演劇

地人会新社 第5回公演

テレーズとローラン

実演鑑賞

地人会新社

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2016/09/09 (金) ~ 2016/09/19 (月) 公演終了

休演日:9/12(月)

上演時間:

公式サイト: http://www.geigeki.jp/performance/20160909tw/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
第4回公演『クライムス・オブ・ザ・ハート』で地人会新社の理念のひとつ、「若手の演劇人たちに有形無形の財産をバトンタッチする」という命題を実現し、今回はその第二弾。現在演劇界でめざましい活躍を続ける新進の演劇人・谷賢一さんとタッグを組み、フランス自然主義文学を代表する作家、エミール・ゾラの小説『...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/09 (金) ~ 2016/09/19 (月)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 木場勝己、奥村佳恵、浜田学、銀粉蝶
脚本 谷賢一
演出 谷賢一
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 6,500円
【発売日】2016/07/27
<全席指定>
一般 6500円
25歳以下 3000円
公式/劇場サイト

http://www.geigeki.jp/performance/20160909tw/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/9(金)19:00
9/10(土)14:00
9/11(日)14:00
9/12(月)休演日
9/13(火)19:00
9/14(水)14:00
9/15(木)14:00 / 19:00
9/16(金)14:00
9/17(土)14:00 / 19:00
9/18(日)14:00
9/19(月)14:00
説明 第4回公演『クライムス・オブ・ザ・ハート』で地人会新社の理念のひとつ、「若手の演劇人たちに有形無形の財産をバトンタッチする」という命題を実現し、今回はその第二弾。現在演劇界でめざましい活躍を続ける新進の演劇人・谷賢一さんとタッグを組み、フランス自然主義文学を代表する作家、エミール・ゾラの小説『テレーズ・ラカン』を、新しい形の戯曲へと変身させ、演劇としておくり出します。 肉欲の果ての殺人。その後の後悔と恐怖。互いへの疑惑。すれ違う愛の形…。人間の根幹をなす“欲”と“エゴイズム”を克明に描くことで、究極の人間探求を!


いつも通り、ラカン一家と週に一度のカード遊びをするために、銀細工通りの小さな家を訪れた予審判事・マルタン(木場勝己)は、異様な光景を目の当たりにした。  2人の男女がお互いの腹を刺し合い、死んでいる。近所でも親孝行で評判のおしどり夫婦、テレーズ(奥村佳恵)とローラン(浜田 学)だ。そして溢れる血溜まりの中、椅子に座った1人の婦人が、死体をじっと見つめている。2人の義理の母、ラカン夫人(銀粉蝶)だ。  ラカン夫人は病気のため四肢が動かず、もう長いこと口もきけない。しかし彼女の瞳は大きく見開かれ、何かを告発するような輝きを放っていた──。
その他注意事項
スタッフ 原作:エミール・ゾラ

美術/長田佳代子
照明/松本大介
衣裳/伊藤早苗
音響/加藤 温
演出助手/井上裕朗
舞台監督/福本伸生
製作/渡辺江美

[情報提供] 2016/08/05 15:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/21 09:31 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

朝寝坊 夢乃輔

朝寝坊 夢乃輔(0)

照明

あかりです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大