演劇

genre:Gray

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ(埼玉県)

2016/01/29 (金) ~ 2016/01/30 (土) 公演終了

上演時間:

人形遣いの手によって、命を宿したモノたちが魅せる「自然と人とのモノ語り」。
昨年、ロシアの人形演劇祭で異例の2作品同時にグランプリを受賞するなど、海外でも高い評価を受ける「genre:Gray」が、キラリふじみに初登場します。

春の訪れを告げる水仙の花が咲き出す頃、人をあざ笑うかのよう...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/29 (金) ~ 2016/01/30 (土)
劇場 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ
出演 北井あけみ、塚田次実、長井望美、小玉陽子(DanceMedium)、丹羽洋子、黒谷都
脚本 黒谷都
演出 黒谷都
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,000円
【発売日】2015/09/04
<整理番号付自由席>
一般3,000円
大学生2,000円 
高校生以下1,000円
サイト

http://genregray.wix.com/suisendukinoyokka

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月29日(金)19:00開演
1月30日(土)15:00開演
説明 人形遣いの手によって、命を宿したモノたちが魅せる「自然と人とのモノ語り」。
昨年、ロシアの人形演劇祭で異例の2作品同時にグランプリを受賞するなど、海外でも高い評価を受ける「genre:Gray」が、キラリふじみに初登場します。

春の訪れを告げる水仙の花が咲き出す頃、人をあざ笑うかのように起こる猛吹雪。そんな水仙月の四日に、二匹の雪狼(ルビ:ゆきおいの)を引き連れた雪童子(ルビ:ゆきわらす)が、雪原で赤い毛布をかぶった人間のこどもと出会う。
人間には見えない雪童子は、家路へ急ぐこどもに「やどり木の枝」を投げてからかっていた。そこに猫のような耳をもち、ぼやぼやした灰色の髪をした雪婆んご(ルビ:ゆきばんご)が激しい吹雪を吹かせにやって来て・・・。

宮沢賢治の童話『水仙月の四日』を元に、人形やモノ、パフォーマーの身体や衣装を遣い「自然と人との営み」を描く、大人から子供まで幅広く楽しめる作品です。
美しくも儚げな、魅力溢れる「モノ語り」にぜひご注目ください。
その他注意事項 ※未就学児童の入場はご遠慮ください。


【関連企画】ワークショップ
「モノ語り」とはモノが語りだすこと。
たとえば1枚のタオルが人形になって歩きだす!?
日常の見慣れたモノや、いつもの自分の身体をつかって「モノ語り」をつくってみましょう!
講師 黒谷都(人形遣い・演出) 北井あけみ(人形遣い) 塚田次実(モノ遣い)
日時 2016年1月31日(日)14:00~17:00
会場 マルチホール 料金 500円(当日支払い)
対象 小学3年生以上(「モノ語り」に興味ある方どなたでも)
定員 10名(申込順)
申込方法 直接来館または電話、オンライン申込にて
スタッフ 原作:宮沢賢治(水仙月の四日・ガドルフの百合)

舞台美術:松沢香代 機巧:渡辺数憲
人形:赤いケットの子ども=渡辺数憲/雪狼=北井あけみ
照明:しもだめぐみ 音響:青木タクヘイ
舞台監督:小川信濃(カフンタ) 助手:南波瑞樹
版画:小倉良博

主催 公益財団法人キラリ財団
平成27年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

[情報提供] 2016/02/19 17:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/02/19 17:49 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大