演劇

杜の都の演劇祭2016 -ひろがって-

エクスチェンジプログラム 「夢十夜」

出典:新潮文庫 「文鳥・夢十夜」

杜の都の演劇祭プロジェクト

一軒家居酒屋大町へそのを(宮城県)

2017/01/11 (水) ~ 2017/01/11 (水) 公演終了

上演時間:

小説によるリーディングパフォーマンス、上演時間約60分。

「夢」という枠組みで描かれる十の物語。愛する女が死後に百合に転生する物語(第一夜)、背中におぶった自分の子どもが突然石地蔵のように重くなる物語(第三夜)、豚嫌いの男が豚に襲われて鼻をなめられてしまう物語(第十夜)など、夢ならではの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/01/11 (水) ~ 2017/01/11 (水)
劇場 一軒家居酒屋大町へそのを
出演 山本晃子(百景社)、国末武(百景社)
脚本 作:夏目漱石
演出 プログラムディレクター・演出:志賀亮史(百景社)
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】2016/11/19
料金:3,000円(へそのを特製膳&ワンドリンク付き)
※上演前に飲食の提供があります
サイト

http://www.morigekisai.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
【公演日時】
2017年1月11日(水)13:30

【会場】一軒家居酒屋大町へそのを
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目6-4
説明 小説によるリーディングパフォーマンス、上演時間約60分。

「夢」という枠組みで描かれる十の物語。愛する女が死後に百合に転生する物語(第一夜)、背中におぶった自分の子どもが突然石地蔵のように重くなる物語(第三夜)、豚嫌いの男が豚に襲われて鼻をなめられてしまう物語(第十夜)など、夢ならではの不条理な展開の中に、人間が持つ願望、期待、不安、恐怖が描き込まれている。「坊ちやん」「三四郎」「こゝろ」といった漱石の小説群とは、また違った魅力と味わいが感じられる作品。
その他注意事項 9年目を迎える今年は「ひろがって」をテーマにお届けします。
言葉で街を包む、浸透していく風景を 拡げてきた杜の都の演劇祭。震災から5年を過ぎた現在、新たに外の視点を意識。自覚することで、作品の世界感や私たちの日常を再認識する機会を創りたいと思います。今年も冬の仙台で、演劇と食による豊かな時間を刻みます。
スタッフ

[情報提供] 2016/11/17 20:51 by hitomix

[最終更新] 2016/11/17 20:53 by hitomix

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー6

はんち

はんち(0)

お手伝いしています。

殿下

殿下(0)

お手伝いしています。

megu

megu(3)

スタッフです

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大