演劇

西地区のふるさとの歴史再発見事業/劇団120○EN 第20回公演

-信達義民芝居 太郎右衛門-

思わざらまし 六つの花

デザイン:鈴木里実

0 お気に入りチラシにする

演劇

西地区のふるさとの歴史再発見事業/劇団120○EN 第20回公演

思わざらまし 六つの花

-信達義民芝居 太郎右衛門-

劇団120◯EN

旧廣瀬座(福島県)

2016/10/16 (日) ~ 2016/10/16 (日) 公演終了

上演時間:

享保年間、陸奥国信夫郡。

長雨による凶作と代官による圧政で、人々は飢え苦しんでいた。
この地の名主・太郎右衛門は、大森代官・岡田庄太夫に年貢の軽減を嘆願する。
しかし、岡田からの答えは―

「百姓は藁に糠を混ぜて喰え。子ども、老人は役に立たぬ者なれば死んでも良い」

彼の願い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/16 (日) ~ 2016/10/16 (日)
劇場 旧廣瀬座
出演 那須大洋、清野和也、安達駿希、ヒーター高橋、萩原功太、白根愛美、鈴木里実、押切ミチル、奈良夏妃、大信田勇太(客演)、小池広朗(客演)、齋藤瑠偉(客演)、金澤史苑(劇団24)、オムチカ(劇団空白欄)
脚本 清野和也
演出 齋藤勝之
料金(1枚あたり) 0円 ~ 500円
【発売日】
一般 500円
中学生以下無料
サイト

http://120en.com/nextstage/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月16日(日) 10:30~ / 14:00~
説明 享保年間、陸奥国信夫郡。

長雨による凶作と代官による圧政で、人々は飢え苦しんでいた。
この地の名主・太郎右衛門は、大森代官・岡田庄太夫に年貢の軽減を嘆願する。
しかし、岡田からの答えは―

「百姓は藁に糠を混ぜて喰え。子ども、老人は役に立たぬ者なれば死んでも良い」

彼の願いは聞き入れられず、逆に代官に疎まれ命を狙われることになる。太郎右衛門を救ったのは星神を祀る部族の末裔・シケだった。

彼らは、村人たちの住む村を救うため江戸幕府将軍、徳川吉宗へ命がけの直訴を試みるのだが…

5周年を迎える 120○ENが福島で語り継がれる義民伝を今へと紡ぐ農民劇。
その他注意事項 公演当日は民家園全体が義民顕彰祭・収穫祭が行われ、お祭りに!
・地元JA女性部による豚汁販売
・民家園カフェ出店
・新鮮な地元野菜市 etc

<信達義民について理解を深める>
・信達地方の義民についての資料展示(福島市教育委員会)
・柴田俊彰(福島市市史編纂室)による信達義民についてのミニ講演(午後の回の開演前13時30分より旧廣瀬座にて開催)
スタッフ 【助演】奈良 夏妃
【舞台監督】清野 和也
【制作】鈴木 里実、鈴木 優斗
【音響】清野和也、齋藤 詳子
【照明】増田屋祐介、齋藤勝之、奈良夏妃
【衣装】川島 ゆかり、加藤美野里
【メイク】押切 ミチル、齋藤 詳子
【大道具】那須大洋、萩原功太
【小道具】ヒーター高橋、白根愛美
【広報】鈴木優斗、安達駿希
【庶務】齋藤詳子、白根愛美

[情報提供] 2016/09/08 20:12 by 清野 和也

[最終更新] 2016/09/08 20:27 by 清野 和也

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

増田屋祐介

増田屋祐介(0)

役者・俳優 照明 制作 当日運営

「思わざらまし 六つの花」に携わっているメンバーです。

清野 和也

清野 和也(0)

役者・俳優 脚本 演出

脚本・出演

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大