だいこん・珍奇なゴドー

0 お気に入りチラシにする

流山児★事務所

ザ・スズナリ(東京都)

2017/03/15 (水) ~ 2017/03/22 (水) 公演終了

上演時間:


『だいこん・珍奇なゴドー』とは・・
2014年、ゴーリキーの『どん底』を下敷きに、何とも奇っ態、いたって破天荒、絶望の喜劇と評された『どんぶりの底』に続き、戌井昭人が流山児★事務所に書き下ろす第2弾は、ノーベル文学賞受賞作家:サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』をモチーフにした新...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/15 (水) ~ 2017/03/22 (水)
劇場 ザ・スズナリ
出演 塩野谷正幸、佃典彦(劇団B級遊撃隊)、伊藤弘子、月船さらら(métro)、山﨑薫、栗原茂、谷宗和、佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈、大久保鷹、土井通肇(元祖演劇乃素いき座)
脚本 戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)
演出 流山児祥
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】2017/01/15
<全席指定>
一般:4,000円(当日4,500円)
U25・学生割引:3,200円(当日3,500円)
高校生以下:1,000円(前売・当日共に)
*U25(25歳以下)、学生、高校生以下の取扱はザ・スズナリと流山児★事務所のみ。学生証あるいは年齢のわかるものを提示していただきます。
*当日券は、開演の1時間前より劇場入口で発売いたします。
サイト

http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-daikon.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月15日(水)19時
3月16日(木)19時
3月17日(金)19時30分
3月18日(土)14時/19時
3月19日(日)14時
3月20日(月・祝) 14時
3月21日(火) 14時/19時
3月22日(水) 14時
説明
『だいこん・珍奇なゴドー』とは・・
2014年、ゴーリキーの『どん底』を下敷きに、何とも奇っ態、いたって破天荒、絶望の喜劇と評された『どんぶりの底』に続き、戌井昭人が流山児★事務所に書き下ろす第2弾は、ノーベル文学賞受賞作家:サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』をモチーフにした新作です。究極の無意味とエンターテインメントが交錯し、不条理を超えた人間の存在を描く音楽劇にご期待ください。

あらすじ
どこかの薄汚い場所に、男二人組、女三人組がいる。彼らはヘモロゲさんがくるのを待っています。ヘモロゲさんが来れば、なにか良いことがあるらしい、でも、それがどんなことなのか、明確にはかわかりません。しかし待っても待っても「ヘモロゲさん」は現れません。やって来るのは、なんだかわけのわからない人ばかり、ヘモロゲさんに関係あるのかないのか? 人間に台車をひかせてる大根好きな男や、鶴を鉄砲で撃ちたくて仕方がない男、占いババア、よくわかならない親子、などなど、やって来ては去っていき、時間がどんどん流れていきます。そして、いつまで経っても、ヘモロゲさんはやって来ないのです。
その他注意事項 18日(土)19時の回、アフタートーク開催
ゲスト:タニノクロウ(庭劇団ペニノ)×作家:戌井昭人×演出:流山児祥

★感謝イベント開催!★
 劇団員が心をこめておもてなしをします!
 日程:3月19日(日)18:00より
 会場:ザ・スズナリ
 入場料:1,000円(ドリンクつき)
スタッフ 音楽:栗木健
振付:北村真実(mami dance space)
演奏:栗木健、諏訪創

【美術】中根聡子
【照明】沖野隆一(RYU CONNECTION)
【音響】島猛(ステージオフィス)
【衣裳】大野典子
【舞台監督】岡島哲也(ヨルノハテ)
【制作】米山恭子
【演出助手】畝部七歩
【舞台監督助手】山下直哉、冨澤力、柏倉太郎
【衣裳助手】平野直美、星美咲
【制作助手】竹本優希
【宣伝美術】Flyer-ya
【宣伝映像】コラボニクスフィルム
【協力】アベベネクスト、フレンドスリー、ワタナベエンターテインメント、ワンダー・プロ

[情報提供] 2017/01/30 18:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/01/30 18:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大