演劇

劇団献身第8回本公演

最悪な大人

デザイン:the car

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団献身第8回本公演

最悪な大人

劇団献身

OFF OFFシアター(東京都)

2016/06/03 (金) ~ 2016/06/12 (日) 公演終了

休演日:6月6日(月)

上演時間:

本当の自分ってなんだよ。
本当の自分出せってどういうことなんだよ。

ゴミ溜めみたいなその部屋で、僕らは誰かに作られた僕らのまま、朝まで盛り上がった。

結局自分ってのは玉ねぎみたいなもので剥いても剥いても中身なんてのは一向になんて言い回しも使い古されててうぜえええええ!!!

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/03 (金) ~ 2016/06/12 (日)
劇場 OFF OFFシアター
出演 東直輝(やくぶつ)、加瀬澤拓未(ロリータ男爵)、木村圭介、古賀友樹、高木健、永井久喜(ヒヨコの神様)、はるはる(ガールプレイヤー)、二見香帆(ブルドッキングヘッドロック)、奥村徹也
脚本 奥村徹也
演出 奥村徹也
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2016/04/17
日時指定・全席自由席・当日受付順に整理番号発行

前売り 2500円
ペア割 4400円(2名様分の料金です。・要予約)

当日券 2800円
サイト

http://gekidankenshin.wix.com/kenshin3

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月3日(金)19:00☆
6月4日(土)14:00☆/19:00★
6月5日(日)14:00☆/19:00★
6月6日(月)休演日
6月7日(火)19:00★
6月8日(水)19:00
6月9日(木)19:00
6月10日(金)19:00
6月11日(土)14:00/19:00
6月12日(日)14:00

全12ステージを予定

≪アフターイベント情報!!≫
☆:アフターコント開催

★:アフタートーク開催
   4日(土)19:00 奥山雄太(ろりえ)
   5日(日)19:00 福原充則(ピチチ5)
   7日(火)19:00 松居大悟(ゴジゲン)
説明 本当の自分ってなんだよ。
本当の自分出せってどういうことなんだよ。

ゴミ溜めみたいなその部屋で、僕らは誰かに作られた僕らのまま、朝まで盛り上がった。

結局自分ってのは玉ねぎみたいなもので剥いても剥いても中身なんてのは一向になんて言い回しも使い古されててうぜえええええ!!!

劇団献身、半年ぶりの本公演は、劇団至上最高のバカさ加減でお送りする自己喪失ナンセンスコメディ!!


袋小路に追いやられた僕らのオリジナリティは

おっさんを狩ることで手打ちとなるのだった。



【御挨拶】
半年振りの本公演です。
この半年、色々と見つめ直しました。
イスの高さ、カーテンの色、そしてベッドの位置。
そして思ったことは

「自分が今一番面白いと思うことをやりたい」

というころです。家具とは関係なく唐突に思いました。

ノンフィクションです。
僕がサラリーマン時代に実際に体験した話をします。
もちろん演劇ですから、それとは関係ない作り話を少し混ぜ瀬、最終的にノンフィクションとフィクションを概ね2:8の割合で作れたらなと思っています。ほぼフィクションになる予定です。

ナンセンスコメディ集団「劇団献身」OFF・OFFシアターにてロングラン。

今年は本公演、この1本だけになりそうなので、自分が今一番やりたいこと、やりたいギャグを詰め込みます。

家具は家にありますが、僕たち人間は劇場でお待ちしてます。


劇団献身 奥村徹也


【推薦コメント頂きました!!】

なんでこんなクソしょうもない奴のためにみんな頑張ってて、こんなクソくだらない何かを見るために時間とお金を使うんだろう。けど、その全て含めて献身なんだと思った。
お前が献身しろや奥村。今度エロ本返すね。   

松居大悟(ゴジゲン主宰)



初めて献身の公演を見た日は忘れません。劇場から高田馬場までの長い道のりをほとんどうなだれて帰りました。僕の100M先を松居が同じようにうなだれて歩いていました。実際、彼がどう感じていたのかはわかりません。ただ、今の僕が言えることは、貸したエロ本を返されても困る、ということだけです。   

目次立樹(ゴジゲン俳優)


【劇団献身とは】
 早稲田大学演劇倶楽部出身の奥村徹也が、卒業後、1年間のサラリーマン生活を経て旗揚げした劇団。
 2015年は2月の東中野RAFTロングランを皮切りに2本の番外公演含め7本の新作を上演。
 「ノンストップナンセンスコメディ」をテーマに掲げ、ハイスピードかつ複数の時間軸で構成された世界で縦横無尽にふざけ倒すことで、100年規模の壮大な物語を立ち上げ、客席に意味不明な笑いを巻き起こす。

その他注意事項
スタッフ 舞台監督:吉倉優喜 新居真夏
舞台美術:小林裕介
照明:山内祐太 
音響:角田里枝(Paddy Field)
音響操作:津田優巳(創像工房in front of.) 堀野友花(創像工房in front of.)
衣裳:篠原希帆
演出助手:高木陽介
チラシデザイン:the car
制作補佐:崎田幸紀
制作:安達咲里 緒方豊

[情報提供] 2015/12/14 20:57 by 緒方

[最終更新] 2016/06/10 12:22 by 安達咲里

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー5

かほ

かほ(0)

役者・俳優

「最悪な大人」に携わっているメンバーです。

永井久喜

永井久喜(0)

役者・俳優 演奏(三味線)

宜しくお願いいたします。

おくむらてつや

おくむらてつや(0)

主宰です。面白いので、ぜひ劇場に来てください。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大