演劇

千賀ゆう子企画 岸田理生アバンギャルドフェス参加公演

岸田理生の作品集による

欲望のワルツ

デザイン:嶋田育記

0 お気に入りチラシにする

演劇

千賀ゆう子企画 岸田理生アバンギャルドフェス参加公演

欲望のワルツ

岸田理生の作品集による

千賀ゆう子企画

こまばアゴラ劇場(東京都)

2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日) 公演終了

上演時間:

岸田理生は、おんな寺山修司とうたわれた、前衛女流作家。
身毒丸、忘れな草、糸地獄など数々の作品を世に送りだしています。
先年、おしまれつつこの世とお別れした理生さんをしのぶため、理生さんと深い関わりをもった関係者、
また深い文章力に魅せられた新しい劇団などが集まり、このフェスティバルの始...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 羽鳥嘉郎、村松真理子、深谷しおり、大地泰仁、千賀ゆう子、加藤翠、木舘愛乃、木下祐子、清水周介
脚本 原作/岸田理生
演出 構成・演出/千賀ゆう子
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 8,000円
【発売日】2008/05/10
高校生以下 1500円   大学生・専門学生 2500円
一般前売り  3000円   当日  3500円
フェスティバル共通券  8000円
サイト

http://www7a.biglobe.ne.jp/~senga_unit/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 岸田理生は、おんな寺山修司とうたわれた、前衛女流作家。
身毒丸、忘れな草、糸地獄など数々の作品を世に送りだしています。
先年、おしまれつつこの世とお別れした理生さんをしのぶため、理生さんと深い関わりをもった関係者、
また深い文章力に魅せられた新しい劇団などが集まり、このフェスティバルの始まりとなりました。
千賀ゆう子企画としては3回目のフェスティバル。

今回の舞台は、理生さんの作品集より任意に選びとっています。
というのは、金太郎飴のように理生さんの言葉は見事に理生アメなので、
どこをとっても違和感がない文体なのであります。
それらの言葉群を、タームとして再構成して即興性の強い作業仮説として提出します。
あえてストーリーにとらわれない形で提出していきます。
ライブで生まれる感情・イメージをお楽しみください。


「そうね、これね。」「そうよ、これよ。」
理生・ワルツの渦へ、あなたも、いかが?
その他注意事項 28日の講演終了後に、会場内におきまして「水妖記(偲ぶ会)」を行います。
スタッフ 音楽・チェロ    入間川正美
照明        伊藤泰行
舞台監督     大友圭一郎
ビジュアリスト  大地泰仁

[情報提供] 2008/05/14 23:55 by ぼっこ

[最終更新] 2008/06/28 23:30 by ぼっこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ぼっこ

ぼっこ(8)

役者・俳優 制作

それほれ制作が衣裳が小道具が、とやっているうちに 本...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大