オペラ

NISSAY OPERA2016 共同制作公演

ドン・パスクワーレ

0 お気に入りチラシにする

オペラ

NISSAY OPERA2016 共同制作公演

ドン・パスクワーレ

日生劇場

日生劇場(東京都)

2016/07/01 (金) ~ 2016/07/03 (日) 公演終了

上演時間:

オペラ全3幕 字幕付き原語上演

あらすじ

【第1幕】
70歳になるまで独り身を通してきた金持ちのドン・パスクワーレが、主治医のマラテスタが来るのを待ち侘びている。 パスクワーレは、甥のエルネストを良家の娘と結婚させた上で、彼に全財産を継がせようと考えていたのだが、当のエルネストは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/01 (金) ~ 2016/07/03 (日)
劇場 日生劇場
出演
作曲
演出 フランチェスコ・ベッロット
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 12,800円
【発売日】2016/03/18
S席:12,800円
A席: 9,800円
B席: 6,800円
C席: 4,800円
D席: 3,000円
サイト

http://www.nissaytheatre.or.jp/schedule/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%80%8C%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%80%8D/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月1日(金) 18:30開演
7月2日(土) 14:00開演
7月3日(日) 14:00開演
説明 オペラ全3幕 字幕付き原語上演

あらすじ

【第1幕】
70歳になるまで独り身を通してきた金持ちのドン・パスクワーレが、主治医のマラテスタが来るのを待ち侘びている。 パスクワーレは、甥のエルネストを良家の娘と結婚させた上で、彼に全財産を継がせようと考えていたのだが、当のエルネストは、若く美しい未亡人のノリーナに夢中で、伯父の進める縁談には見向きもしない。 業を煮やしたパスクワーレは「ならば自分が結婚をして直系の跡取りを作り、その子に財産をすべて継がせる」と、マラテスタに花嫁探しを依頼したのである。
マラテスタが登場。彼はパスクワーレの主治医であると同時に、エルネストの親友でもある。マラテスタは、親友の恋を後押ししようと一計を案ずる。 その案とは、まずノリーナが、修道院にいるおとなしい彼の妹、ソフローニアになりすまして、パスクワーレの偽の花嫁になる。 婚姻届にサインをしたとたんに彼女がわがまま放題な女に豹変して、パスクワーレを辟易とさせ、「こんな暮らしを続けるぐらいなら、いっそエルネストとノリーナが結婚してくれた方が百倍マシだ」と思わせて、 パスクワーレに若い二人の結婚を認めさせようというもの。マラテスタは、言葉巧みに「天使のように美しい妹が、あなたの花嫁にぴったりだ」と勧め、パスクワーレはすぐにその気になる。 パスクワーレは、エルネストを呼んで「わしが結婚する。お前に財産は継がせない。出て行け!」と宣言する。伯父の結婚話に力を貸しているのが、親友のマラテスタと聞いて、エルネストは二重のショックを受ける。
ところ変わって、ノリーナの家では、彼女が中世の騎士の恋物語を読んでいる。途中でその本を放り出した彼女は「私の方がよほど恋の手管に長けているわ。私は冗談も大好き。怒りを笑いに変える才能もあるわ」 と自信たっぷりに語る。マラテスタがやって来て、今回の計画を彼女に説明する。ノリーナは「任せておいて!」と胸を張る。

【第2幕】
今回の出来事が、マラテスタが自分のために立てた作戦であることなど露知らぬエルネストが、我が身に突然降りかかった不幸を嘆いている。
パスクワーレのところに、妹のソフローニア(扮装したノリーナ)を連れたマラテスタが現れる。ソフローニアの清楚で慎み深い様子に、パスクワーレは舞い上がり「すぐに結婚する」と言う。 そこで偽の公証人(マラテスタのいとこ)によって結婚の手続きが行われる。そこにエルネストが、伯父に別れを告げにやってきて、伯父と結婚しようとしているのが、愛するノリーナであることに驚く。 すかさずマラテスタが彼に「これは芝居だ」と耳打ちして、エルネストはすぐに状況を飲み込む。
パスクワーレが婚姻のサインをした途端、ソフローニアは豹変してあれやこれやと注文を付け始める。思わぬ事の成り行きにパスクワーレは唖然とするばかり。その様子にあとの三人は「してやったり!」と大喜びする。

【第3幕】
部屋中のどこもかしこも新妻の洋服や帽子、アクセサリー、靴などが散乱している。請求書の山を前に、パスクワーレは頭を抱えている。 結婚式当日の夜から劇場見物に行くという妻をパスクワーレは諌めるが、「爺さんはさっさとお休みになったらいかが?」と言われる始末である。 出掛けるソフローニアが落とした手紙を拾って読めば、そこには「今夜9時から10時の間に庭でお待ちしております。あなたを愛する者より」と書かれている。 パスクワーレはこの結婚をすでに後悔しはじめ、マラテスタに「こんなことならノリーナとエルネストを結婚させておけばよかった」と愚痴る。 マラテスタは笑いをこらえながら「ならば、私たちでその密会現場を押さえて、妹をこの家から追い出しましょう」と提案する。
庭ではエルネストが、ノリーナを想ってセレナードを歌っている。そこにソフローニア(=ノリーナ)が現れ、二人は愛を語り合う。パスクワーレとマラテスタが近づいてくる気配に、エルネストは慌てて身を隠す。 パスクワーレがどんなに怒り狂っても、ソフローニアは「なんのお話かしら?」ととぼけるばかりで埒があかない。 そこでマラテスタが、妹の説得に乗り出すふりで「明日、エルネストの花嫁としてノリーナがやってくることになった」と言うので、彼女は「他の女と同居するなんてまっぴらだわ」と家から出て行くことを了承する。 ここでもう一押しと、マラテスタは、パスクワーレに向かって「妹を確実にこの家から追い出すためには、今すぐエルネストとノリーナを結婚させたほうがいい」と助言する。 パスクワーレはそれを了承し、エルネストに向かって「ノリーナをいますぐここに呼んできなさい」と命ずる。これで計画は見事に成就だ。そこで、マラテスタがパスクワーレに種明かしをする。 「ノリーナはここにいます。彼女がノリーナです」とソフローニアのことを改めて紹介する。パスクワーレは、自分が彼らに嵌められたことをすぐに悟り、寛大な心で彼らを赦して、若い二人の結婚を祝福する。
(河野典子)
その他注意事項 ※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
スタッフ 総監督:折江 忠道
指揮:菊池 彦典
演出:フランチェスコ・ベッロット

合唱:藤原歌劇団合唱部/びわ湖ホール声楽アンサンブル
管弦楽:東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団

【主催】公益財団法人ニッセイ文化振興財団/公益財団法人日本オペラ振興会
公益財団法人びわ湖ホール/公益財団法人日本センチュリー交響楽団

[情報提供] 2016/05/11 16:36 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/05/11 16:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大