のゴッホ」振り。舞台装置や美術は至ってシンプルでしたが、スケールの大きさや美しさが素晴らしかったです。吉沢さんの表情や眼差しが印象的で、後半になるにつれ熱量も汗の量も凄かったです☺️

    2日前

  43. 昨日はお芝居「華氏451度」を観てきました。舞台構成と演出が良かったなー。KAATは観やすい劇場で好きです。 場所: Kaat 神奈川芸術劇場 https://t.co/L1OoytvRwj

    2日前

  44. 華氏451度の舞台に行ってきました…! 本を禁じられた世界での緊迫した空気感が伝わってきました…。最後のシーンが印象的で、本の中の魔術的な言葉を少しでも伝えていく、そんな一端を担えたらと思いまし… → https://t.co/n4clSBZGPF #bookmeter

    2日前

  45. 『華氏451度』 →人の感情が失われているモンターグの妻ミルドレッドだった(その二役を美波ちゃんが演じることの意味) 長塚さんの言う「非動物的な孤独」テレビやネットに日常が奪われている今この舞台を上演することに意味があるんだろう。… https://t.co/fWbY6CM2Xg

    2日前

  46. KAATにて『華氏451度』観劇。ブラッドベリの原作を読んだのは四半世紀前(^^;;。トリュフォーの映画も大好きだったので、舞台化されるのが不安だったけれど、原作から離れることなく期待以上だった。映画ではクラリスにもっとスポットが… https://t.co/UBeqx5CpOq

    2日前

  47. 舞台『華氏451度』 横浜公演千穐楽✨ おめでとう🎉 そしておつかれさまでした😌 稽古の始まった8月、今年は本当に異常な暑さだったから😭 KAATに通った2ヶ月間も良き想い出だね😊 ツアー始まり 次の愛知豊橋公演も踏ん張ってね😉… https://t.co/iHADN3JDR6

    2日前

  48. 華氏451度、舞台?やってるんですか、、、

    2日前

  49. 気になったから『華氏451度』読んでみた 良きじゃった……

    2日前

このページのQRコードです。

拡大