その他

TPAM2018

パネル1 – モビリティ、流通、酸素(シャンカル・ヴェンカテーシュワラン[ケーララ]、マーティン・デネワル[ハノーヴァー])

その他

TPAM2018

プログラミングのポリティクス:プラットフォーム

パネル1 – モビリティ、流通、酸素(シャンカル・ヴェンカテーシュワラン[ケーララ]、マーティン・デネワル[ハノーヴァー])

TPAM・国際舞台芸術ミーティング

BankART Studio NYK(神奈川県)

2018/02/11 (日) ~ 2018/02/11 (日) 公演終了

上演時間:

普段と異なる場所へ招聘されると、その作品やプロダクションチームにとって、ある種の流通が始まる。このパネルでは、プログラミングの背後にある衝動やイデオロギー、それが都市や招聘されたカンパニーに与えた影響を見てゆく。異なる地域 — インド(アジア)とドイツ(ヨーロッパ) — の2人のフェスティバル...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/11 (日) ~ 2018/02/11 (日)
劇場 BankART Studio NYK
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,000円
【発売日】
プロフェッショナル ¥0(予約不要)
オーディエンス ¥1,000(当日、パネル1〜3通して有効)
サイト

https://www.tpam.or.jp/program/2018/?program=politics-of-programming-panel-1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2.11 Sun 13:00 - 14:30
説明 普段と異なる場所へ招聘されると、その作品やプロダクションチームにとって、ある種の流通が始まる。このパネルでは、プログラミングの背後にある衝動やイデオロギー、それが都市や招聘されたカンパニーに与えた影響を見てゆく。異なる地域 — インド(アジア)とドイツ(ヨーロッパ) — の2人のフェスティバルからディレクターを招き、彼らが共にプログラムしたある作品について話してもらう。インドとドイツではプログラミングの戦略や動機はどう違うのか、マレーシアの作品がそこにどう納まったのか?
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2018/01/15 09:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/15 22:57 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大