野の人・西行考 公演情報 野の人・西行考」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 2.0
1-5件 / 5件中
  • 満足度

    少々辛い時間でした。。。
    初めて拝見させて頂いたのですが…申し訳ないです、【語り】調ベースがあまり自分が好まないので、正直楽しむことが出来ませんでした。。。

    しかし、バンドの方(特にドラムのお方)のあのニコニコとした笑顔と少々大きいリアクション?が結構ツボでした(笑)
    効果音を全て?担っているのも新鮮で面白かったです。
    特殊効果音ではない素の音なのに、それがマッチしているから不思議です♪

    出演されている役者さん方々のまるで歌のハモリのような朗読(?)の重ねあいは、結構な迫力もあり、語りだけではないシーンもあったので、ところどころは楽しめたかと思います。発声もしっかりしてましたし、聞いててすっきりはするんですが…でもやはり講義を受けてる気になってしまい、疲れちゃいました。
    西行さんのことが大好き或いは歴史が大好きな方ならあるいはもっと楽しめる舞台だったのかも??

    できれば次は、物語的ストーリーを演じる皆さんを拝見させて頂きたいです。

  • 満足度★★

    うーん、今回は・・。
    いつものように生バンドが入り、部分的に楽しめたものの・・。

    以下はネタバレBOXに。。

    ネタバレBOX

    とにかく、説明が殆ど占めてた舞台でした。

    西行法師の説明や和歌の読み聞かせなど、授業的要素満載で、芝居とゆうより、語り部でした。

    途中、ちょっと眠くなってしまった。

    全体的の流れが穏やかで芝居の起伏がないものだから、空気が平坦でそのゆるりとした空間が睡眠を誘う。


    今回は説明に力を入れ込み過ぎて観客が何を観たいか?どんな芝居を欲してるか?を完全に無視した芝居でした。

    芝居って、主宰者が言いたい事だけを並べる手法では観客は離れる気がする。

    観客の要求に答えながらも、それでもちょっとだけ、自分達の言いたい事も言おうよ。って程度が良い様な気がするが、いかがなんでしょか?



  • 満足度★★★

    発声は見事です
    相変わらず発声は見事です。腹の底から声を出しています。ただ,今回は解説が多すぎましたね。能の舞台はさすがですので,また「能」のときに観に行きます。

  • 満足度★★

    最初は
    「生バンド演奏があり なかなか斬新な内容なのかな?」と期待したのですが
    ずっと語りばかりで飽きてしまいました・・・

    お芝居を観にいったのに、眠たい授業を受けているようで(笑

  • 満足度★★

    残念ながら・・・
    黒子の数は多けれど 枯れ木も山の 賑わいぞ哀し・・・の印象です。
    能もバンドもコントもどうも自己満足。観客に伝わってこない。開演前の舞台を観たときは、「おっと、これは何か始まるぞ!」と言う期待感があったのだが非常に残念。観客は古典の学習に行ってるわけじゃないよ。どう、演じるかを見に行ってるんだから、そこを間違えては困る。子ラボの発想はカッコいいと思う。

    ネタバレBOX

    主役らしき?女性は先生を演じていたのかな?説明ばかりで耳障りだった。

このページのQRコードです。

拡大