演劇

愛知県芸術大学創立50周年記念事業企画

現代ドイツの劇作家が描いた<フクシマ問題>

つく、きえる

0 お気に入りチラシにする

演劇

愛知県芸術大学創立50周年記念事業企画

つく、きえる

現代ドイツの劇作家が描いた<フクシマ問題>

愛知県立芸術大学

長久手市文化の家 森のホール(愛知県)

2016/06/30 (木) ~ 2016/06/30 (木) 公演終了

上演時間:

フクシマ問題以降の日本を描いた戯曲『つく、きえる』は、新国立劇場から委嘱を受けて執筆され、2013年6月に東京で世界初演された。当時はまだ東日本大震災の傷跡が生々しく、あえてコメディタッチで観客の心を開き、寓意に満ちた「さかさま」の世界を描くことで、厳しい現実を内省させようと劇作家シンメルプフ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/30 (木) ~ 2016/06/30 (木)
劇場 長久手市文化の家 森のホール
出演 野老真吾、松原瑠芙菜、江上定子、藤中智光、後藤好子、森下光、加藤真紀子、寂光根隅的父
脚本 ローラント・シンメルプフェニヒ
演出 寂光根隅的父
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2016/05/23
一般前売2,000円/学生前売1,000円
一般当日2,500円/学生当日1,500円
サイト

https://www.aichi-fam-u.ac.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月30日(木)18:00開場/18:30プレトーク※/19:00開演
※プレトーク※
大塚直(翻訳者)×諏訪哲史(芥川賞作家)×寂光根隅的父(演出家)
説明 フクシマ問題以降の日本を描いた戯曲『つく、きえる』は、新国立劇場から委嘱を受けて執筆され、2013年6月に東京で世界初演された。当時はまだ東日本大震災の傷跡が生々しく、あえてコメディタッチで観客の心を開き、寓意に満ちた「さかさま」の世界を描くことで、厳しい現実を内省させようと劇作家シンメルプフェニヒは試みた。
 沿岸の小さな町、港にある小さなホテル。月曜日になると三組の中年カップルが必ず不倫を重ねる。彼らは心の中で葛藤を抱きながらも、日々の誘惑を優先させている。このホテルを経営する若者は頻繁にメールを打ち、湾岸警備のため高台にいる娘と連絡を取り合っている。しかし二人が出会うことはない、まるでミツバチとクジラみたいに。やがて震災が起きて、ホテルは津波に呑まれ海の底に沈んでしまう……。
 作品から照らし出されるのは地震国であり、被爆国でもある日本。利益だけを最優先させ、自分も他人も欺いてきた戦後社会。決定的な出来事を経験しながら、なすすべもなく日常に埋没している人びと――。東日本大震災から5年が経過した今、作曲家の山本裕之が新たに音楽を書き下ろし、演出家の寂光根隅的父がこの衝撃の問題作を長久手で取り上げる。
その他注意事項 プレトークあり 18:30~
出演 : 大塚直(翻訳者)×諏訪哲史(芥川賞作家)×寂光根隅的父(演出家)
スタッフ 翻訳 大塚直(愛知県立芸術大学准教授)
音楽・音響制作 山本裕之(愛知県立芸術大学准教授))、天野知亜紀、藤田将弥(博士課程前期)
演奏:
フルート          細川杏子
ピアノ           冨田三結(PIANEHONN)
音響            後藤成美、野間口健尚、後藤里菜

[情報提供] 2016/05/18 19:47 by imai ayako

[最終更新] 2016/06/21 10:09 by imai ayako

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

真紀子

真紀子(0)

みなさまのお越しをお待ちしています!

愛知芸大芸術講座

愛知芸大芸術講座(0)

事務局です。

ジャコウ

ジャコウ(3)

演出

演出です。シンメルプフェニヒ作品は七ツ寺プロデュース『...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大