演劇

東京演劇集団風創立20周年記念企画 ベルトルト・ブレヒト作品3本連続公演

演劇

東京演劇集団風創立20周年記念企画 ベルトルト・ブレヒト作品3本連続公演

乞食 あるいは 死んだ犬

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2008/07/28 (月) ~ 2008/08/03 (日) 公演終了

上演時間:

20世紀を闘い生きた詩人ブレヒト、20世紀の演劇の改革者ブレヒト-
劇団創立20周年を迎え、第二創生期に立つレパートリーシアターKAZEは、
ブレヒトの持つ時代精神を探求し、ブレヒトに触発された身体を通じて、
現代における演劇とは何かを思考する-

乞食(オリビエ・コント)は愛犬を亡...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/28 (月) ~ 2008/08/03 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 オリヴィエ・コント、イワナ・クラチュネスク、田中悟、佐藤勇太
脚本 ベルトルト・ブレヒト
演出 浅野佳成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2008/06/19
当日:4000円/前売:3800円/学生:3300円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 20世紀を闘い生きた詩人ブレヒト、20世紀の演劇の改革者ブレヒト-
劇団創立20周年を迎え、第二創生期に立つレパートリーシアターKAZEは、
ブレヒトの持つ時代精神を探求し、ブレヒトに触発された身体を通じて、
現代における演劇とは何かを思考する-

乞食(オリビエ・コント)は愛犬を亡くし、悲痛の淵にいる。城門にうずくまっている乞食に、戦勝祝賀会に出かけようとする皇帝(イワナ・クラチュネスク)が声をかける。
乞食は言う「敵を殺しただけで勝ったのではない。白痴が白痴を殺しただけだ」。
皇帝と乞食の会話は全くかみ合わず、いつしか2人の立場を逆転させる……。

世界でもほとんど上演されていない、若きブレヒト21歳にして書いた短編茶番劇に芸術監督 浅野佳成がワールドワイド・プロジェクトで挑む。〈ビエンナーレKAZE演劇祭2003〉から堅実に信頼関係を築いてきたフランスの名優オリビエ・コントと、彼が信頼を寄せるルーマニアの国民的女優イワナ・クラチュネスク、美術にはポーランド在住のKAZEのメンバー=ズザンナ・ピョントコフスカ、照明はフランス・ブリニー劇場の芸術監督フランソワ・シャファン。
KAZEのブレヒト新作、アナーキーな展開に注目されたし! フランス語上演(字幕付)
その他注意事項 後援:在日フランス大使館/駐在日ルーマニア大使館/中野区
助成:EU・ジャパンフェスト日本委員会
スタッフ 訳:岩淵達治
音楽:八幡茂
舞台美術:ズザンナ・ピョントコフスカ
照明:フランソワ・シャファン
舞台監督:長谷川敬久 協力:篠木あかね(DOG GOD)

[情報提供] 2008/06/30 15:29 by 東京演劇集団風

[最終更新] 2008/06/30 15:44 by 東京演劇集団風

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大