演劇

第11回公演

永遠の花

デザイン:高橋りえ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第11回公演

永遠の花

演劇企画ミルク寺

シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都)

2008/07/04 (金) ~ 2008/07/06 (日) 公演終了

上演時間:

昭和二十四年、七月。

岡山県W郡の山間の集落で
住民が一夜にして消失するという事件が起こる。
ひまわり畑に囲まれた美しい村で、一体何があったのか。

物語は事件発生の七日前、七夕の日にさかのぼる。
永遠の花の蜜を吸い不死となった少女、
怪物の子を宿した女の家族、戻らぬ人を想い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/07/04 (金) ~ 2008/07/06 (日)
劇場 シアターバビロンの流れのほとりにて
出演 柿沢ミヲ、ウヌマよなか、植木希実子(BobjackTheater)、堀米正則、小林祐真、涌田悠、松下岳志(ケシュハモニウム)、川嶋はづき、吉原京子、吉田海輝(サンチャゴ)
脚本 柳井祥緒
演出 柳井祥緒
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,800円
【発売日】2008/06/06
前売2500円、当日2800円(日時指定・全席自由)
リピーター割引1500円(半券持参)
高校生割引 1500円 (要予約・証明書持参)
サイト

http://milkdera.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和二十四年、七月。

岡山県W郡の山間の集落で
住民が一夜にして消失するという事件が起こる。
ひまわり畑に囲まれた美しい村で、一体何があったのか。

物語は事件発生の七日前、七夕の日にさかのぼる。
永遠の花の蜜を吸い不死となった少女、
怪物の子を宿した女の家族、戻らぬ人を想い続ける村人たち。

数多の謎に彩られた怪異に、
癒えない傷を抱えた人々がからめとられる。

コンテンポラリーダンスと岡山言葉を駆使してつづる幻想詩。
その他注意事項 ※本公演に出演予定でした杉村こずえは、
加療のため休演させていただくことになりました。
あしからずご了承ください。
スタッフ 作・演出:柳井祥緒
振付:柿沢ミヲ
舞台監督:土居歩
照明 柳本友紀
音響:高橋秀雄(Sound Cube)
造形:宇佐見友里
宣伝美術:高橋りえ
撮影:井戸隆明
モデル:柿沢ミヲ ウヌマよなか
衣装:山下綾
演出助手:藤原薫
制作:くりはられな 藤村恭子
企画・製作:演劇企画ミルク寺

[情報提供] 2008/04/17 01:32 by ふじむら

[最終更新] 2008/11/09 19:53 by ふじむら

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー11

mio

mio(0)

ダンサーです

こばやし

こばやし(1)

役者・俳優

カイキ

カイキ(0)

役者として出演します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大