山歩き 公演情報 山歩き」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-6件 / 6件中
  • 満足度★★★★

    まず、日本ではお目にかかれない作品であろう。
    日本の演劇は、日本の現代に対するマクロな視点が抜け落ちている。現代の個人を描いた作品はゴマンとあるが、現代の社会に向き合ったものは、中々、ない。社会的な対立に踏み込む恐れもあるからだろう。
    が、同作は、ネット社会やグローバル化、それに伴う新たな形のナショナリズムの勃興など、諸問題を炙り出している。
    テレビやラジオ、勿論、ネットなどなかった時代に、演劇が担っていたであろう風刺や、警鐘といった役割が、今でもドイツではちゃんと意識されていることが理解できた。
    私自身の演劇に対する向き合い方に、一石を投じてくれた作品でした。

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/12/15 (金) 19:00

    I.N.S.N.企画と書いて“いなせなプロジェクト”と読ませる。翻訳者・俳優である長田紫乃と俳優・増岡裕子(文学座&江古田のガールズ)による演劇ユニットだ。
    このユニットは旗揚げの「新・スチュワーデス物語」で度肝をぬかれ、その後ずっと観続けているが、驚くのは「金色の龍」や「カスパー ホイザー メア」といった今まさにドイツで上演されている戯曲を長田が翻訳して上演するということや、渋谷・LE DECOに原田大二郎を、新宿・タイニイアリスにいしだ壱成をといった、劇場の規模の小ささからは考えられない俳優を客演に迎えるといった大胆さだ。
    そんなI.N.S.N.企画の3年半ぶりの公演…こんなに間が空いたのは、長田が文科省の新進芸術家海外研修でベルリンに長期渡欧中であることと、おまけに増岡まで今春ブラジルへと2年間の予定で旅立ってしまったからだ。
    が、長田はこの7月に青山二丁目のドイツ文化センターでのゲーテ・インスティトゥートのリーディング公演でも一昨年にドイツで初演された「観客たち」を翻訳して提供していた。今回の「山歩き」もその「観客たち」と同じマルティン・ヘックマンスの作品で、昨年ドイツで初演されたものという。演出は小山ゆうな。
    長田も一時帰国して出演している。因みに増岡も一時帰国中だが、彼女は本籍の文学座で「鳩に水をやる」に出演中のため、この公演には顔を出せず…。 

    ANAインターコンチネンタルホテル東京の裏にある赤坂エノキザカスタジオは普段は演劇公演に貸し出していないというから、ここへ来るのは前回のI.N.S.N.企画の公演「カスパー ホイザー メア」以来だが、わかりやすい立地だけに、迷うことなく開演の50分前に到着。寒いので地下で受付が始まっており、ホワイエで開場を待つ。 

    【後日、詳しく追記予定です】

  •  劇構造をヤスミナ・レザの作品(映画 『おとなのけんか』、舞台シスカンパニー
    『大人は、かく戦えり』など)世界に借りてはいるが独自の展開をさせており
    キャスティングの妙とそれに応えた俳優陣の熱演怪演(?)に支えられ確かに
    メリハリのあるおもしろい作品に仕上がっている。 

     ただ、この翻訳者の訳し癖なのか普通に使われている日本語の意味合いとは
    ずれているカタカナ語を逃避的に多用するため聴いていて意味が取りづらい
    ところがあったり邦題のネーミングなど翻訳へのこだわりというか粘り強さ
    が欲しいところ(ゲーテ・インスティトゥートでの夏のリーディング公演の時
    にも感じたが)。

     また、会場の制約や時間不足があったのかもしれないが、最後の場面
    (原著をみないと詳細はわからないが)は、あれでは単なるおまけ付け足しに
    とられかねないので演出的にもう少し工夫が欲しい。ボードへの
    Der Teufel träg(e)t Hosenanzug. の原語での書き込みは、日本語上演なので
    日本語表記か日本語併記をとるべきで(ゲーテ・インスティトゥートのお先棒
    を担いでいるところもありドイツ語学習の宣伝にはよいかもしれないが、
    正対する客席の向かい側の年配の御婦人方が口をポカンと開けて?の顔を
    されていたのが印象的)、演出者自らが、Der Teufel trägt Hosenanzug.
    のごとく、言葉の壁で排除排斥の一例を実践してみせてくれた舞台でもあった
    (Hosenanzugはパンツスーツのことで、全文でそれを身に着けている特定の物
    か者を指す作品外の暗喩の意味もあるはずで現地の観客にはピンとくるのだろうが、
    日本ではこれ以上は不明。そういう意味ではまさにホットすぎる現代劇で
    それゆえかえって翻訳や演出がやっかいなのもわかるのだが)。

  • とんでもなく面白いドイツの現代劇。約75分弱。インターネットがもたらした革新的変化に適応、反発、または乗り遅れる人類を赤裸々に描く。グーグル先生が両親より賢くなった今の、教育とは。人類は常に過渡期にあり、新たな問題にぶつかって、愚行を繰り返すものなんだな…。

    ネタバレBOX

    山の頂上で自分が消滅するほどの覚醒状態を体験した15歳のマリーは、一体となった相手のクララと、これからどういう関係を作っていくのかしら。
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/12/14 (木) 19:00

    需要と供給と秩序と性教育について概念だけが飛び交う会話劇。
    この大人たちはどれだけ溜めていたんだエネルギー?

    兎に角。素人でもわかる素晴らしい演出。
    飛び交う会話は「割と難しい」。でも細かい演出は見ていてどれもワクワク。
    モロ師岡さんの抑揚ある台詞回しもgood。
    激論する単調なシーンはバランスボールや椅子に立ち上がるさまが緩和していく。
    狭い空間でもしっかりと計算された演出は唸るしかありません。

    ラスト"彼女"の姿に疑問も帰路中に気付く「アマルの親が欠席した理由だよ!」
    同時に彼女が白板に書いた文字を書き留め忘れた後悔が押し寄せて来ました。

    あと「スリッパ」。
    モロさん最初は履くか履かないか迷っていたのに。
    椅子に立ち上がるとき最初はちゃんと脱いで両手に持って叩いていたけど、終盤はそのまま立ち上がっていました。
    場になれたのか、興奮したのか、威圧感をあえて出したのか。
    うーん、気になる演出。

    演出の小山さん次回作品が配布されたフライヤーの中にあり。行こうかな。

  • モロさん、やり過ぎー。
    観客だけでなく、役者も吹き出すの堪えていたんですもの。
    腹筋鍛えさせてもらいました。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. イナセナ企画「山歩き〜♡がきれいなの」舞台写真 撮影 トーブロン・ギョーム ハネ(氏家恵)の写真アップします。 https://t.co/hV3uTYUB7W

    Dryxgjgueaam88y Dryxgjivqaanpph Dryxgm6v4aafrsz Dryxhb4ueaaqef6

    10ヶ月前

  2. 今週更新された劇団 1 イナセナ企画 I.N.S.N Project https://t.co/sR8swLdnJo 最新作「山歩き」他3作品の劇評をお読みいただけます https://t.co/SraOWq19sO #演劇 #舞台 #劇評

    10ヶ月前

  3. 昨日、観劇したイナセナ企画の「山歩き」(エノキザカスタジオ)は社会性の高い、示唆に富んだ作品であった。 ラスト、その場では笑えたけど、後から考えると怖い。

    10ヶ月前

  4. 来年お世話になる小山ゆうなさんが演出している舞台、イナセナ企画「山歩き」を観劇☺︎!@赤阪エノキザカスタジオ なんだか新ジャンルでした。目撃しちゃった感!新鮮! マリーちゃんが、美しかった✨

    10ヶ月前

  5. トラッシュで共演させてもらってからのお知り合い氏家恵嬢が出演中のイナセナ企画公演みてきました。モロ師岡さんも出られてて、相変わらず面白い動きされてました。溜池山王にて。 https://t.co/2VBi9E3FSH

    Drkv m9vqaa8epu

    10ヶ月前

  6. 「山歩き♡がきれいなの」イナセナ企画第5回公演(@エノキザカスタジオ) を投稿しました。 https://t.co/ZTkbP5zQ39 https://t.co/cbdZY5G0wN #エキサイトブログ

    Dridjp3u8aa0ioh

    10ヶ月前

  7. イナセナ企画「山歩き」観劇。 大人も子供も性に翻弄されつつ、ドイツ人の脚本という事を自分なりに踏まえて信仰や人種、時代と青春、学問、詩、社会問題など、色々詰まった舞台だと感じた。 生きるってそういうことだもんね、と。 現代の海外の戯曲を観られるのは面白い。

    10ヶ月前

  8. イナセナ企画『山歩き ♡がきれいなの』71年生まれのドイツの劇作家ヘックマンスの最新作を小山ゆうな演出で。子供のPCからセックス動画が発見され、親が集まって協議するうち、大人達の価値観や問題が露呈し…。シニカルなユーモア溢れる快作… https://t.co/stU5Y48bG7

    10ヶ月前

  9. イナセナ企画「山歩き」観劇。ドイツらしい作品で👍

    10ヶ月前

  10. イナセナ企画「山歩き〜♡がきれいなの」初日あけました! ・ お客様か出演者かわからないくらいの距離感でかなり濃密にやります。 でも短い芝居なので大丈夫ですよ〜 初日の感じだと好評みたいでヨカッタ… https://t.co/egELLt9PzH

    10ヶ月前

  11. イナセナ企画ももう5回目ですか。立派立派!『山歩き❤️がきれいなの』おもしろかった!スーパーブルジョア狂想曲って感じで、ブラックブラックな切れ味鋭いコメディ1時間ちょい。こんなんなら、毎晩でも見たい。酒でも飲みながら!って感じでし… https://t.co/QJjmVi6dn5

    10ヶ月前

  12. イナセナ企画『山歩き❤がきれいなの』エノキザカスタジオ。子供の性の問題への対応を通して、大人の様々な問題が明らかに。取って付けたようなラストのセリフが、移民排斥感情をあらわにする。社会問題を探究するドイツ現代演劇らしい作品だか、語り口はポップで間口は広い。俳優もいい。

    10ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大