櫻の園2 公演情報 櫻の園2」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-6件 / 6件中
  • 満足度★★★★★

    はじける。
    映画「櫻の園」の記憶を辿りながら劇場へ。
    創立記念日に繋がる1年のあゆみである前半と、
    後半は映画と交錯する上演に向け動き出す2時間のカウントダウン。
    物語は面白く出来上がっていたものの、
    時間が足りないのか描き方が少々雑になった感じ。
    演劇部の1年、
    もしくはあの日のサイドストーリーを深くした方が良かったかもしれない。
    しかし、舞台そのものは魅力的な女優陣が揃い、
    荒削りな部分もあるものの、
    楽しく弾けた高校生の魅力を描きだしていて面白かった。
    それそれの劇団での舞台にも期待。



    ネタバレBOX

    役者の数が多く前半で登場人物のキャラ付けができる部分で、
    感情移入できるほどの動機付けが薄かった。
    引退した3年生や、新入生はその役どころで判り易いものの、
    大事な2年生たちが判りにくく残念だった。
    また、当日パンフも出来れば顔と名前が一致できるものが嬉しかった。

    初見、映画を観ていない人にも判り易いと、
    もっと良かったかも。
  • 満足度★★

    イマイチ感
    前半のプレゼンシーンは冗長すぎ。客も辛い。
    ここは、整理して後半につながるエピソードを入れる方が良くなると思う。
    後半になって、やっと物語らしくなる。後半の演出、雰囲気等は悪くない。
    やはり、前半が意味をなしてない。
    出演されていた若手女優さんたち、技術的にはまだまだだが好演。
    今後に期待、ガンバレ。

  • 満足度★★★★

    芝居の持つ匂い
    90年代小劇場好きにはなんか楽しい前半。
    そして原作のお話に入る後半。

    前半は素で楽しめました。
    後半の最初の方は前半とのつながりを意識したせいか、
    お話がスッと頭に入らずでしたが、
    だんだん芝居の持つ匂いが昔の記憶を呼び覚まし、
    原作の匂いを呼び覚ましてくれました。

  • 満足度★★★★★

    みてきた
    最高でした。若い娘の危うさ、妖しさ、烈しさ、清々しさが出ていたと思いました。

  • 良くない。
    まず先生含め、女の子たちのエネルギーの低さが際立つ。
    映画風にしたかったのだろうが、台詞が入ってこない。
    安定してたのは唯一お祖母さんだけだった。
    前半、いつになったらこのプレゼンが終わるのか?と飽き飽きした。
    帰ろうかと思った。
    と思ったら朝日~の長台詞をやって1幕終わって休憩。中身がない。
    後半はやっとドラマが動き始めたと思ったが、前半を受け継いでない。渾身の朝日~の長台詞は一体何だったんだろう?

    役者の努力が空中分解しそうなお芝居だった。役者がかわいそう。

    全体的に、テンション低くて暗すぎる。
    チェーホフの桜の園もあまり理解できていないと思ったし、この芝居自体を皆が飲み込めていないのだろうなと思った。

  • 無題1825(16-115)
    19:00の回(晴)。

    18:00受付、予約完了メールに「当日精算のお客様の整理番号は当日受付順」とありましたが整理券はなく、階段に並ぶようになっていました(もちろん外に出ていてもOK)、当日券の方には整理券があったようです。

    18:30開場、靴を脱いで座席へ、桟敷席がありました。舞台は普通の床面なので最前列でも支障はありません。初日、満席で後方には見切れ席があったようです。

    19:03開演~20:01、休憩。20:10~21:05終演。また久しぶりにあいませんでした。

    1990年の映画「櫻の園」は観たことがあり、 「映画写真集」も持っていますが、内容はだいぶ忘れてしまいました。その代りなのでしょうか、作品の(かなり曖昧ですが)印象だけが強く残っています。それが原因なのでしょう、始まってすぐ「コレハチガウナ」と思い、特に前半は全然ダメでした。「2」となければそれなりに観方もあったかと思いますが...

    休憩時間に帰ろうかと逡巡、あと1時間、と思いとどまりました。

    ネタバレBOX

    役者さんたちはとても一生懸命でよい印象なのですが、脚本(すごく薄くないですか?)と演出(キャラクターがみな同じ--基本、絶叫型--にみえました)が「??」でした。

    特に前半は役者さんのお披露目シーンだけで、後半もほとんど新味のない展開。

    もしかして映画のストーリーもこうだったのかと思いながら観ていましたが、もしそうなら、なおさら演出があわなかったのだと思います。

このページのQRコードです。

拡大