その他

騎馬スペクタクル ジンガロ

バトゥータ BATTUTA

朝日新聞社

木場公園内ジンガロ特設シアター(東京都)

2009/01/24 (土) ~ 2009/03/26 (木) 公演終了

上演時間:

 「ジンガロ」は、直径30メートルほどの円形フィールドで、馬と人とが一体となって極限の芸術世界を織り成す感動のスペクタクルです。 単に馬に芸をさせるのではなく、馬の野生と人の知性・想像力を融合させることで、 「演劇」と「音楽」、「舞台」と「美術」が渾然一体となり、演劇の概念を超越した幻想的な新...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/01/24 (土) ~ 2009/03/26 (木)
劇場 木場公園内ジンガロ特設シアター
出演 出演予定馬数:38頭、出演予定者数:35名
脚本 バルタバス
演出 バルタバス
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 20,000円
【発売日】2008/09/27
ギャロップシート:18,000円
SS席:20,000円
S席:14,000円
A席:8,000円
(全席指定/税込み)
サイト

http://www.zingaro.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  「ジンガロ」は、直径30メートルほどの円形フィールドで、馬と人とが一体となって極限の芸術世界を織り成す感動のスペクタクルです。 単に馬に芸をさせるのではなく、馬の野生と人の知性・想像力を融合させることで、 「演劇」と「音楽」、「舞台」と「美術」が渾然一体となり、演劇の概念を超越した幻想的な新しい芸術の世界を生み出しています。

 「ジンガロ」は、主宰者バルタバスが制作・演出から、オーケストラシェフ、馬と騎手のキャスティング、馬の調教、出演に至るまで全てを指揮し、 約3年の月日を費やして、馬と人との相互の信頼関係を築き、ひとつの作品を完成させます。

 今回の最新作『BATTUTA(バトゥータ)』は、エネルギッシュでスピード感にあふれ、馬と人間のアクロバティックな要素が満載の作品です。 "放浪の民"という意味を持つ「ジンガロ」の精神(=遊牧民の感性)に着想を得てつくられた本作は、 「自由」とそれに隣り合わせにある「危険」をシリアスに表現した内容となっています。 過去に中央アジア出身の遊牧民族が支配した歴史をもつ国「ルーマニア」モルドヴァ地方のブラスバンドと、 トランシルヴァニア地方のストリングスの2組の楽団による音のコントラストも、物語を彩る重要なポイントとなっています。

 騎馬スペクタクル「ジンガロ BATTUTA(バトゥータ)」に是非ご期待ください。
その他注意事項 ※未就学児童の入場はお断りさせていただきます
※ギャロップシートは1~3 列目。疾走する馬たちを間近に見られる迫力満点のシート。ただし、多少の砂が飛んでくる場合がありますので、ご了承の上お買い求めください。
スタッフ 主催:ジンガロ日本公演実行委員会、テレビ朝日、朝日新聞社、TOKYO FM、ぴあ、カンバセーション、アミューズ
共催:フランス大使館
後援:日本中央競馬会、地方競馬全国協会、日本馬術連盟、全国乗馬倶楽部振興協会、東京日仏学院
特別協賛:エルメス
企画招聘:カンバセーション、アミューズ

[情報提供] 2008/08/12 22:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/05 02:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大