演劇

日本-デンマーク国際共同制作

—『悪魔の家のアナーキスト』より—

セリーヌの世紀

デザイン:STUDIO TERRY "OVERGROUND"

0 お気に入りチラシにする

演劇

日本-デンマーク国際共同制作

セリーヌの世紀

—『悪魔の家のアナーキスト』より—

劇団解体社

左内坂スタジオ(東京都)

2017/03/22 (水) ~ 2017/03/31 (金) 公演終了

休演日:3月27日[月]、28日[火]

上演時間: 約1時間40分(休憩なし)を予定

「永遠に人前に出せない作家」、ルイ・フェルディナン・セリーヌ。
総力戦の耳鳴りに取り憑かれた元・胸甲騎兵は、反ユダヤの記号を跳ね板に錯乱の度を加速、やがて狂乱・虚飾・迫害の共和国を逃れ、第三帝国の廃墟を縦断、ついにはコペンハーゲンの監獄へと辿り着き、白と黒と黄色の黙示録的シンフォニーをひとり...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/22 (水) ~ 2017/03/31 (金)
劇場 左内坂スタジオ
出演 熊本賢治郎、日野昼子、中嶋みゆき、青田玲子、石井康二、矢部久美子、毛利綾花、福島恵実、平地康浩、森澤友一朗、杉浦千鶴子、MadsMazantiJensen
脚本
演出 清水信臣
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2017/02/05
2500円
サイト

http://www.kaitaisha.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2017年
3月23日 [木]・24日 [金]・25日 [土]・26日 [日]
29日 [水]・30日 [木] ・ 31日[金]
各日20時開演(受付開始30分前、開場15分前)
説明 「永遠に人前に出せない作家」、ルイ・フェルディナン・セリーヌ。
総力戦の耳鳴りに取り憑かれた元・胸甲騎兵は、反ユダヤの記号を跳ね板に錯乱の度を加速、やがて狂乱・虚飾・迫害の共和国を逃れ、第三帝国の廃墟を縦断、ついにはコペンハーゲンの監獄へと辿り着き、白と黒と黄色の黙示録的シンフォニーをひとり口ずさむ。
劇団解体社は「セリーヌの世紀 三部作」を通して、20世紀の贖罪山羊(スケープゴート)たるセリーヌの文体/身体/音楽/神経/人体を賭け金に、来るべき「証言の演劇」に取り組んできた。新たなこのプロジェクトでは、彼の亡命の終着地であるデンマークで活動し、セリーヌに強い関心を抱き続けてきた二人の詩人・劇作家との共同作業に着手する。
終焉を欠いた、「セリーヌの世紀」を前にして。
その他注意事項
スタッフ 振付/日野昼子
テキスト監修/森澤友一朗 Mads Mazanti Jensen
照明/河合直樹 (有)アンビル
照明操作/川口典成(ピーチャム・カンパニー)
音楽・音響/落合敏行
映像・技術監督/鈴木宏侑
宣伝美術/Studio Terry "overground"
制作/森澤友一朗 Mads Mazanti Jensen

[情報提供] 2017/02/12 18:03 by 雲雀亭

[最終更新] 2017/02/12 18:03 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大