演劇

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場

青年劇場スタジオ結(YUI) (東京都)

2018/02/17 (土) ~ 2018/02/26 (月) 公演終了

休演日:2月20日(火)

上演時間: 約2時間35分(休憩なし)を予定

戦争への道は、言論の排斥で作られていった!

今、必要なのは論理でも、理屈でもない!神ながらの道、国体明徴!
国粋主義を説き、「原理日本」を主宰する猿田彦市。京大の滝川教授、東大の美濃部達吉博士弾劾の急先鋒に立ち、世論の支持を受けた彼に近づく政治家、軍部、財界。彼らの支えが、猿田を増長さ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/17 (土) ~ 2018/02/26 (月)
劇場 青年劇場スタジオ結(YUI)
出演 杉本光弘、島本真治、奥原義之、浦吉ゆか、大山秋、矢野貴大、安田遼平、傍島ひとみ、沼田朋樹
脚本 久板栄二郎
演出 大谷賢治郎
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,800円
【発売日】
一般=4,500円
U30(30才以下)=3,000円
当日は各300円増

※料金はすべて消費税8%込です。
◎日時指定・自由席  ◎団体割引・障害者割引あり
◎劇場は階段を下りた地下にございます。
車椅子でのご入場はできませんのでご了承ください。
サイト

http://www.seinengekijo.co.jp/s/genri/genri.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月17日(土) 19:00
2月18日(日) 14:00 / 19:00
2月19日(月) 14:00
2月20日(火) 休演日
2月21日(水) 14:00 / 19:00
2月22日(木) 14:00
2月23日(金) 14:00 / 19:00
2月24日(土) 19:00
2月25日(日) 14:00 / 19:00
2月26日(月) 14:00
説明 戦争への道は、言論の排斥で作られていった!

今、必要なのは論理でも、理屈でもない!神ながらの道、国体明徴!
国粋主義を説き、「原理日本」を主宰する猿田彦市。京大の滝川教授、東大の美濃部達吉博士弾劾の急先鋒に立ち、世論の支持を受けた彼に近づく政治家、軍部、財界。彼らの支えが、猿田を増長させ、さらにその舌鋒は鋭さを増していくのだが・・・・。

1970年、久板栄二郎氏が劇団俳優座に書き下ろし、蓑田胸喜をモデルに戦後につながる狂信的国家主義者の姿を描き出した問題作が、憲法論議の高まる今、甦る!
その他注意事項
スタッフ 美術=池田ともゆき
照明=鷲崎淳一郎
音楽=青柳拓次
音響効果=坂口野花
衣裳=宮岡増枝
フィジカルトレーナー&演出助手=原田亮
ドラマトゥルク=広戸聡
宣伝美術=八木克人
舞台監督=松橋秀幸
製作=福島明夫
製作助手=広瀬公乃

[情報提供] 2018/01/09 10:23 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/09 10:23 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 松岡洋右氏の談話のうち記憶に残っているのは、氏がムッソリーニ氏から直接聞いたという一命題――「革命は精神の革命でなければ成就するものではない」というのであります。 (『原理日本(第十二巻第四号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  2. 戦争の勝者は、政権の持続的保持を約束されていない。保持には別の原理原則が必要。それを知らなければ、泰時にも敗滅と断罪が待っている。彼がそれを明恵上人に質問をしても不思議ではない『日本人を動かす原理・日本的革命の哲学』山本七平

    2年弱前

  3. 日の本のしきしまのみちたえせねばほろぶるあらじきよきいのちは /石井兄の悲しき御たよりをいたゞきて『原理日本』8-3(昭7・5・1)

    2年弱前

  4. ゆるみなきまことのこゝろことのはにあふれいづるぞしきしまのみち /甲斐より『原理日本』2-9(大15・10・1)

    2年弱前

  5. 大みうたをろがみよみて世のことのなりもならずもすゝみゆくべし /友に『原理日本』4-10(昭3・10・1)

    2年弱前

  6. いわゆる高度国防体制の完璧を期するためには自然科学と技術との画期的振興発達を要するのでありますが、これを統綜令括するものは現代俊傑の学としての精神科学で、新体制は総合科学としての国防哲学を要するのであります。 (『原理日本(第十七巻第一号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  7. 二十世紀の物理学は日本の長岡半太郎博士により「賢者の石」なくして「錬金術」の夢を実現した。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  8. 内閣に列し議会に立ちていふべきこといはぬ人らは猿よといひけ /友に『原理日本』11-1(昭10・1・1)

    2年弱前

  9. 何人と雖も「言即心」の言葉思想を離れて「行為」「業」を云々するものは唯物論者であり、それは人間生活の事実に違背する。思え、われらは頑是なき幼童生活より既に父母兄弟の「言葉の精神的空気」を呼吸して生いたちたるものなることを! (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  10. 最近『学苑』なる学術雑誌を発行されし北昤吉氏が依然としてリッケルト一派に固執せられつつあるは氏のためにまた日本思想界のために遺憾に御座候。 (『原理日本(第二巻第八号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  11. 「明治維新の大精神」とは何であったか?曰く「王政復古」! (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  12. 素行宣長松陰の思想はたゞしくあれどもことのははいまだし /かへし『原理日本』17-12(昭16・12・1)

    2年弱前

  13. 「思想よりも実行」という、しかしながら「不言実行」の人も内心に於いては言葉として思想し、思想しつつ行動する。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  14. たなすゑのみちの律動はことのはとおなじくつたへむひとのおもひを /河村兄に『原理日本』5-7(昭4・8・1)

    2年弱前

  15. レーニンは漫画の対象であり、それゆえ彼の全事業はメロドラマ悲喜劇であるけれども、人間レーニン、ロシアの愛国者レーニンはその残忍暴虐の権謀術策にもかかわらず、自己の失敗愚蒙を率直に告白する誠実を持っておった、それが彼の魅力の一であったのだ。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  16. コミンテルン中央執行委員の栄位を誇る片山潜の懐郷病の報道は既に久しい。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  17. 日比谷のあたり目に見る家屋に行くみちに君のみ魂にふるゝ思ひす /上領一郎遺稿集『原理日本』15-6(昭14・6・10)

    2年弱前

  18. 母国語は母の言葉以上のものである、それは精神的実在の母の言葉である。国語は任意の文化内容の単なる技術的表出手段ではない。文化内容そのものを規定するものが国語である。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  19. 慶大精神科学研究会が川合博士のもとに最近あらたなる活動を開始しておりますが、東大関係でも東大文化科学研究会が創立され『学生生活』と題する四六倍判二八頁定価拾五銭の雑誌の創刊を見るに至りました。 (『原理日本(第十四巻第九号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  20. 我等は独伊の全体主義思想運動に同情と敬意を表し日本がその正しき精神を理解し国体明徴と日本文化の開展とに資するべきを勧説しましたけれども、日本がそれを規範としそれに追従するという如きことのあり得べからざるはいうまでもないことであります。(『原理日本(第十五巻第五号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  21. われらの友蓑田大人のふみ学術維新原理日本となづけて世にいでぬ /シキシマノミチ会戦歿同人慰霊祭『原理日本』10-3(昭9・3・1)

    2年弱前

  22. 天つ日のおとなくそゝぐひろまへにつばらにあふぐ天つみさゝぎ /伏見桃山御陵参拝『原理日本』5-9(昭4・10・1)

    2年弱前

  23. レーニンは漫画の対象であり、それゆえ彼の全事業はメロドラマ悲喜劇であるけれども、人間レーニン、ロシアの愛国者レーニンはその残忍暴虐の権謀術策にもかかわらず、自己の失敗愚蒙を率直に告白する誠実を持っておった、それが彼の魅力の一であったのだ。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  24. 五月中旬には慶應義塾舊ホールに於いて第四回演説会を催し今回は村川堅固博士も出演あり「一考を請う」の題下に仏蘭西革命との比較に於いて露西亜革命に対する新見地よりの評論を下され申候。 (『原理日本(第二巻第六号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  25. 社会主義という言葉は日本語としてはどうもやまとごころにそぐわぬものと感ぜられます。 (『原理日本(第六巻第八号)』「消息」)

    2年弱前

  26. 天刑の病にくづるゝ前日のさまにも似たるか呼吸する醜塊 /議会制度『原理日本』13-3(昭12・5・1)

    2年弱前

  27. 日本人として日本語の達人となることなくして、外国語の達人となりえることはないのである。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  28. 神まつる昔のてぶりを現代文明の中に復興せしめ、文化の形式とその施設をば空吹きくる風のごとく身に受けて、心持ちよく進みましょう。そうしてわれらは田代順一兄の雄々しく進まれし道を、更に一歩一歩と続けて歩みましょう。 (『原理日本(第六巻第八号)』「消息」)

    2年弱前

  29. 南町塾を開かれし宅野田夫画伯をお訪ねしヤクート族の指導者ウイノコルフ氏ほか十数名の来訪者諸氏と宴席に列し共産党撃滅を期する対露攻勢戦略を謀議致しました。 (『原理日本(第九巻第二号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  30. 「日本」はわれらの人生価値批判の総合的基準---「原理日本」であり、宗教的礼拝の現実的対象---「永久生命」である。それは祖国日本を防護せむとする実行意志であり、「日本は滅びず」と信ずる一向専念の信仰である。

    2年弱前

  31. 日本に於いては「神」とは「みおやの神」であり、「千早ぶる神のひらきし道をまたひらくは人のちから」である。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  32. 観念論者よ、この設問に答えよ、――汝が意味と存在とまた価値と事実とを峻別し、存在事実を無視して意味価値の論理的妥当性を説く、その汝の「言葉」、汝の「人間的存在」そのものもまた、単なる論理的意味という如きものなりや、否や? (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  33. われら日本臣民は万邦無比の皇国国体の恩徳を謝しまつるに言葉なく、億兆一心ひたすら大政翼賛の臣道実践に邁進せねばならぬのであります。 (『原理日本(第十八巻第六号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  34. 原理日本社は人生と表現社とシキシマノミチ会との現代史的関連に於いて生れたものである。 (『原理日本社研究綱領』)

    2年弱前

  35. 「神」とは、超自然的でも超人間的でもなく、人間的であるけれども超個人的の永久生命、具体的には、「言葉」に客観化せられ確証せられる信楽礼拝の対象としての民族国民人類人道精神の連続無窮不可測不可思議の創造的開展に名付けるのである。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  36. 弁証法などいう迂遠なる概念哲学を持ち出すまでもなく、自然人生の如実の姿を見るならば、万物流転の相は直ちに何人にも看取せられるのである。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  37. 外交関係は力学的法則を思わしむるのでありますが、その内容は各国民の心理であり、これを統御して一定の方向に発動せしむることが政治家外交官の任務であることはいうまでもありません。 (『原理日本(第十二巻第四号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  38. 営内を向ふより来る吾子のすがた姿勢正しくたのもしきかな  みいくさに従ふなれば子とはいへど帽とりて正しく礼をかへせり /出征 面会の日『原理日本』18-5(昭17・5・1)

    2年弱前

  39. 観念論者よ、この設問に答えよ、――汝が意味と存在とまた価値と事実とを峻別し、存在事実を無視して意味価値の論理的妥当性を説く、その汝の「言葉」、汝の「人間的存在」そのものもまた、単なる論理的意味という如きものなりや、否や? (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  40. 月刊『原理日本』は、明治四十一年二月短歌雑誌アカネ発刊後思想評論の方面にその任務を展開せしめて『人生と表現』と改題し、三度之を『原理日本』と改題、新聞紙法により発行して満十年、今年十一月第百号を発行す。創業以来二十八年終始一貫日本主義の宣揚に盡せり。 (『山縣大貮研究』)

    2年弱前

  41. 宮崎五郎兄と江口先生ご令嬢の美代子さんとの間に御婚約が成りましたこと三井氏より消息中に御披露ありましたについては近く戦い斃れ亡き数に入られし諸同人を顧みシキシマノミチの前途を望みて悲喜の思いに堪えないのであります。 (『原理日本(第六巻第十号)』「編輯消息」)

    2年弱前

  42. レーニンの佞臣、ロシア精神の奴隷――日本共産党員らは、「論語読みの論語知らず」――徂徠の徒、闇斎の弟子らを笑う資格なき大正昭和のキリシタンバテレンである。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  43. 「思想よりも実行」という、しかしながら「不言実行」の人も内心に於いては言葉として思想し、思想しつつ行動する。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  44. つたへ来しうからの重荷一人せおひかなしきいのちいきむとねがひき /松田兄のしきしまのみち歌稿を拝見して『原理日本』8-5(昭7・7・1)

    2年弱前

  45. 神まつる昔のてぶりを現代文明の中に復興せしめ、文化の形式とその施設をば空吹きくる風のごとく身に受けて、心持ちよく進みましょう。そうしてわれらは田代順一兄の雄々しく進まれし道を、更に一歩一歩と続けて歩みましょう。 (『原理日本(第六巻第八号)』「消息」)

    2年弱前

  46. マルクス主義は「宗教の代用物」である。それは西欧近代の唯物論と社会事情とが生んだ現世利益宗教の最後の形態である。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  47. うつし世はかなしからずや思ふこと思ひてかたらずわかれ行くなり /上領一郎遺稿集『原理日本』15-6(昭14・6・10)

    2年弱前

  48. 日本人としては社会主義を奉ずるともマルクス主義レニン主義は捨てるべきである、儒教の研究から「中朝事実」に目覚めた山鹿素行の如くに。それで初めて真の社会科学の意味に於ける科学的社会主義の生ける実内容が具現せられよう。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  49. 支那日本の中世上代史に於ける井田法班田法に対する歴史的考察を遂げ、また実にロシア革命そのものに対する予断なき社会科学的研究をなしたならば、特に日本人としてマルクス主義共産主義の如きを盲信するが如き非科学的独断には陥るべくもないのである。 (『学術維新原理日本』)

    2年弱前

  50. 悪逆思想家の権藤成卿氏の如きが「日本主義運動の最右翼の指導者」として喧伝せられつつある現日本の思想的混乱が重大危機を蔵せるものなること今更いうも愚かにて、我らの責務のいよいよ重くして遠きを痛感三思せしめられるのであります。 (『原理日本(第九巻第四号)』「編輯消息」)

    2年弱前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大