演劇

坂口修一ひとり芝居

「傘がない」「手がない」

坂口修一ひとり芝居

津あけぼの座(三重県)

他劇場あり:

2016/09/24 (土) ~ 2016/09/25 (日) 公演終了

上演時間:

2007年から2008年の一年間、毎週火曜日に一人芝居を上演し続けた「火曜日のシュウイチ」という公演の月替わり作品として登場したのが今作「傘がない」。
さえない男の愛と友情の物語。
これが評判良く、その後再演を重ね、さらには「傘がない」の劇中で語られていた人物を主人公にした、
同時刻・別...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/24 (土) ~ 2016/09/25 (日)
劇場 津あけぼの座
出演 坂口修一
脚本 角ひろみ
演出 角ひろみ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2016/08/27
一般前売2000円/当日2500円
U-22前売1000円/当日1500円
2作品通し券3000円
サイト

http://tuchi.secret.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月24日(土)18:30傘/20:00手
9月25日(日)13:00傘/14:30手
説明 2007年から2008年の一年間、毎週火曜日に一人芝居を上演し続けた「火曜日のシュウイチ」という公演の月替わり作品として登場したのが今作「傘がない」。
さえない男の愛と友情の物語。
これが評判良く、その後再演を重ね、さらには「傘がない」の劇中で語られていた人物を主人公にした、
同時刻・別の場所の物語「手がない」というスピンオフまでつくられました!

「傘がない」「手がない」両方観たら、それぞれの作品が2倍3倍膨らむこと間違いなし!
片方観たら、どうせもう片方も絶対気になりますから、ぜひお得な2作品通し券でのご購入を強くオススメしておきます!

ぜひこの機会をお見逃しなく!!

「傘がない」
最弱のパシリだった少年は四十路を過ぎて、
寿司屋の主人となり上がった。
貧乏町の6月の夕方。
男は出前先のアパートでスカをつかんでいる──。
外はどしゃぶり。

「手がない」
最強のヤンキーだった少年は四十路を過ぎて、
ならず者となり果てた。
歓楽街の6月の夕方。
男はアジトのモーテルでドツボにはまっている──。
外は血の雨。

その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/08/06 17:50 by ライトアイ

[最終更新] 2016/11/07 18:44 by ライトアイ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

KIE

KIE(20)

制作

広島公演の制作を担当いたします。 去年の「傘がない」...

津あけぼの座・四天王寺スクエア

津あけぼの座・四天王寺スクエア(0)

三重公演の劇場です。是非お越し下さいませ。

ぐっち

ぐっち(0)

2007年6月に初演の作品の再演です。 「手がない」...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大