劇団だるめしあん

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2016/09/15 (木) ~ 2016/09/19 (月) 公演終了

上演時間:

「魔法使いの女の子は、13歳のときにほうきに乗って遠くの街に修行に出ますが、えっちをすると、魔法力はなくなってしまうのです。だから魔女っ子は若い女の子の職業なのです。」 今年30歳になったえるざは、22歳で処女を捨てた、元魔女。 ということになっているけれど、本当はまだ現役魔女で処女。嘘を突き...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/15 (木) ~ 2016/09/19 (月)
劇場 花まる学習会王子小劇場
出演 河南由良(劇団だるめしあん)、加藤ひろたか(柿食う客)、木村佐都美(おちないリンゴ)、阪上善樹、清水大将(演劇ユニットどうかと思う)、藤田直美(扉座)、他
脚本 坂本鈴
演出 村上秀樹(回転ozora)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,300円
【発売日】
前売り 3,000円
当日 3,300円
高校生 1,000円
サイト

http://darumesian.cranky.jp/elza15.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月15日(木) 19:30
9月16日(金) 14:00 19:30
9月17日(土) 14:00 19:00
9月18日(日) 14:00 19:00
9月19日(月) 14:00
説明 「魔法使いの女の子は、13歳のときにほうきに乗って遠くの街に修行に出ますが、えっちをすると、魔法力はなくなってしまうのです。だから魔女っ子は若い女の子の職業なのです。」 今年30歳になったえるざは、22歳で処女を捨てた、元魔女。 ということになっているけれど、本当はまだ現役魔女で処女。嘘を突き通して8年目の冬、えるざは友達の弟に遅咲きの恋におちた。 魔法を使って恋を叶えて処女を捨てるべく奮闘していると、魔法力のレベルがどんどん上がる。 捨てそびれた魔女と処女の重さにぐらぐらしながらトキメキ悶える30歳の魔法使いの処女のお話。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:山田タケシ
制作:寺田勇介
制作補助:飯塚ななこ
企画制作:劇団だるめしあん

[情報提供] 2016/08/19 15:51 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/26 01:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

りんりん

りんりん(0)

脚本

主宰です

このページのQRコードです。

拡大