舞踊・バレエ

新国立劇場バレエ研修所の成果

エトワールへの道程2017

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

エトワールへの道程2017

新国立劇場バレエ研修所の成果

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2017/02/11 (土) ~ 2017/02/12 (日) 公演終了

上演時間:

第12期生​は修了公演となる今回の「エトワールへの道程」で、これまでの研修の集大成としての舞台を披露します​。
​クラシック・バレエ作品では、ロマンティック・バレエとして知られる『ラ・シルフィード』からパ・ド・ドゥ、プティパの名作『ドン・キホーテ』『白鳥の湖』より抜粋​、こ​の3作品で第12...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/02/11 (土) ~ 2017/02/12 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,240円 ~ 3,240円
【発売日】2016/12/15
<全席指定>
3,240円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/performance/161120_009333.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月11日(土・祝)14:00
2月12日(日)14:00
説明 第12期生​は修了公演となる今回の「エトワールへの道程」で、これまでの研修の集大成としての舞台を披露します​。
​クラシック・バレエ作品では、ロマンティック・バレエとして知られる『ラ・シルフィード』からパ・ド・ドゥ、プティパの名作『ドン・キホーテ』『白鳥の湖』より抜粋​、こ​の3作品で第12期生が主要な役を務めます。また、コンテンポラリー​・ダンス​作品では、新国立劇場バレエ団ファースト・ソリストとして活躍し、近年は振付にも意欲的な貝川鐵夫による新作を上演します。​「肉体が音と​結びつき、空間とも融合し、本来あるべき姿を探る」をコンセプトに、研修生達がバレエダンサーとしてこの演目にどう向き合うのか、どうぞご期待ください。

プログラム
※都合により、内容等変更になる場合がございます。ご了承ください。

『ドン・キホーテ』より抜粋
音楽:レオン・ミンクス
原振付:マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴルスキー
改訂振付:アレクセイ・ファジェーチェフ

『白鳥の湖』第3幕より
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
原振付:マリウス・プティパ

『ラ・シルフィード』第2幕より パ・ド・ドゥ
音楽:ヘルマン・ルーヴェンシュキョル
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル

『Space that leads』
音楽:リヒャルト・ワーグナー
振付:貝川鐵夫
その他注意事項
スタッフ 【指 揮】デヴィッド・ガルフォース
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

主催:文化庁、新国立劇場

[情報提供] 2016/12/19 16:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/19 16:03 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大