演劇

一.「糸桜」-黙阿弥家の人々- 二.新年踊り初め 劇中にて新春ご挨拶申し上げます

初春新派公演

0 お気に入りチラシにする

演劇

初春新派公演

一.「糸桜」-黙阿弥家の人々- 二.新年踊り初め 劇中にて新春ご挨拶申し上げます

三越劇場

三越劇場(東京都)

2016/01/02 (土) ~ 2016/01/25 (月) 公演終了

上演時間:

\こいつぁ春から、縁起がいいわえ!/
華やかで、心に沁み入る新派の世界

日本人のこころ、情緒、風情、そして日本語のもつ優しさ、美しさを大切にした舞台をお贈りする新派は、
明治、大正、昭和の古き良き日本の美しさを現代に伝え続けています。
恒例の初春新派公演は、波乃久里子をはじめとする...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/01/02 (土) ~ 2016/01/25 (月)
劇場 三越劇場
出演 波乃久里子、大和悠河、市川月乃助、他
脚本 齋藤雅文
演出 齋藤雅文
料金(1枚あたり) 9,000円 ~ 9,000円
【発売日】
<全席指定>
9,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/others/schedule/2016/1/post_245.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ※2日(土)、3日(日)は13:00公演のみ

1月2日(土) ※13:00 -
1月3日(日) ※13:00 -
1月4日(月) 11:00 15:00
1月5日(火) 11:00 -
1月6日(水) 11:00 15:00
1月7日(木) 11:00 15:00
1月8日(金) 11:00 -
1月9日(土) 11:00 15:00
1月10日(日) 11:00 15:00
1月11日(月・祝) 11:00 -
1月12日(火) 11:00 15:00
1月13日(水) 11:00 15:00
1月14日(木) 11:00 -
1月15日(金) 11:00 15:00
1月16日(土) 11:00 15:00
1月17日(日) 11:00 -
1月18日(月) 11:00 15:00
1月19日(火) 11:00 15:00
1月20日(水) 11:00 -
1月21日(木) 11:00 15:00
1月22日(金) 11:00 -
1月23日(土) 11:00 15:00
1月24日(日) 11:00 15:00
1月25日(月) 11:00 -
説明 \こいつぁ春から、縁起がいいわえ!/
華やかで、心に沁み入る新派の世界

日本人のこころ、情緒、風情、そして日本語のもつ優しさ、美しさを大切にした舞台をお贈りする新派は、
明治、大正、昭和の古き良き日本の美しさを現代に伝え続けています。
恒例の初春新派公演は、波乃久里子をはじめとする劇団新派に、市川月乃助を迎え、元宝塚歌劇団トップスターの大和悠河が新派初登場。
128年の歴史を紡ぐ新派待望の新作で、平成28年の幕開けを飾ります!!

悠久の時の流れに咲き誇る“糸桜”のように―
河竹黙阿弥生誕二百年を記念した新作『糸桜』
文明開化で様変わりする世の中、そして関東大震災による大打撃を乗り越え、明治から大正へと移りゆく激動の時代を強く逞しく生きた人々。
稀代の歌舞伎作者・河竹黙阿弥の娘糸女を中心として織りなす絆の物語が、黙阿弥生誕二百年を記念し幕を開けます。
悠久の時の流れに咲き誇る“糸桜”(シダレザクラ)のようにつながる人と人、そして親子の絆…
「私には守らなければならないものがあります。私には残さなければならないものがあります。私の一生すべてをかけても…」

河竹黙阿弥生誕二百年記念
一、糸 桜  二幕
―黙阿弥家の人々―

◎黙阿弥の娘―糸女(波乃久里子)
幼い頃より文才に秀れ、商人となった兄に代わって女手ひとつで「作者の家」を継ぐ。
一中節でも名人級の腕を奮ったが、黙阿弥没後はそのすべてを一門の統率と版権擁護に捧げ、生涯独身を貫く。
怖いものは注射と雷だけ。自らを厳しく律しながら、養子を迎え入れて父黙阿弥の作品を守り続ける女丈夫。

◎糸女の養子―河竹繁俊(市川月乃助)
信州から上京し、新劇の文芸協会に身を置いていたが、その実直さから白羽の矢が立 ち「作者の家」に養子として迎え入れられる。
献身的に養母糸女に仕える。

◎繁俊妻―みつ(大和悠河)
河竹家と親しい間柄の日本橋で商家を営む大店の娘。
溌溂とした性格が糸女に認め られ、「作者の家」に嫁ぐ。
古いしきたりに戸惑いながらも、夫繁俊の支えとなる。


初春新派ならではの華やかな『新年踊り初め』
平成二十八年の幕開けを寿ぎ、心新たに新年のご挨拶を申し上げます!

二、新年踊り初め  一幕
劇中にて新春ご挨拶申し上げます
その他注意事項
スタッフ 一.「糸桜」-黙阿弥家の人々-
【原作】河竹登志夫「作者の家」より
【脚本・演出】齋藤雅文

二.新年踊り初め 劇中にて新春ご挨拶申し上げます
【構成・振付】尾上墨雪

[情報提供] 2015/12/15 14:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2015/12/15 14:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大