『水はけのよい土地』

デザイン:山科有於良

0 お気に入りチラシにする

無隣館若手自主企画vol.13 早坂・福嶋企画

アトリエ春風舎(東京都)

2016/09/09 (金) ~ 2016/09/12 (月) 公演終了

上演時間:

――――「それでも人は物語を描き続ける。」
笑った上で、こっそりでもいい、あなた自身の造りあげた物語を紐解いてほしい。

ふと思い出す幼い頃の記憶は、ときに朧げで断片的である。
けれど、その記憶は身体のどこかに刻まれているかのように確信に近い。

一日のうち何時間も一緒に時間を過ご...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/09 (金) ~ 2016/09/12 (月)
劇場 アトリエ春風舎
出演 小田原直也、北村汐里、永山友里惠、船津健太
脚本 福嶋芙美
演出 早坂彩
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2016/07/23
(日時指定・全席自由席・整理番号付き)

予約・当日共に 2000円
※未就学児童はご入場いただけません。

チケット予約開始日 2016年7月23日(土)
【チケット取り扱い】

青年団 03-3469-9107 (12:00 - 20:00)
http://www.seinendan.org/
サイト

http://hayafuku.tumblr.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/9 (金) 19:30★
9/10(土) 14:00 / 18:00★
9/11(日) 14:00 / 18:00
9/12(月) 14:00
★の回では、ゲストをお迎えしてアフタートークを開催いたします。

◆◆guest◆◆
《9/9 19:30公演》山崎健太氏(演劇研究・批評)
《9/10 18:00公演》松井 周 氏(劇作家・演出家・俳優 /サンプル主宰)
説明 ――――「それでも人は物語を描き続ける。」
笑った上で、こっそりでもいい、あなた自身の造りあげた物語を紐解いてほしい。

ふと思い出す幼い頃の記憶は、ときに朧げで断片的である。
けれど、その記憶は身体のどこかに刻まれているかのように確信に近い。

一日のうち何時間も一緒に時間を過ごしている同僚やクラスメートのこと、実際にどれくらい知っているんだろう。
わたしたちは身近な他人の頭のなかを、想像でしか補えない。

人は日々、自分の信じる物語を捏造して生きている。
否、そうして生き行くしかない。

この物語にでてくる人たちが、彼らなりに紡いだ物語を、嘘だと笑ってもいい。
これは演劇で、フィクションだから。

(演出:早坂 彩)
その他注意事項
スタッフ ドラマトゥルク:朝比奈竜生(青年団)
舞台監督:堀川 炎(青年団)
舞台美術:中村友美
照明:松本 永(eimatsumoto Co.Ltd.)、有岡幸子(株式会社ルポ)
音響:蓮尾美沙希
写真:福島奈津子
宣伝美術:山科有於良
制作:蜂巣もも(青年団)
総合プロデューサー:平田オリザ
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
技術協力:大池容子(アゴラ企画)

[情報提供] 2016/07/30 01:31 by はやさかあや(トレモロ)

[最終更新] 2016/09/15 01:24 by はやさかあや(トレモロ)

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

松本 永

松本 永(2)

照明 その他(空間デザイン)

照明デザインやりました。

tremolo

tremolo(0)

協力しております。

はやさかあや(トレモロ)

はやさかあや(トレモロ)(0)

役者・俳優 脚本 演出 演出助手 ドラマターグ

演出します。記憶と時間に想いを馳せるような、作品にした...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大