義経千本桜—渡海屋・大物浦—

0 お気に入りチラシにする

木ノ下歌舞伎

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

他劇場あり:

2016/06/02 (木) ~ 2016/06/12 (日) 公演終了

休演日:6月7日(火)

上演時間:

源平合戦後、実は平家は滅んでいなかったという設定のもと、生き延びた平家武将とその周辺、そして“英雄”源 義経の都落ちを描いた、歌舞伎三大名作のひとつ「義経千本桜」。2012年、木ノ下歌舞伎はこの大作の通し上演に取り組みました。
今年、その第一幕目に当たる「渡海屋・大物浦の場」が、新たなメン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/02 (木) ~ 2016/06/12 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 大石将弘、大川潤子、榊原毅、佐藤誠、佐山和泉、武谷公雄、立蔵葉子、夏目慎也、山本雅幸
脚本 竹田出雲、三好松洛、並木千柳
演出 多田淳之介(東京デスロック)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】
<整理番号付自由席>
前売:
一般 ¥3,800
学生(但し、25歳以下)¥2,800
高校生¥1,000

当日:¥4,000
サイト

http://kinoshita-kabuki.org/senbonzakura/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月2日[木] 19:00◎
6月3日[金] 19:00◎
6月4日[土] 13:00/18:00
6月5日[日] 14:00
6月6日[月] 19:00●
6月7日[火] 休演
6月8日[水] 19:00
6月9日[木] 19:00
6月10日[金] 19:00
6月11日[土] 13:00/18:00☆
6月12日[日] 14:00
※◎の回は終演後、木ノ下×多田によるトークあり(30分程度)
※●の回は終演後、ゲストトークあり(30分程度)
※☆の回は終演後、木ノ下によるアフター講義あり (60分程度)
説明 源平合戦後、実は平家は滅んでいなかったという設定のもと、生き延びた平家武将とその周辺、そして“英雄”源 義経の都落ちを描いた、歌舞伎三大名作のひとつ「義経千本桜」。2012年、木ノ下歌舞伎はこの大作の通し上演に取り組みました。
今年、その第一幕目に当たる「渡海屋・大物浦の場」が、新たなメンバーとともに生まれ変わります。初演につづき演出は、劇団・東京デスロックの多田淳之介氏。作品ジャンルや活動場所を問わず、社会や歴史を見つめながら常に〈現代〉に挑む作品を発表し、近年その評価をさらに高めています。
壇ノ浦の戦いで死んだはずの平知盛が、船宿の主人となって義経に復讐を企てる―。
初演から4年、歴史のなかに消えた人々の声は、多田氏の手によって今この国でどう響くのか。
時代を暴く『義経千本桜―渡海屋・大物浦―』が誕生します。


『義経千本桜—渡海屋・大物浦—』とは?
人形浄瑠璃として上演され、翌年すぐに歌舞伎でも上演された『義経千本桜』。「渡海屋の場・大物浦の場」は全体の二段目にあたり、逃亡生活を送る源義経一行と平知盛が意外な形で対面を果たし、再び刃を交えた末に、知盛が壮絶な最期を遂げるまでを描いた大作です。


あらすじ
義経とその家来たちは都から落ちて九州へ逃れるため大物浦にある船宿渡海屋に身を寄せる。ところがその渡海屋の主人銀平は、壇ノ浦の戦いで死んだはずの平知盛だった。また、その娘お安は安徳帝、女房お柳(おりゅう)は乳母の典侍局(すけのつぼね)が扮装した姿。知盛は悪天候の中、義経一行を出航させると、幽霊の姿に扮して義経へ復讐を仕掛ける。一方、安徳帝を守りながら知盛を待つ典侍局は、味方の軍勢が義経側の逆襲に合うと知ると帝と共に入水しようとするが、義経主従によって止められる。その間、安徳帝の身を案じて血潮に染まりながら大物浦へ戻ってくる知盛のところへ、義経が安徳帝と典侍局を伴って現れる。「今またわれを助けしは義経が情け、仇に思うな」という帝自身の言葉と、帝の身を守るという義経の言葉を聞き、安心した典侍局は自害。知盛は瀕死の体に碇綱を巻きつけて海中へと身を投じる。
その他注意事項 ※未就学児童はご入場頂けません
スタッフ 監修・補綴:木ノ下裕一

舞台監督:大鹿展明、鈴木康郎、熊木進
美術:カミイケタクヤ
照明:岩城保
音響:小早川保隆
衣裳:正金彩
補綴助手:稲垣貴俊
演出助手:岩澤哲野
文芸:関亜弓

宣伝美術:外山央
制作:本郷麻衣、加藤仲葉、堀朝美、三栖千陽

協力:急な坂スタジオ、krei inc.、青年団、東京デスロック、ナイロン100℃、中野笑店、プリッシマ、ままごと、(有)レトル、渡辺源四郎商店
助成:公益財団法人セゾン文化財団
企画・製作:木ノ下歌舞伎

名古屋公演
主催:木ノ下歌舞伎・愛知県芸術劇場
助成:芸術文化振興基金

東京公演
主催:木ノ下歌舞伎
提携:東京芸術劇場[公益財団法人東京都歴史文化財団]
助成:芸術文化振興基金

豊川公演
主催:豊川市、豊川市文化のまちづくり委員会
共催:愛知県芸術劇場
協力:とよかわ舞台公演実行委員会

[情報提供] 2016/05/09 19:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/06/24 06:36 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大