舞踊・バレエ

Noism1×SPAC 劇的舞踊vol.4

ROMEO&JULIETS

SPAC・静岡県舞台芸術センター

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール(埼玉県)

他劇場あり:

2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日) 公演終了

上演時間:

踊家と俳優の競演で生み出す、“劇的舞踊”シリーズ最新作
日本で唯一の劇場専属舞踊団として新潟を拠点に活動を続けるNoism。2016年にSPAC俳優3名が客演した劇的舞踊vol.3『ラ・バヤデール—幻の国』は、静岡でも多くの観客を魅了した。
シリーズ第4弾となる今作は、シェイクスピアの『ロ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/09/14 (金) ~ 2018/09/16 (日)
劇場 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
出演 井関佐和子、中川賢、池ヶ谷奏、吉﨑裕哉、浅海侑加、チャン・シャンユー、井本星那、鳥羽絢美、西岡ひなの、山田勇気、金森穣、大内米治、貴島豪、鈴木真理子、武石守正、舘野百代、野口俊丞、布施安寿香、三島景太
演出 金森穣
振付 金森穣
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,500円
【発売日】2018/05/26
一般 5,500円、U25 3,500円(全席指定)
※U25=25歳以下対象・入場時要身分証。枚数制限あり。
サイト

http://noism.jp/npe/n1_spac_romeo_juliets_saitama/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2018年
9.14(金)19:00
9.15(土)17:00
9.16(日)15:00
※全3回
※上演時間 約110分(途中休憩15分含む)
説明 踊家と俳優の競演で生み出す、“劇的舞踊”シリーズ最新作
日本で唯一の劇場専属舞踊団として新潟を拠点に活動を続けるNoism。2016年にSPAC俳優3名が客演した劇的舞踊vol.3『ラ・バヤデール—幻の国』は、静岡でも多くの観客を魅了した。
シリーズ第4弾となる今作は、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』をもとに新たに創作される、『ROMEO&JULIETS』。演出振付・金森穣は「恋の病」を現代社会に巣くう病理へと飛躍させ、人間が持つ複雑な精神構造を浮き彫りにする。
今回はNoism1の舞踊家に加え、SPACからはこれまでで最も多い8名の俳優が出演し、舞踊家の雄弁な身体と俳優が自在に操る言葉の旋律が、重層的に鳴り響く。
舞踊でも演劇でもない「ロミオとジュリエットたち」の物語が、今ここに立ち上がる。
その他注意事項 ※乳幼児を連れてのご入場はご遠慮ください。
スタッフ 音楽:S.プロコフィエフ《Romeo & Juliet》
衣裳:YUIMA NAKAZATO
美術:須長檀、田根剛(Noismレパートリーより)
原作:W.シェイクスピア『ロミオとジュリエット』(河合祥一郎訳より)

主催:SPAC‐静岡県舞台芸術センター
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

[情報提供] 2018/05/15 16:15 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/07/06 15:45 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. りゅーとぴあに着きました。これからNoism1「ROMEO&JULIETS」世界初日! https://t.co/kx7XNTh47n #Noism

    3ヶ月前

  2. 昨日、りゅーとぴあからもらってきた「ぶらあぼ」。乗越たかおさんの連載目当てで、他はパラパラとしか見ないんだけど(^_^;)、乗越さんのページの隣がNoism1「ROMEO&JULIETS」だった。わざとかな? 乗越さんの「ROME… https://t.co/zef9wUWIXu

    3ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大