演劇

維新派 びわ湖水上舞台公演

《彼》と旅をする20世紀三部作 #2

呼吸機械

デザイン:東 學(188)

0 お気に入りチラシにする

演劇

維新派 びわ湖水上舞台公演

呼吸機械

《彼》と旅をする20世紀三部作 #2

維新派

さいかち浜 野外特設劇場 <びわ湖水上舞台>(滋賀県)

2008/10/02 (木) ~ 2008/10/13 (月) 公演終了

休演日:6日〜8日

上演時間:

本作品「呼吸機械」は、2007年~2008年、国内三ヶ所を巡演した「<彼>と旅をする20世紀三部作」の第一部「nostalgia」の第二部となる公演です。「nostalgia」で芸術性と娯楽性の同居する奇跡の舞台と称され、ロードムービー的演劇の一つの形を提唱した流れのまま、維新派の最も得意とす...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

2008年10月、びわ湖水上特設ステージで公演予定の「呼吸機械」のムービーをお届けします。
この映像は、2008年4月に上演された、びわ湖プレビュー公演「聖・家族」と、早稲田大学演劇博物館で企画、展示されている「維新派展」のパフォーマンスで上演された、­同タイトルの短編作品から作られました。セリフは無く、役者の呼吸とステップのみで表現されたこの作品を解体、再構築し、今秋、びわ湖の水面に広大なステージを建設し、2­0世紀の歴史と地理を描く、三部作の第二部として上演いたします。

公演詳細

期間 2008/10/02 (木) ~ 2008/10/13 (月)
劇場 さいかち浜 野外特設劇場 <びわ湖水上舞台>
出演 他、岩村吉純、藤木太郎、坊野康之、森正吏、木戸洋志
脚本 松本雄吉
演出 松本雄吉
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 6,000円
【発売日】2008/07/13
・一般 ¥6,000
・18才以下  ¥5,000

<全席指定・税込> (当日券各500円UP)

※維新派でお申し込みされた方で、一回のお申し込みにつき5枚以上お買い上げの方は1枚につき500円割引

※「滋賀県立文化産業交流会館」でもチケット取り扱いあり
サイト

http://www.ishinha.com/index.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本作品「呼吸機械」は、2007年~2008年、国内三ヶ所を巡演した「<彼>と旅をする20世紀三部作」の第一部「nostalgia」の第二部となる公演です。「nostalgia」で芸術性と娯楽性の同居する奇跡の舞台と称され、ロードムービー的演劇の一つの形を提唱した流れのまま、維新派の最も得意とする野外で第二部「呼吸機械」を上演します。

今度の野外劇場は、<びわ湖水上舞台>。場所は長浜に近いさいかち浜、伊吹山を背中に海のごとき琵琶湖に向かう劇場、維新派としてはじめての試みの劇場です。湖に突き出した間口10間、奥行き10間の水上舞台、その先にさらに湖に沈む舞台が続きます。水面ぎりぎりに舞台の床を敷き、水の上に人が立っているような効果や、照明効果による湖面の美しさ、広大さの演出など、水上舞台の可能性を最大限に生かした野外劇場を建設し、維新派4年ぶりの野外公演を実現させます。
その他注意事項
スタッフ 音楽:内橋 和久
舞台美術:柴田 隆弘
照明:三浦 あさ子
照明協力:吉本有輝子・皿袋誠路・ピーエーシーウエスト
音響:松村 和幸(Kazuyuki Matsumura a.k.a ZAK)・田鹿充・move
舞台監督:大田 和司
SE:佐藤 武紀
衣装:維新派
衣裳協力:木村 陽子・高野 裕美
メイク:名村 ミサ・松村 妙子
宣伝美術:東 學(188)
宣伝文:村上 美香(188)
写真:福永 幸治(スタジオ・エポック)
ウェブ製作:中川 裕司(house-A)
印刷:翔樹
制作:山崎 佳奈子・清水 翼
制作協力:高岡 茂(スタジオデルタ)・小堀 純
協力:井上憲次・羽柴英明・金城恒次・池田剛・白藤垂人・阿部弘秀・栃下亮・柏木準人・大鹿展明・内田欽弥・百々寿治・田辺泰志・新宮延子・富島美奈・松下香代子

[情報提供] 2008/07/29 21:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/05/18 05:33 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大