演劇

ガチゲキ presents

愛知のオンナ

0 お気に入りチラシにする

演劇

ガチゲキ presents

愛知のオンナ

タンバリンステージ

Geki地下Liberty(東京都)

2017/01/18 (水) ~ 2017/01/22 (日) 公演終了

上演時間:

トラウマを抱えたオンナが1人。
後悔し続けているオンナが1人。
やきもきしているオンナが1人。
それらに全く関心のないオトコが1人。
そんな4人に訪れた、とても穏やかで優しい時間。

舞台は夕暮れのとある中学校。結婚を控え、15年ぶりに地元愛知に戻ってきた泪(ルイ)。地元愛知でOL...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/01/18 (水) ~ 2017/01/22 (日)
劇場 Geki地下Liberty
出演 渡辺和貴、高橋明日香、フォンチー、大島翠(シアトル劇団子)
脚本 石山英憲(シアトル劇団子)
演出 石山英憲(シアトル劇団子)
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 4,500円
【発売日】2016/12/10
S席(前売り)4,500円(指定・税込み)
A席(前売り)3,800円(自由・税込み)
サイト

http://www.tambourine.co.jp/stage/aichi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月18日(水)19:00
1月19日(木)19:00
1月20日(金)14:00/19:00
1月21日(土)14:00/18:00
1月22日(日)13:00/17:00
説明 トラウマを抱えたオンナが1人。
後悔し続けているオンナが1人。
やきもきしているオンナが1人。
それらに全く関心のないオトコが1人。
そんな4人に訪れた、とても穏やかで優しい時間。

舞台は夕暮れのとある中学校。結婚を控え、15年ぶりに地元愛知に戻ってきた泪(ルイ)。地元愛知でOLをしている愛(アイ)。役者の夢を追いかけ続けている瞳(ヒトミ)。3人は中学時代の演劇部の同級生。いつも一緒でいられると思っていたあの頃。いつの間にか時は経ち、それぞれの道を歩んでいた。結婚式での「お祝いコメント」をもらうため、泪はカメラマン・尾美とともに母校の前で愛を待っていた。中3以来の久々の再会に喜ぶ泪と愛だったが、そこへ呼んでいるはずのない瞳(ヒトミ)が姿を現し、
ムードは一気にギクシャクした雰囲気に。泪と瞳の間には一体何があったのか。
「これから私の夫になる人へ…。結婚するにあたって貴方にどうしても知っておいて欲しい事があるんです。」
15年前のあの日。3人の中で止まっていた時間は再び動き始める……。
その他注意事項 映像とは違い、全く同じステージングを再現できないのが芝居の醍醐味。果たして貴方が劇場で目撃する一回は、演出家の思い通りの出来なのか?そして役者は自身が想い描いた通りの演技を披露する事が出来たのか?日々稽古を重ね、演出家と役者が追い求めた理想の形とは何だったのか?
本編70分のお芝居と演出家と出演者がトークショウ形式でお送りする20分のガチ答え合わせ(ダメ出し)がセットになった演劇ショウ。それが『ガチゲキ』。
これはもはや演劇ではない・・・ドキュメントだ!いや芝居だ!
スタッフ 舞台監督:土方健太郎
照  明:山家利紗(Lightshop Neo)
音  響:須坂あゆみ
演出助手:三上彩音
協  力:あおい・シアトル劇団子
プロデューサー:堀口聖一  

[情報提供] 2016/11/26 17:12 by プロデューサーH

[最終更新] 2016/12/11 14:56 by プロデューサーH

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

プロデューサーH

プロデューサーH(0)

新趣向「ガチゲキ」、宜しくお願いします!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大