演劇

東都舞台芸術研究所2ndシーズン

アンティゴネーの悲劇

0 お気に入りチラシにする

演劇

東都舞台芸術研究所2ndシーズン

アンティゴネーの悲劇

東都舞台芸術研究所

演劇フリースペース・サブテレニアン(東京都)

2017/12/15 (金) ~ 2017/12/17 (日) 公演終了

上演時間:

オイディプス亡き後テーバイ国を支配するクレオン王は、オイディプスの息子で勇敢に戦って戦死したエテオクレスを手厚く葬る一方で、戦場から逃亡した弟のポリュネイケスを見せしめのために惨殺し遺体を荒野に放置した。
後に残された二人の姉妹のうち、姉のアンティゴネは血を分けた兄の死体が野ざらしにされてい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/12/15 (金) ~ 2017/12/17 (日)
劇場 演劇フリースペース・サブテレニアン
出演 森衣里、増田翔子、大島康彰、庄司大希、瓜生田凌矢、徳永達哉
脚本 清水亜卵
演出 徳永達哉
料金(1枚あたり) 2,300円 ~ 2,500円
【発売日】2017/10/14
前売り2300円 当日2500円
※中学生以下無料
サイト

https://mobile.twitter.com/toutob2nd

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月15日(金)19:00
12月16日(土)15:00/19:00
12月17日(日)15:00
説明 オイディプス亡き後テーバイ国を支配するクレオン王は、オイディプスの息子で勇敢に戦って戦死したエテオクレスを手厚く葬る一方で、戦場から逃亡した弟のポリュネイケスを見せしめのために惨殺し遺体を荒野に放置した。
後に残された二人の姉妹のうち、姉のアンティゴネは血を分けた兄の死体が野ざらしにされていることに納得できず、王であり叔父であるクレオンと対立し刑死を受けてでも兄の遺体を葬ることを選ぶ。一方、一番下の妹イスメネは姉とは異なる道を選択するが……。

「アンティゴネー」の悲劇性とは何なのか。ソポクレスとブレヒトのテキストをベースに、現代における「集団」と「個人」、そして「狂気」について考察していく。
その他注意事項
スタッフ 脚本協力:野暮十十
衣装:上條遥か
音響効果:清水慧
照明:嶋田亮(サテライト東京)
制作:木原史香
企画・製作:東都舞台芸術研究所

[情報提供] 2017/11/20 13:16 by 東舞研

[最終更新] 2017/11/20 13:17 by 東舞研

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

とくなが

とくなが(0)

「アンティゴネーの悲劇」、演出・出演しています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大